2019年6月 8日 (土)

釜屋堀工場(日本石油精製→小倉石油)

以前、石油元売の変遷図を作ったときに、いくつかわからない箇所があって、これもそのひとつ。

20190608_071854

小倉石油店は、のち小倉石油(株)になり、1941年に日本石油(株)に合併されます。日石の社史で、「1895(明治28)年に、日本石油精製の釜屋堀工場を買収。」とあり、それに基づいて上図のようにしました。

四角の中には会社名を入れたいのですが、当時「日本石油精製」(1951年に設立された会社とは別)についてはさっぱりわからず、釜屋堀工場についても、場所すらわからなかったような気がします。やむなく上図のように、四角の中には工場名を、会社名は括弧書きにせざるを得ませんでした。

先日参加したフィールドワーク「関東震災時 朝鮮人虐殺地を歩く」で、本筋とは関係ないですが江東区大島の当時の様子を紹介するものとして、「小倉石油株式会社東京製油所」の写真が紹介され、変遷図のことを思い出しました。

Dsc_0056_50pc

このあたりの昔の地図を見ると、確かにあります。猿江恩賜公園の川を挟んで東側。

Img_0173_50pc Img_0171_50pc Img_0175_50pc

そこで、不意に思いあたって、以前から手許にある「川の地図辞典 江戸・東京/23区編」をみると、ありました、「釜屋堀」が。なんで当時この本にあたらなかったのか…同書によれば、横十間川の別名として「竪川から小名木川の間を釜屋堀ともいう」とあります。フィールドワークで紹介された写真は、間違いなく「釜屋堀工場」です。

さらに、国立国会図書館のデジタルライブラリで検索すると・・・あっさり見つかりました。

▼村上太三郎伝(1939)

ダウンロード - e69d91e4b88ae5a4aae4b889e9838ee4bc9d_pp28028228e697a5e69cace79fb3e6b2b9e7b2bee8a3bd29.pdf

▼日本石油史(1914)

ダウンロード - e697a5e69cace79fb3e6b2b9e58fb2_pp626428e794b0e4bba3e8998ee4ba8ce9838e29.pdf

▼明治工業史・鉱業編(1931)

ダウンロード - e6988ee6b2bbe5b7a5e6a5ade58fb2e383bbe989b1e6a5ade7b7a8_pp934935.pdf

よれば、日本石油精製(株)は、1896(明治29)年10月に設立、釜屋堀の田代虎二郎の製油所跡地(以前は火止油、灯台油を製造)に石油精製所をもうけたもの。日本石油精製の設立には小倉常吉らが関わっているが、釜屋堀工場は後に小倉の個人経営に移行し、会社は新潟に生産の本拠居を移したものの、経営不振で解散、とあります。

変遷図を作った頃にはデジタル化されてなかったのかなー?

ともかくも、変遷図は下記のように修正しました。

20190608_080151

変遷図の全体は、こちらにアップしています。

http://egotadp.biz/sekiyuMotouri/index.htm

2019年6月 5日 (水)

