« 新江古田のブルドッグが移転 | トップページ | 名古屋~鳥取(3/25) »

2010年4月 7日 (水)

慈生会病院が閉院

2010__4__7_846_b_2  庭のドウダンツツジは満開。

2010__4__7_846 桃は五分咲き、というところ。

2010__4__7_1116 こちらは中野通りの桜。まだまだ盛り。

###

ところで、慈生会病院が3月末で閉院になりました。4月からは南東北グループ系が引き取って、健貢会東京病院に切り替わりました。

ただ、慈生会病院はしばらく行っていなかったので、このことはバス停の名称変更のお知らせを見るまで知りませんでした。

2010__3_30_2146

###引用ここから

平成22年3月吉日
各位

社会福祉法人慈生会

慈生会病院閉院のお知らせ
これまで「人のために、町のために」祈りの精神でいのちを見つめ皆様よりご愛顧を頂いておりました慈生会病院ですが、諸般の事情により平成22年3月31日をもちまして閉院させていただくこととなりました。
この間に皆様方から賜りましたご支援・ご厚誼に篤く御礼申し上げます。
なお今後は、南東北グループ医療法人財団健貢会が「東京病院」として引き続き当院の運営に当たることになりましたのでご案内申し上げます。

南東北グループ
医療法人財団健貢会

東京病院開院のお知らせ
平成22年4月1日より慈生会病院をリニューアルオープンさせていただくことになりました。
これまでの理念を継承し、「すべては患者さんのために」さらに地域に貢献できる病院を目指し「東京病院」として生まれ変わります。
中野区とその周辺地域において医療ニーズの高い回復期リハビリテーションの向上及び、急性期医療における特色のある専門診療科の設置を進めてまいります。今後とも皆様のご愛顧を宜しくお願い申し上げます。

以上

###引用ここまで

→老人病院への転換方針
→国立療養所中野病院跡地への私学共済病院開設の計画
→計画反対~撤回への責任として総合病院としての運営を継続
→2つの病棟の改築
→2つ目の改築工事が中断
→外来を大幅縮小
→閉院

・・・ここ数年の経緯をまとめるとこんな感じかと。

南東北グループというのはよく知りませんが、手広くやっているみたいですね。

###引用ここから

■慈生会病院リニューアルオープン こんにちは。東京都中野区に2008年にオープンした「東京総合保健福祉センター江古田の森」のすぐ隣にあります「慈生会病院」が2010年4月より新百合ヶ丘総合病院や江古田の森と同じ南東北グループとしてスタートすることになりました。
現在265ベッドの病院ですが、この地域では140ほどベッドが不足しているので近い将来400ベッドの病院になる予定です。
新百合ヶ丘総合病院開設準備室は現在「慈生会病院リニューアルオープン準備室」も兼務することになりました。ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、これからも地域医療のため頑張ってまいりますのでご声援のほどよろしくお願いいたします。

###引用ここまで

「140床不足」というのがどういう根拠によるものかはわかりませんが、きめ打ちされているのは妙な感じ。まさか、中断している病棟の残りが140というわけではないでしょうね。

慈生会がいいとか悪いとか、南東北がいいとか悪いとかいうつもりはありませんが、慈生会でどうして行き詰まったのか、南東北が140床増床して、どうしてうまくいくのか、さっぱりわかりません。

ただ言えるのは、安心してかかれるはずだった病院が消滅して、よく知らない病院ができた、ということだと思います。

2010__3_31_744

慈生会病院
http://www.jiseikai-hospital-katholiek.or.jp/

医療法人財団 健貢会 東京病院
http://www.tokyo-hospital.com/

医療法人社団 三成会 新百合ヶ丘病院
http://www.shinyuri-hospital.com/

« 新江古田のブルドッグが移転 | トップページ | 名古屋~鳥取(3/25) »

みたまま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慈生会病院が閉院:

« 新江古田のブルドッグが移転 | トップページ | 名古屋~鳥取(3/25) »

無料ブログはココログ

最近のツイート