« (3/26) 鳥取砂丘 | トップページ | (3/27) 十六島(1) »

2010年4月10日 (土)

(3/26) 植田正治写真美術館(伯耆町)

砂丘ともう一つの目当てであった植田正治写真美術館に移動。

計画段階で、この美術館は鳥取市内にあるものと思いこんでいたのですが、よくよく調べてみると、西部のしかもかなり、米子からはかなり離れているということに気づき、あわてて旅程を組み直しました。列車の都合で、場合によってはあきらめるという想定もあったのですが、砂丘が悪天候だったせいで、十分間に合うことになりました。

鳥取1343→(特急スーパーおき5号)→1443米子1452→(伯備線)→1509岸本

案内には、「岸本駅からタクシー5分」とありますが、果たして岸本駅前にタクシーがいるものだろうか、と不安だったのですが的中。

20100327_286 20100327_290

味のある建物ですが、残念ながらこのときは、タクシーが不在。駅には、タクシー会社の電話番号が掲示してあり、呼び出しが前提のようです。

タクシー会社に電話をかけると、「約20分かかります」とのこと。おそらく、米子市内から回送してくるようで、申し訳ないなー、思いつつ待機(この地域のタクシーは、原則迎車料金を取らないので)。

20100327_288 岸本駅は無人駅。

20100327_295_2 20100327_296 駅舎は、商工会館と一体。

###

20100327_292 タクシーは、舗装された山道をくねくねと登っていきます。

20100327_304 そうするうち、大山の偉容が見えてくる。今年は、いまでもかなりの雪が残っているとのこと。

###

そんな、大山の麓の田んぼの真ん中に、偉容なコンクリートの塊が・・・

20100327_302 どーん

20100327_301 どーん

20100327_300 どーん

てな感じです。館内は撮影禁止ですので、写真はありませんが、展示はどれも丁寧で、十分堪能しました。

植田正治といえば、やはり砂丘の写真ですから、是非とも本物の砂丘→美術館で写真、といきたいところだったのですが、それだけは心残りです。

植田正治写真美術館
http://www.japro.com/ueda/

« (3/26) 鳥取砂丘 | トップページ | (3/27) 十六島(1) »

みたまま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (3/26) 植田正治写真美術館(伯耆町):

« (3/26) 鳥取砂丘 | トップページ | (3/27) 十六島(1) »

無料ブログはココログ

最近のツイート