【ぷち暗渠】谷端川の支流

  病院で出された薬ができるのを待つ間に、谷端川の支流跡をたどりました。

参考にした地図はこちら。「東京時層地図」の「昭和戦前期」のもの。

Map_1

A地点。左右の道路は目白通り。道路の南側から北方を。

Dsc_0106_50pc

A地点から北方。通りが筋交いになっていますが、道幅=川幅ではないでしょう。

Dsc_0107_50pc

流れを想像するのは、ちょっと難しいです。

Dsc_0112_50pc

さらに進むと路地に。たぶん暗渠になる直前の川幅はこんなものでしょう。

Dsc_0115_50pc

突き当たりは区の施設で、通り抜けることはできません。迂回します。

Dsc_0116_50pc

迂回しました。上の写真の反対側で南方を。

Dsc_0119_50pc 

同じ位置で北方を。まもなくゴールです。

Dsc_0120_50pc

B地点で東方を。谷端川の下流方向。

Dsc_0122_50pc

同じ地点で西方、上流方向を。奥に見えるのは山手通りの陸橋。

Dsc_0124_50pc

B地点で南方を。右手の施設は、以前は豊島区立真和中学校でしたが・・・

Dsc_0126_50pc

現在は別の用途に。

Dsc_0123_50pc

Dsc_0127_50pc

旧・道和中と旧・真和中がに統合され、2005年4月に西池袋中が旧・真和中(上の写真)で開校。旧・道和中の改修工事が完了し、翌2006年4月に西池袋中が移転。つまり上の写真の西池袋中学は1年限りだった、ということ。

谷端川の本流も、B地点付近では面影はありませんが、道路の形は川の流れのままで、もう少し北方(下流方向)に進むと公園として整備されています。

###

ところで、地図ではA地点から先がどうなっているのかはわかりません。この頃の地図は、区境が水路と同じ薄い青色でなぞられていて、区別がつきません(たぶん豊島区と新宿区の境は水路ではないと思います)。

ネットで見つかる他の記事では、A~B間の途中で西に折れて進んだ先が水源地、とする記事もあります。確かに水路跡とおぼしき細道が西の方に進んでいるところもあります。

A地点から南方を見ると、つながっているようには見えませんが、このビルの先は谷になっていて、もしかして川跡?と思わせるような風景も見えます。そしてその先には妙正寺川が。

Dsc_0108_50pc

上の地図と同じ範囲の「関東大震災直前」のもの。上の地図とは10年ほどの違いしかありませんが、まるで雰囲気が違います。

Img_0179_50pc

田畑が目立つこの地域が、関東大震災のあと急激に宅地化し、それまで農地を潤していた水路をひとまずとりまとめられたが、わりと早い時期に暗渠になった、と見るべきなんでしょうか。

2019年2月11日 (月)

【神谷町界隈】芝区商工信用組合にまつわるメモ

芝久保八幡神社の参道の欄干。

 

1951/6/15 信用金庫法の施行にともない「芝商工信用金庫」に改組、改称。

1961/7/2 城南信用金庫に事業譲渡して解散(7/4 解散公告)

 

 

信用金庫の歴史と城南信用金庫の歩み

https://www.jsbank.co.jp/about/history/main.html

Dsc_0012_50pc


Dsc_0013_50pc


19610704_p70

2019年1月27日 (日)

【椎名町界隈】「東京パン」にまつわるメモ

西武池袋線・東長崎駅の南口は、西友の改築で絶賛工事中ですが、少し椎名町駅寄りのほうに、古びた建物があって、ずっと気になってました。元は1軒の店舗のようですが、現在は棟割りにされて賃貸しされています。ながらく空き状態の区画もありますが、飲食店は盛業中です。

Dsc_0002_50pc

建物の上部にうっすらと「東京パン」と見えます。「東京」も「パン」も、単語としては一般的すぎて、ネットを検索しても何にも引っかかりません。せめていつ頃までパン屋さんとして営業していたか、ぐらいは知りたかったのですが…

Dsc_0003_50pc

Dsc_0004_50pc

Dsc_0005_50pc

###

先日、ライブ参戦のために新宿東口を出たところ、ここも工事中なのですが、防護壁に1932(昭和7)年当時の新宿の風景が。よく見ると、正面に「東京パン」(右書)の看板が。現在はヨドバシカメラ マルチメディア新宿東口があるあたりか、と。

