« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

きのうのにゃんこ

きのうのにゃんこ

松が丘で。

合同住宅跡地

合同住宅跡地

きょう、こんな掲示が。

すっかり元気になりました

すっかり元気になりました

ケージから出してもらえないので、あきらめて寝たところ。

薬は、今朝までは水に溶いて与えていましたが、相当苦いようで夜はペーストに混ぜまてなめさせました。

2011年2月27日 (日)

ハルさん、気管支炎

ハルさん、気管支炎

ハルさん、午後から急にくしゃみが止まらなくなり、病院に急行。気管支炎の診断で注射してもらいました。

帰宅したらすっかり落ち着いて、ぐっすり。野村先生スゲー。

2011年2月26日 (土)

(ぎりぎり)きょうのにゃんこ

ぎりぎり間に合いそうな、きょうのにゃんこ。

###

新金貨物線、東京街道踏切の近くで遭遇。

Dscf8915

カメラ向けても、まるで動じない。

Dscf8916_2

###

青龍神社(怪無池)近くの駐車場でひなたぼっこ中。

Dscf8964

このとき、別にすごい発見があって、ちょっと興奮気味だったときに遭遇。

###

中川大橋西詰の斜面を歩く猫。かなり角度あるんだけど・・・

Dscf9076

###

同じく、中川大橋の西詰付近で発見した黒猫2匹。

Dscf9125

じゃまして悪かった。

###

その近くで、バイクのサドルにまるまってた猫。

Dscf9124

・・・

Dscf9127

じゃまして悪かった。

###

日暮里駅

日暮里駅

日暮里駅

日暮里駅

きょうの水辺行は、京成高砂スタート。 というわけで、ひさびさに日暮里で乗り換えをしたんですが、駅がめちゃめちゃきれいになっててびっくり。

前回は、旧ブログで修正体〜字違うかも〜を紹介して以来のはず。

八百屋さんが立て続けに開店〜沼袋

八百屋さんが立て続けに開店〜沼袋

八百屋さんが立て続けに開店〜沼袋

新青梅街道に近いほうはすでに開店。かなり前にやはり八百屋さんがあったところ。

もう一軒は駅寄り。以前和雑貨の店だったところ。

時節柄、厳しいと思うががんばれー

2011年2月25日 (金)

きょうの買い物

知人から紹介された「旅レコ」。ビックカメラで7980円。

2011022517190000

これまではMapFan.netで手作業でやってたことが、自動化できるならおもしろいな、と。

早速明日使ってみるつもり。

旅の思い出の足あとを楽しむGPSロガー
旅レコ(GPSLOG)
http://www.iodata.jp/product/mobile/gps/gpslog/

###

デジカメの電池が足りなくなってたので、買い足そうとしたら・・・

2011022517150000

2011022517160000

ちなみに、電動ではなく、プルバックです。

2011022517170000

エボルタ東海道五十三次 / Panasonic
http://panasonic.jp/drycell/evolta/challenge/53/

###

こちらは、ヨドバシのポイントで購入。

仕事で、1台の端末で社内LANとADSLとをつなぎ買えて作業をする必要があって、いちいちケーブルを差し替えなくてすむ切替機がないかな、と思って物色してたら発見。ちょっと用向きが違うようですが、使えるかどうか・・・

2011022518130000

伝説のLAN切替器 白と黒
http://www.sigma-apo.co.jp/front/products/detail/LS

###

きょうのにゃんこ

きょうの強風は春一番。気温も急上昇。

###

ということで、のどかにひなたぼっこ。こちらは猫道グループ。

2011022513210000

こちらは国際短大グループ。写っているのは1匹ですが、奥にもう1匹。

2011022513240000

###

こちらは、うちのお嬢さんがた。

2011022511170000

ふくらんだランドリーバッグに飛びついているところ。

きょうは、午前中、ずっとケージから出してもらっていたので、大満足、のはず。

【綾瀬川〜花畑運河〜中川】旧・境田排水場ふたたび

1月8日、花畑水門をめざしたものの、結局日没打ち切り。2月13日に、その続きを見に行ってきました。花畑水門へは、東武バスを使うのが便利ですが、最寄り駅はつくばエクスプレスの六町駅です。

Dscf8340

Dscf8341

不思議な名前ですが、六町の西の方にある六月(ろくがつ)・・・こちらも不思議な名前ですが・・・がかつて六月村だった頃、この六町は六月村の飛び地としてあった場所だそうです。花畑運河の東側に位置する六木の読みは「むつき」。こちらはまた別の語源があるようです。

