« いぶりがっこ~ハタハタ~セリ | トップページ | 望蜀 »

2010年12月19日 (日)

小松川境川親水公園(境川橋付近)

さて、小松川境川親水公園ですが、例によってかつての川の痕跡を探してみたものの、これがなかなか・・・

Dscf4976

公園に入っていきなり石段を発見。いまでは用をなさなくなっていますが、間違いなく、川縁にあがるために石段でしょう。

###

ところが、このあとは、まったくそれらしいものを見つけることができず、こんなのや

Dscf5026

こんなのや、

Dscf5027

こんなのを、

Dscf5028

「ちがうだろーなー」とか思いつつ、撮っていたわけです。

すると、通りがかりのおじさんにこれを見とがめられ、これこれこーゆーわけで、と説明すると、このあたりの状況を教えてくれました。ちなみに、境川橋付近です。

上の写真の石積みは、やはり堤防とか護岸とかではないこと。川縁はこのあたり(と指さす)であったこと。などなど。

で、「痕跡ということなら、この建物の反対側(京葉道路沿い)に・・・」と教えてくれたのが、昔は南に向かって、水路があったということです。ここら一面は田んぼで、それに水を引くための。

Sakaigawabashi_s22

帰宅してからアンチョコを見てみましたが、さすがにたしかに細かい水路までは描いてありません。1947年の航空写真を見ると、何となくそれっぽく見える線が・・・

Sakaigawabashi_s38

1963年の航空写真をみると、水路も田んぼも見あたらなくなっていますが、川を見るとどうも、川の水とは別の水が流れ込んでいるような・・・おそらく京葉道路をくぐる樋管を通して、排水していたのではないか、と。

Capu017

ちなみに地図ではこのあたり。

おじさんの話では、水路のあったところはいまでも国有地だが、特に気にせず使われているとのこと。たしかに、

Dscf5030

Dscf5031

境界票が密に設置されていて、ほじくり返すと複雑なことになるかも。

Dscf5029_s

お話、ありがとうございました。

地図と航空写真はこちら。
http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E139.52.12.714N35.41.59.167&ZM=12

« いぶりがっこ~ハタハタ~セリ | トップページ | 望蜀 »

水辺を歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小松川境川親水公園(境川橋付近):

« いぶりがっこ~ハタハタ~セリ | トップページ | 望蜀 »

無料ブログはココログ

最近のツイート