Dsc_0009_50pc

2階には「東京パン」「喫茶と御食事」とあります。

Dsc_0010_50pc

「東京パン」というのは、パンの製造販売を主としつつも、喫茶、食事も提供するお店で、おそらくいくつもの店舗を構えているように思われました。

###

改めて調べ始めてみると、日清製粉と関係がありそうなこと、中野区の鍋屋横町にも店舗があったこと、などがわかってきましたが、やはりネットだけでは限界ありそう。

19470908_p1


19530817_p360


19890620_p25_tokyopankk_toshimaku


19890627_p26_kktokyopan_chiyodaku
19261202_chugaishogyo_50pc


19261202_chugaishogyo_2

▼鍋横物語 (鍋横区民活動センター運営委員会)
└戦前の鍋横は中野の銀座
  http://nakano-nabeyoko.gr.jp/monogatari/chapter4/4-1-1.html
└昭和初期の鍋横交差点
  http://nakano-nabeyoko.gr.jp/monogatari/chapter4/4-1-3.html
└鍋横と東京パン
  http://nakano-nabeyoko.gr.jp/monogatari/chapter4/4-1-4.html

以上、とりあえずメモです。

2018年9月30日 (日)

【切り抜き】東京都 大規模水害時、避難用電車・バス夜間に臨時運行へ

元の記事
https://www.facebook.com/mochizuki.kazuo/posts/1311140925689602

###

毎日新聞
東京都 大規模水害時、避難用電車・バス夜間に臨時運行へ
毎日新聞2018年9月1日 10時08分(最終更新 9月1日 10時08分)

 首都圏で西日本豪雨のような大規模水害が予想される場合、東京都は、住民が域外避難に利用する電車やバスを夜間でも臨時運行する方向で、交通事業者と検討に入った。広域避難を円滑にし、人的被害を少なくするのが目的で、来年度に計画をとりまとめる方針。

 都などによると、中心気圧が910ヘクトパスカル程度の最大級の台風が上陸し、高潮が発生すると、東京の東部を中心に23区の3分の1の面積(約212平方キロ)が浸水すると予想されている。堤防の決壊などで1週間以上、水が引かない地域が広範囲で出るとみられている。

 さらに、荒川と江戸川が同時に氾濫すれば、江東5区(墨田、江東、足立、葛飾、江戸川)で、人口の9割が住む地域が水没するおそれがある。

 一方、都内の鉄道事業者は危険回避のため、関東を直撃した「カスリーン台風」(1947年)級の台風の通過が予想されるとき、堤防決壊の可能性が高まる12時間前には地下鉄の運行をやめることになっている。6時間前には、全ての鉄道がストップする。このため、都は決壊の可能性が低い時間帯が夜間であれば、バスを含めて臨時運行できないか、交通事業者と検討を進めている。

 重要なのは、交通網を使って、どれだけ早く避難を始められるかだ。国の試算によると荒川と江戸川が同時に氾濫すれば、江東5区で暮らす255万人のうちの178万人は避難が必要になる。住民の9割以上が避難を終えるまでに17時間程度かかると見込まれている。

 都は現在、交通事業者に聞き取りをし、課題の洗い出しを進めているが、日中に避難が必要な場合は、ダイヤを組み替えて増便し、スムーズな避難につなげることも検討している。担当者は「将来的には、交通事業者との協定を結び、地域防災計画へ盛り込むなどして実効性を高めたい」と話す。【最上和喜】

カスリーン台風
 1947年9月半ば、東海から関東沿岸を通過し、群馬県(総雨量318ミリ)を中心に「200年に1度」の記録的豪雨をもたらした。利根川の堤防(埼玉県加須市)が決壊したのをはじめ渡良瀬川や中川、綾瀬川など支流を含め計24カ所の堤防延べ5・9キロが決壊。洪水は江戸川区まで流れ下り、浸水家屋は1都5県で30万戸、計1100人の死者が出た。

2018年9月 6日 (木)

【切り抜き】この国はどこへ行こうとしているのか 平成最後の夏に… 東京大教授・本田由紀さん

元の記事
https://www.facebook.com/mochizuki.kazuo/posts/1295818990555129

###

20180906_055848

20180906_055855
20180906_055902
20180906_055908

2018年8月19日 (日)

NHKスペシャル「船乗りたちの戦争」「"駅の子"の闘い」

いま入っている2つの現場、どちらも頭を使うことが多くて脳味噌がクタクタ。というわけで土曜日は溜まったビデオを淡々と。毎年この時期に組まれるNHKスペシャルの戦争関連の番組。

