« 望蜀 | トップページ | 陸橋下の信号機 »

2010年12月23日 (木)

小松川境川親水公園(新中川から公園まで)

小松川境川親水公園の続きです。

気になるのは、公園が妙に半端な地点から始まっていることです。

Kamiisshiki_map

地図を見ると、新中川の総武線のそばのあたりから、公園が始まるまでの部分も、どうも以前は川だったような、緩やかな曲線が続いています。

Dscf4942

新中川。奥は総武線の鉄橋。

Dscf4941

地図の赤の波線の右端のあたり。

Dscf4949

なだらかなカーブが延々続く。が、川らしい痕跡は全くなし。

###

アンチョコによれば、小松川境川は、中井堀から分岐していることになってます。

地図では、中央の青の波線と赤の波線が交わるあたりです。

Kamiisshiki_1947

1947年の航空写真。たしかに、青の波線と赤の波線が交わるあたりまで川が続いているようです。そこから先は、やや細い水路になっているようです。

Kamiisshiki_1947_l

1947年の航空写真をさらに拡大。中央に南北に流れるのが中井堀、そこから小松川境川が分岐しているのがよくわかります。そこから東(右)のほうへは、細い水路が流れている様子も見えます。

Kamiisshiki_1963_l

1963年の航空写真。中井堀はすでに道路に、また、細い水路も埋められてしまっています。

親水公園の開園は1982年頃ですが、中井堀から新中川までのあいだは1963年頃までに、中井堀から公園までの部分もそれ以降に、割と早めに道路に変わってしまったんでしょう。

Map_1967

1964年頃の地図。地図では中井堀も水路も残っています。

« 望蜀 | トップページ | 陸橋下の信号機 »

水辺を歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小松川境川親水公園(新中川から公園まで):

« 望蜀 | トップページ | 陸橋下の信号機 »

無料ブログはココログ

最近のツイート