###

六町駅から綾瀬川に向かってぶらぶら。途中、とあるお宅の前にこんな標識が・・・

Dscf8346

Dscf8347

現在は、用水路は埋められてしまったようです。1963年の航空写真でも、木が生い茂っていて、水路の存在は判然としません。

Capu067

MapFanでは、水路が未だにしっかり描かれていて、その様子がわかりました(下図の中央部に水路に囲まれた敷地が見える)。

Capu069

goo地図に当てはめると、このようになります。

Sakaidahaisuijo_map_2

###

前回訪れたときは、このあたりにさしかかった時点でかなり日が傾いていたので、改めて水路跡をたどってみました。

地図のAのあたりから西方。道が二又に分かれているあたりの写真です。

左の道は水路跡、右の道はもともと道だったものと思われます。

Dscf8358

B地点からA地点方向を写したもの。

このあたり、区画整理の対象になっていて、このような空き地が多く見られます。

Dscf8359

C地点からA地点方向。こちらはもともと道路。

Dscf8361

A地点からD地点のあたり。ガードレールの右側が水路跡。

Dscf8363

D地点から北の方。こちらも水路跡です。

Dscf8367

D地点からE地点方向。

Dscf8368

何となく川端の雰囲気が・・・

Dscf8369

E地点付近。境田排水場跡の空き地。

Dscf8370

区画整理の事業用地として保留されています。

Dscf8373

樋門はそのまま残ってます。

Dscf8372

###

前回訪問時の記事は、こちら。

綾瀬川~花畑運河~中川(旧・境田排水場)
http://dp.air-nifty.com/blog/2011/01/post-d9a7.html

2011年2月24日 (木)

【油堀川】福住付近

きょう、あすと休みを取っています。休養。

###

昼休み駆け足シリーズ第2弾。油堀川です。

といっても、油堀川は埋め立てられて、上空は首都高深川線になってますし、痕跡なんかないと思っていたのですが・・・

Aburahorikawa_map

まずは、地図にかつての水面をあててみました。左上から右下への赤い線が首都高速・9号深川線。油堀川の跡を埋め、そこに造られたものです。

Capu061

こちらは1963年の航空写真。全体が収まるように、いつもより大きい縮尺になってます。

Capu062

こちらは1947年の航空写真。下半分ぼやけてしまっていますが、ここでは問題ないでしょう。

###

深川線、というか油堀川の南側で隅田川方向を見たところ。

2011021612250000

しばらく歩いていると・・・かつての護岸が。

2011021612260000

指がかかってる(^_^;

2011021612260003

緑橋、元木橋のやや東よりのあたりです。

2011021612270000

わずかな長さですが、かつてここに川があった証です。

###

元木橋が見えてきました。

2011021612270001

かつては、ここで2つの水路が交差していたわけですが、大島川西支川は健在。その様子は、昨年夏に見てきました。

(2010/11/6)大島川西支川(2)
http://dp.air-nifty.com/blog/2011/01/20101162-c29f.html

(2010/8/15)大島川西支川(3)
http://dp.air-nifty.com/blog/2011/01/20108153-b5f4.html

###

油堀川があった頃、その南側の道が大島川西支川を越えていた緑橋。

2011021612280000

のたもと。このあたりも、かつての雰囲気を伝えています。

###

隅田川に接する部分。隅田大橋の真下です。

2011021612330001

こ、これはひどい・・・

隅田川の東側に高潮対策の水門が造られたのは、昭和32年から42年にかけて、都のことなので、かつてこのあたりにあったはずの油堀川水門ができたときの銘板かもしれません。

2011021612340000

こちらは、1974年の銘板。1974年は油堀川水門が閉鎖された年、つまり油堀川が埋め立てられた時期のものです。

2011021612350000

写真の左側は隅田川テラス。

2011021612350001

隅田川の堤防を背に、東側を写す。古びた石段は、かつて水門に通じていたものか。

2011021612360001

これまでにも紹介したことがある「あぶない」看板の隅田川バージョン。当然、いまはあぶなくなくなってます。

2011021612370001

###

このあたり、隅田川の旧堤防の面影も・・・

2011021612380001

2011021612390003

###

旧・油堀川の南側では、かつての護岸を発見しましたが、北側ではこれといった痕跡は見あたらず。

ただ、元木橋付近の歩道の植え込みに古びた標識を発見。

2011021712400000

河川の下に埋設物、上水道とか、電線とか、地下鉄とか・・・水辺ではとにかくよく見かける標識なので、写したときは、古びているという以外は特に気になる点はなかったんですが、よくよく考えてみれば、標識にある「この河川」というのは、油堀川なのか! と、あとで驚いた次第です。