内容は重いが、テレビから得られる情報量は、時間あたりにすると少なめなので、脳が疲れているときにはちょうどいい。

“駅の子”の闘い ~語り始めた戦争孤児~
https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html

船乗りたちの戦争 ~海に消えた6万人の命~
https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html

ノモンハン 責任なき戦い
https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html

終戦から年月を重ねるごとに戦争体験を伝える人が世を去り、少なくなっていることが言われることが多い。

しかし、当事者が生きている間は公開を望まないことだったり、余生の短いことを覚悟してようやく口を開くことができるようになったことだったりで、最近になって初めて詳細が明らかになることが少なくない。「船乗りたちの戦争」は前者に、「"駅の子"の闘い」は後者にあたる。
こうした、戦争の実相を形作るピースはまだまだ足りなくて、全体が完成するのにまだ時間がかかると思われるのに、一方で改ざんの動きが絶えない。

終戦から長期に埋もれていた事実ほど、戦争とそれに関わる人たちの醜さを尽きだしているように思える。この世に、日本人ほど、同胞に冷たい国民がいるだろうか。終戦の直後にあったこと、そして最近のできごとを見るに、そう思われてならないのが残念でならない。

Fusihimiryonoyume

2018年7月21日 (土)

損保、保険持株会社、少短、仲立人のリストと損保変遷図4を更新

7月から新しい現場に(半分)入ったこともあっていろいろ気ぜわしく、更新が遅れてました。

▼損害保険会社
http://egotadp.biz/insurance/sonpo.htm

▼損害保険会社の変遷図
http://egotadp.biz/insurance/hensenzu.htm

▼保険持株会社
http://egotadp.biz/insurance/holdings.htm

▼保険仲立人
http://egotadp.biz/insurance/broker.htm

▼少額短期保険業者
http://egotadp.biz/insurance/shogaku.htm

###

◆7月2日に、予定されていた朝日火災から楽天損保への改称が実施されました。同時に楽天(株)の中間持株会社として「楽天インシュアランスホールディングス(株)」が設立、認可されました。楽天損保のほか、既存の楽天生命、楽天少短と代理店会社2社がぶら下がっています。変遷図も更新しました。

▼楽天損害保険(株)
https://www.rakuten-sonpo.co.jp/

▼子会社の株式移転方式による中間持株会社 「楽天インシュアランスホールディングス株式会社」設立のお知らせ
https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2018/0611_04.html

20180721ss00001_4

◆(株)さくらジオサービスが保険仲立人の認可を受けました。複雑な賠責を扱うとのこと。あいおいニッセイ同和と関係が深いようです。

http://www.sakurageo.co.jp/

20180721ss00002_2

▼(株)justInCaseが少短の届出。ネットでスマホ保険を扱うとのこと。少短の中でも変わり種。

https://justincase.jp/

20180721ss00003_4


###

西日本の豪雨に関連して、国土交通省から自賠責の有効期限の再度の延長と範囲の拡大が発表されました。

<平成30年7月豪雨関連>
自動車検査証の有効期間の再伸長について
~期間の延長及び対象地域の追加(広島県、岡山県及び愛媛県の一部地域)~
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha09_hh_000190.html

自賠責以外の損害保険についても、契約継続の手続きや保険料の払い込みが、半年猶予されることになっています。

平成30年7月豪雨による災害に伴う特別措置の追加について
~自賠責保険について、新たに特別措置を実施~
~その他の各種損害保険については最長6か月後の末日まで猶予~
http://www.sonpo.or.jp/news/release/2018/1807_06.html

###

住宅瑕疵担保履行制度が発足してまもなく10年。国交省で検討会が設置されました。

http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000805.html
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000159.html

住宅瑕疵担保の資力確保には、保険と供託のどちらかを選べるようになってますが、保険が利用されている場合が多いのにちょっとビックリ。損保会社でおおっぴらに扱っているところはもうないと思いますが、専門業者に限れば円滑に運営されている、という子世でしょうか。

