« (3/26) 植田正治写真美術館(伯耆町) | トップページ | (3/27) 十六島(2)モノクロ編 »

2010年4月10日 (土)

(3/27) 十六島(1)

十六島は「うっぷるい」と読みます。島根半島の西端に位置する漁業の町です。「平成の大合併」で、現在は島根県出雲市の一部ですが、一畑電車の雲州平田駅から、山をいくつも超えたところにあります。

20100327_317 湾口~日本海を望む。

20100327_313 高級な岩のりがとれるので有名ですが、3月末までは禁猟。

20100327_318 島根半島はリアス式海岸です。湾の奥まったところに人家が密集しているのは、どこの漁港でも見られる風景。

20100327_323 人家の背後に墓地。これも、よくあるパタン。

20100327_325 笹竹は邪気を払う。航海の安全を祈願するものか、と。

ぽ(画像サイズ実験中)

« (3/26) 植田正治写真美術館(伯耆町) | トップページ | (3/27) 十六島(2)モノクロ編 »

みたまま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (3/27) 十六島(1):

« (3/26) 植田正治写真美術館(伯耆町) | トップページ | (3/27) 十六島(2)モノクロ編 »

無料ブログはココログ

最近のツイート