★この記述は誤り。訂正です。
http://dp.air-nifty.com/blog/2011/03/post-9f5a.html

###

亀堀公園の南端です。かつて仙台堀川支堀と呼ばれる水路があったところですが、痕跡満載です。

2011021712410000

これまで、かなり写真を撮ったので、とっくにアップしたと思っていたのですが、まだみたい。1947年の航空写真では、支堀のさらに支堀が見えますが、1963年の航空写真ではすでに消滅。ただ、分岐部分の痕跡は、いまでも公園内で見ることができます。地図では、コーナンに出っ張っている部分です。そのうちまとめてアップします。

###

清澄通り手前のあたり、油堀川公園の北側に昨年できた駐車場。

2011021712450000

塀の土台は、おそらくかつての護岸の跡、かと。

2011021712460001

清澄通り。油堀川の跡は、さらに東にも続いていますが、それはまたいずれ。

2011021712470000

###

このあたりにかつてあった富岡橋の親柱。

2011021712470002

ちっとは、写すときのことも考えてほしいと思う、ってまえにも書いたような気がする。

2011年2月22日 (火)

【仙台堀川】福富川公園

2月14日の記事、きょうのにゃんこ
http://dp.air-nifty.com/blog/2011/02/post-1763.html

が、食事をしていたのが福富川公園。福富川は、仙台堀川の支川ですが、現在はすべて埋め立てられて、公園になっています。

1963年の航空写真。

Capu059

現在の地図に川の部分を当てはめてみました(貯木場の部分は除く)。

Fukutomigawa

###

地図中央下部の仙台堀川に接するあたりの入口には、吉岡水門がそのまま。

2011020912360000

2011022112390001

2011020912360002

2011022112420000

###

園内にはきれいな水路が。かつての川の流れとは別物ですが・・・

2011022112300004

水門(閘門)の模型とかあって、楽しそう。

2011022112410002

###

ただ、かつての護岸はそのまま・・・

2011022112310000

2011022112310003

2011022112330003

###

福富川にかかっていた富島橋(三ツ目通り)の親柱。

2011022112350002

三ツ目通りの向こうは木場公園。こちらはまだ撮影していません。

2011022112350006

###

地図中央の分流部分。ちなみに、地図の東西の流れが福富川で、その先は大横川に接する、と。西側の南北の水路が「福富川枝川」、東側の南北の水路が「福富川支川」と称するのだそうです。

2011022112300000

福富川枝川の北端の部分。

2011021012330000

###

やっぱり、昼休みに細切れで写すと、あとで何がなんだかわからんですね(^_^;

2011年2月20日 (日)

きょうのにゃんこ

きょうのにゃんこ
きょうのにゃんこ

こちらに気づいて去る猫。

そして命拾いした猫。

きょうのにゃんこ

きょうのにゃんこ

庭でケンカ。
手前に一匹追い込まれている。

2011年2月18日 (金)

風がつおい

風がつおい

強風の一日。
仕事場近くのホームセンターでは、倒れている自転車のほうが多いぐらい。
写真は夕方、東西線、門前仲町駅で。

深一児童公園近くの信号機器ボックス

深一児童公園近くの信号機器ボックス
深一児童公園近くの信号機器ボックス

今日はしっかり梱包されてました。

深一児童公園近くの信号機器ボックス

深一児童公園近くの信号機器ボックス
深一児童公園近くの信号機器ボックス

おもいっきり破壊されてる。
フェンスには破損の形跡はないのに…

ちなみに昨日の写真です。

2011年2月17日 (木)

きょうのにゃんこ

きょうのにゃんこ
きょうのにゃんこ

仙台堀川、清川橋の近く。
野良猫ではありません。
暖かいので外で留守番中。

2011年2月16日 (水)

けさの二丁目公園グループ

けさの二丁目公園グループ
けさの二丁目公園グループ
けさの二丁目公園グループ

わるさしとる

2011年2月15日 (火)

雪だるま

雪だるま

中野北口のロータリーで

雪
雪

どひゃー(-_-;)

2011年2月14日 (月)