###

日本クレジット協会が「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画に関するFAQ」を更新しました。単なる追加ではないので、全体を読み直す必要があります。

https://www.j-credit.or.jp/whats_new.html
https://www.j-credit.or.jp/security/document/index.html

###

金融庁から「広く共有することが有効な相談事例の公表について」が発表されました。https://www.fsa.go.jp/news/30/20180713-2/20180713_2.html

保険に関しては3点。1点目はちょっと特殊なケース、2点目はこれまでの解釈の再確認なのでいいとして、3点目はシステムにもちょっと影響があるかも。

契約の情報提供義務について、いわゆる商品付帯契約については除外して差し支えない、との業法の規定について、家財保険の総括契約についても同じですよね、との問い合わせに、イヤそれは違う、というのが金融庁の回答。

火災保険総括契約の被保険者に対しても重説を交付する(もしかしたら署名もらう必要もある?)などの対応が必要になるかもしれないですね。

2018年5月20日 (日)

【きょうの調べ物】狂犬病予防法と動愛法~小樽市の問題にふれて

横井さん、という猫がいました。ツイッターをやっている猫飼いの人ならたいていは知ってるはずの猫なんですが、1年ほど前に急逝。その横井さんを最初に保護した札幌市の団体、ツキネコのブログをこまめにチェックしてます。

最近の記事、小樽市の問題を伝えたい⑥ (2018/5/18)が気になってあれこれ調べてみました。問題の要点は、小樽市の保健所には犬の収容施設はあるが、猫のはない。そのため、引き取った猫は(ボランティア団体による引き出しがかなわない場合は)すぐに殺処分せざるを得ないのが実状。

###

まず、狂犬病予防法と動物の愛護及び管理に関する法律(動愛法)では、実施の主体の規定が微妙に異なります。

                         
狂犬病予防法(地域保険法) 動愛法
都道府県 都道府県
政令で指定する市 指定都市 指定都市
中核市 中核市

小樽市
町田市
藤沢市
茅ヶ崎市
四日市市
大牟田市

政令で指定する市
(現在は指定なし)
特別区 政令で指定する特別区
(現在は指定なし)

狂犬病予防法に基づく犬の収容施設は、都道府県または保健所が設置されている市、特別区が担当します。保健所が設置されていない市町村は都道府県が担当します。

動愛法に基づく犬・猫の収容施設は都道府県または指定都市、中核市が担当します。指定とし、中核市以外の市区町村は都道府県が担当します。

したがって、保健所設置市で指定都市、中核市以外の市(狭義の保健所政令市または地域保険法施行令第一条三号で規定されていることから三号市、と呼ばれます)と特別区には、犬の収容施設はあるが猫のはない、ということになります。

動愛法第32条の2では、都道府県知事(指定都市、中核市の市長)は「引き取るべき場所を指定することができる」としており、北海道では「道立保健所」を指定しています

ところが、(当然ですが)道立保健所は保健所設置市は管轄していません。北海道の保健所設置市のうち、指定都市である札幌市、中核市である函館市、旭川市は、動愛法の業務について市の条例で規定しており、札幌市市役所、市立函館保健所、旭川市動物愛護センター「あにまある」が、それぞれの市の窓口になっています。北海道では小樽市だけが猫の引き取りの担当から、すっぽり抜け落ちているのです。

###

このような現象は、小樽市以外の三号市や特別区でも起きていそうですが、調べてみるとそうではなさそうです。

                                       
窓口収容施設
特別区東京都動物愛護相談センター 本所
三号市町田市町田市保健所東京都動物愛護相談センター 多摩支所
藤沢市藤沢市保健所神奈川県動物保護センター
茅ヶ崎市茅ヶ崎市保健所
四日市市四日市市保健所三重県動物愛護センター「あすまいる」
大牟田市大牟田市保健所

