« 旧・神領堀(3) | トップページ | 公設ポスター掲示場でいたずら »

2010年7月 4日 (日)

旧・神領堀(4)

環七通り越しに神領堀の続きを見る。

Dscf1080

このあたりは道幅=川幅と思われますが、護岸のような痕跡は、まったく見あたりません。

Dscf1081 Dscf1084

このあたりになると、車道と歩道が一体となって、水路の面影はまったくありません。

Dscf1085 Dscf1087

地図を見ても判然としないので、印刷もしてこなかったし、この辺で引き返す予定だったのですが・・・

Dscf1089 Dscf1091

区立八中の裏手の道が、どうも不自然なカーブ。

Dscf1090

上の写真の対角にある駐車場。縁石がどうも怪しい。

Dscf1092 Dscf1093

護岸の上にブロックを積んだ、と見えなくもない。

Dscf1095

ただ、この道も上沼田北公園に、唐突に突き当たって、そこから先は不明。

###

Capu013 Capu012

帰宅してから確認したら、まさにその通りでした。

水路は区立八中の裏手に右折し、その左の方には細い水路のようなものが見えます。駐車場の縁石は、その合流点だったのかもしれません。

また、上沼田北公園から先は区画整理されてしまって、水路と道が一致しなくなっていますが、江北六丁目の交差点から北北東に分岐する細い道が神領堀の跡のようです。ただ、これもたどれるのは谷在家公園のあたりまでで、鹿浜一小から先はまったく見当がつきません。

ちなみにこのあたりから江北北部緑道公園が北へ延びていますが、これは神領堀とは無関係に見えます。

ところどころ、水路がそのまま道になっているように見えるところがありますが、そういうところをたどりながら北上すると、入谷町東交差点から神領堀親水緑道までは、水路に沿って道が造られているように見えます。

###

ところで、今回、江北氷川神社のあたりをスタート地点にしたわけですが、神領堀はここで荒川に合流していた、というわけではありません。

Capu003 Capu009

首都高川口線があるため地図ではわからないのですが、ここからずーっと荒川に沿って南下し、小菅のあたりで綾瀬川の支流に合流。そして最終的には中川に、出はないかと思われます。

Capu002 Capu001

###

ちなみに江北から鹿浜まで約3㎞のコースでした。

« 旧・神領堀(3) | トップページ | 公設ポスター掲示場でいたずら »

水辺を歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧・神領堀(4):

« 旧・神領堀(3) | トップページ | 公設ポスター掲示場でいたずら »

無料ブログはココログ

最近のツイート