雪

予報、おおハズレ

江古田通りで湯気がもうもう

ついさきほどの写真。

江古田通り(チャンチキ通り)、江古田地域センターバス停付近で、道路からモウモウと湯気が上がってました。たぶん、きょう仮舗装したところが、急に冷えたためでしょうが、明らかに車の通行には支障あったはず。

江古田通りで湯気がもうもう

江古田通りで湯気がもうもう

江古田通りで湯気がもうもう

ちなみに、このときはまだ雨でしたが、いまはぼたん雪に変わってます。

きょうのにゃんこ

きょうのにゃんこ

きょうのにゃんこ

福富川公園で。
二匹のクロネコがお食事中。

###

水辺行では、水門や橋だけでなく、目につくものは撮るようにしています。

猫もかなり撮ってます。

ネタがない日は、そういう写真で埋めていこうか、と(^_^;

###

ちなみに福富川公園は、その名の通り、かつて存在した仙台堀川の支川、福富川を梅田跡の一部が公園になったものです。

福富川水門がそのまま公園入口のアーチとして残されています。

その辺の写真もそのうちアップします。

2011年2月13日 (日)

けさの二丁目公園グループ

こちらは二丁目公園グループ。

ミソちゃんいない。

けさの二丁目公園グループ

けさの二丁目公園グループ


けさの猫道グループ

連休の最終日は、雪もやんで暖かい朝に。

猫道のメンバは雪解け水をぺろぺろ。

けさの猫道グループ

けさの猫道グループ

2011年2月12日 (土)

【小名木川】新扇橋から高橋まで

扇橋閘門の少しさきで、大横川と直交します。

ここには、小名木川クローバー橋のような、川を交差する橋はありませんので、四辺の橋を順に渡っていくことになります。

###

猿江橋。交差点の北側の大横川に架かる橋。

Dscf8209

Dscf8210

Dscf8214

上空高注意の標識。

Dscf8217

###

交差点の西側、小名木川にかかる新高橋。

かなり暗くなってきましたが、最近は17時ぐらいまではまだいけます。

Dscf8220

###

交差点の東側、小名木川にかかる新扇橋。

橋の向こうは、さっき見てきた扇橋閘門。

Dscf8225

前扉はさっきは閉まっていましたが、ちょうど通航する船があって、開いてました。

Dscf8227

###

交差点の南側、大横川にかかる扇橋。

Dscf8251

Dscf8252

大横川。この先は、水辺行の原点(^_^;ともいえる大横川親水公園が。

いずれ、そこから通しで歩いてみたいです。

Dscf8254

###

小名木川も、もうすぐゴール。まずは新高橋。

Dscf8267

このあたりから、また遊歩道が整備されていて、水辺を歩くことができます。

個人的には、旧中川寄りの最近できた歩道より、こちらの雰囲気が好きなんですが・・・

Dscf8271

くぐれます。

Dscf8275

###

大富橋。ちょうど釣り船が戻ってきたところ。

Dscf8288

###

このあたりも、ところどころ旧堤防の面影を見ることができます。

Dscf8291

Dscf8294

###

川辺で、鷹をつれたおじさんに遭遇。

Dscf8297

そういうお仕事ではなくて、趣味でかっておられるのだそう。かっこいい。

###

東深川橋。

Dscf8299

Dscf8300

Dscf8301

ここまで、小名木川に架かる橋を細々載せてきたのは、それ以外にめぼしい施設がない、というのもありますが、橋の一つ一つが個性的で、見ていて楽しかったからにほかなりません。

