« (12/4)中川左岸を歩いてきました~放置車両編 | トップページ | 庭掃除 »

2010年12月 5日 (日)

(12/4)中川左岸を歩いてきました~子どもたち編

中川左岸は、旧堤防の上が遊歩道になっていて、散策、ランニング、サイクリングに利用されています。こういうのを見ると、ほんとに住まいの近くに水辺があるのはうらやましいですね。

Dscf4714

小学生の集団。たぶんこの先の公園に行くところなんでしょう。

Dscf4833

旧堤防から、内側の道路に降りる階段。

旧堤防の内側には道路がありますが、歩道がありません。旧堤防はいわゆる「カミソリ堤防」で、近づいたり中に入る必要がない(入られては困る)ので、歩道がないのは当たり前だったのかもしれません。

Dscf4812

隅田川とも違う「あぶない!!」。中川の旧堤防は、1970年代後半から1980年代前半にかけて完成したようで、標識も、新しめ。

ただし、このあたりも、旧堤防の外側に遊歩道ができているので、この標識もいまでは無意味なものになりました。実際、階段は(工事中の箇所を除いて)降りられるようになってます。

Dscf4792

旧堤防の堤防敷の斜面はコンクリートなんですが、そこに土を入れて植物を植える工事が進行中。ただし、川っぺりを立入禁止にしているのは最低限に抑えられていて、それ以外は自由に散策できます。斜面は子どもたちの格好の遊び場に。

Dscf4797

さすがにこれは危ないと思って、「コラコラ。危ないぞ」と声をかけたら、「だいじょうぶ。潮が引いてるときだけだから」。「そうか、気をつけてな~」。地元の慣習には逆らえません(^-^;

Dscf4829

新川ポンプ場の樋門のあたり。日傘をさしてるのはお母さん。小学生と母と釣り竿。

###

Dscf4818

おまけ。こちらは子どもではなくおじさん。通りかかったらちょうど釣れたところ。

伺ったところ「セイゴ」とのこと。これは20センチぐらい。セイゴは出世魚で、もう少し大きくなると「フッコ」。で、もっと大きくなると「スズキ」になります。

« (12/4)中川左岸を歩いてきました~放置車両編 | トップページ | 庭掃除 »

水辺を歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (12/4)中川左岸を歩いてきました~子どもたち編:

« (12/4)中川左岸を歩いてきました~放置車両編 | トップページ | 庭掃除 »

無料ブログはココログ

最近のツイート