上表のように、特別区は保健所には窓口はなく、都の収容施設が窓口になっています。大牟田市は保健所が窓口で収容施設も設置しています(譲渡事業も行っている)。その他の市は保健所が窓口で、引き取った動物は都県の収容施設に移送されます(譲渡事業も行っている)。

どうも、保健所設置市と都道府県とで連携ができていないのは、小樽市と北海道だけの現象のようです。

###

小樽市に猫の収容施設がないのは法令にしたがってのことで、現状はやむを得ないような気がします。小樽市保健所でもこのことを問題にとして、なんとかしたいと思っておられます。

第一には、動物の収容について定める2つの法律で差異があること。動愛法第35条でいう「その他政令で定める市(特別区を含む。以下同じ。)」で、三号市(必要であれば特別区も)指定して、狂犬病予防法と平仄を合わせるべきではないか、と。

第二には、動愛法第35条の2にしたがって、北海道知事が引き取り場所を指定するときに、道立保健所だけでなく、三号市が設置する保健所も指定するべきではないか、と。

全国の他の市区の例を見る限り、後者のほうに原因があるように思えます。

しかし、小樽市で引き取った動物は道立保健所に移送するというのは現実的ではないでしょう。小樽市が属する後志管内の保健所は倶知安保健所と岩内保健所です。

小樽市保健所を引き取り場所に指定し収容施設を設置する(譲渡事業も行う)方策を講ずるべきではないでしょうか。

2018年4月19日 (木)

CSVEX (VBA)をリリース & vbTextCompareとvbBinaryCompare

昨日、CSVEX (VBA)をリリースしました。
http://egotadp.biz/products/CSVEX/index.htm

CSVファイルをExcelのシートに貼り付けるツールです。
シフトJISとUTF-8、LfとCrLfに対応しています。
Windows7(32)+Excel2010(32)とWindows10(64)+Excel2010(64)で確認しています。

Csvex_ss_50pc


###

ところで、なかでInstr関数やSplit関数を使っているのですが、文字列の比較の方法を指定するパラメタがあります。これまで、特に考えなしにvbTextCompareを使っていたんですが、大量データでテストしていたら、なぜか途中でずれる。

▼使ったデータ
事業所の個別郵便番号データ (郵便局)

ずれる箇所はすぐ特定できました。200行目の「北海道いすゞ自動車」です。

Img035_50pc

どうも踊り字の「ゞ」が原因のようです。文字列の比較の方法の違いは読んだことがあったのですが、

・vbTextCompare:「大文字と小文字」、「半角と全角」、「ひらがなとカタカナ」を区別しない。

・vbBinaryCompare:「大文字と小文字」、「半角と全角」、「ひらがなとカタカナ」を区別する。

区別するもしないも、何番目に出現するのか、で何を区別するの? とおもって「する」より「しない」ほうが、多少は効率がいいんではないの? ぐらいの気持ちで前者を使ってました。

ところが、上図のように実験してみると、

20180419_192029

のように、違いが出ました。「ゞ」は、見た目は全角の文字です。

20180419_191605

シフトJISなら0x8155、内部ではUnicodeで処理されているはずですが、その場合もU+309E。半角と全角を区別するも何もないはずです。試しに「ゝ」で試してみると、

20180419_192137

こちらは違いが出ない。

原因はわからないのですが、vbTextCompareだと「ゞ」を「ゝ」+「゛」の2文字分カウントとしているようです。なぜだ。

であれば「ズ」(全角1文字)や「ズ」(半角2文字)でも違いが出るような気がするのですが、出ません。同じ踊り字の「ヾ」も「ヽ」+「゛」の2文字分カウントされてます。

まあ、vbBinaryCompareを指定すれば何ら問題ないので、解決なんですが、どういうことなんでしょう。

«【切り抜き】公文書改ざん、加計問題、日報隠し 「倒閣」だけでは解決せず 東浩紀さんに聞く(毎日)

無料ブログはココログ

最近のツイート