###

そして、一推しはこれ。

Dscf8314

西深川橋。色といい、形といい、水辺から見上げると、はっとする美しさです。

Dscf8316

西深川橋の下は浮き橋。

Dscf8319

Dscf8318

###

隅田川でお客さんを乗せるのでしょう。屋形船が橋の下を通過。

Dscf8320

ぎりっぎり。

Dscf8321

###

きょうの終点、高橋。かなり暗くなってきて、これが限界。

橋の向こうは新小名木川水門。

Dscf8322

Dscf8325

###

高橋から見た、新小名木川水門。

Dscf8338

ここを訪れたのは昨年11月。また、水辺行の端と端がつながりました。

ナンバープレート下2桁「42」

仕事場の近所で、下2桁「42」に遭遇。しかし、またもや希望ナンバー枠でした。

2011020712340000_r

上2桁との脈絡は、さっぱりわからず。

門前仲町から勝どきまで

昨日は雪の中休出。

朝から降り出した雪はこんな感じ。寒さもさほどでもないし、つもることはないかな、と。

2011021109200001

###

作業はキリのいいところで打ち切って、門前仲町から月島へ。

水辺行以外でも、1日10000歩を目標にしています。最近。

2011021116170001

隅田川派川にかかる相生橋。

雪というよりは、みぞれに近い感じ。

###

2011021116350000 

月島橋から見た月島川水門。手前の橋は西仲橋。

###

ところが、地元に戻ると、あれ、積もってる、かんじ。

新江古田駅。

2011021117200000

江古田通り。

2011021117220000

###

けさはこんな感じ。ときどきちらほら降ってます。

2011021209520001

あ! みそちゃんだ!

2011021209530000

みそちゃんは、二丁目公園グループの一番下っ端の子です。

2011021209530001

旧合同住宅前の電話ボックス

撤去されちゃってました。

2011021007410000

2011年2月 9日 (水)

昨夜の雪

昨夜の雪

降らなかった、と思っていたのですが……

2011年2月 7日 (月)

【小名木川】小名木川クローバー橋から新扇橋まで

小名木川クローバ橋からさきは、親水歩道どころか、川縁の道すらありません。

###

「自転車は行き止まり」ということは、徒歩ならOK?

Dscf8091

残念ながら、完全に行き止まりです。

Dscf8093

ということで、比較的川縁に近づきやすい南側を行くことにします。

###

この区間は、堤防のぎりぎりまで建物があって、道が櫛の歯のようになっています。

Dscf8094

その行き止まりで堤防を見ることができます。上の写真はその1本目。

Dscf8095

古めかしい看板ですが、岡田食品工業は小豆島で盛業中。

Dscf8096

都営住宅の敷地内にあるゴミ集積所。

Dscf8100

裏をのぞくと樋口の跡。

Dscf8101

1つ前の区間と同様、このような樋口の跡があちこちに見られます。

Dscf8102

2本目の突き当たり。このあたりが、境川の分岐点と思われます。

Dscf8105

とはいうものの、境川が埋められたのは震災復興事業によるものですから、おそらく昭和の初め頃。まったく痕跡はないはず。

###

どうぞあがってご覧下さい。と言わんばかりのシチュエーション。

Dscf8113

###

小名木川橋。

Dscf8118

このあたりも、工事が進行中。

Dscf8120

Dscf8121

Dscf8124

###

趣のある、東京製粉の倉庫。

Dscf8140

手前のだるま船で、粉を運ぶのでしょうか。平日に来てみたいものです。

Dscf8143 

奥に小松橋、そして、扇橋閘門が見えてきました。

###

小松橋。

Dscf8156

新扇橋。

Dscf8182 

この2つの橋のあいだに扇橋閘門はあります。

扇橋閘門
http://dp.air-nifty.com/photos/ougibashi_komon/

###

たまたま出会った、間口の広い建物。

Dscf8206

染谷網代店。「網代」?

Dscf8205

網代というのは、木の皮や竹の皮を編んだものだそうです。
http://yoshihei.052e.com/a-ajiro.html

業種は様々ですが、小規模の工場が住宅に混じって存在している街です。

2011年2月 6日 (日)

【小名木川】進開橋から小名木川クローバー橋まで

新開橋から小名木川クローバー橋までは、工事もまだまだ。

旧堤防がそのままのこり、両岸は一方通行の細い道路があるばかりです。

Dscf7949

ちなみに、最初の方に書いたネタは、いずれもこの区間にあるものです。

【小名木川】JR越中島支線 小名木川橋りょう
http://dp.air-nifty.com/blog/2011/02/jr-d2f8.html

【小名木川】船着場?
http://dp.air-nifty.com/blog/2011/02/post-97b3.html

蛇口
http://dp.air-nifty.com/blog/2011/02/post-bafa.html

###

このような樋口の跡はいくつも見られます。

Dscf7952

裏側から見たところ。

Dscf8072

この区間、北側と南側を往復したのですが、かつての水路との関連は、結局わからず。

何かわかれば細かく書いたところですが、すべて省略。

###

大島橋。小名木川ではなく横十間川に架かる橋です。

Dscf7988

Dscf7993

###

小名木川クローバー橋。大島橋方向から見たところ。

Dscf7994

小名木川クローバ橋から小名木川(東の方)を見たところ。

Dscf8003

同じく小名木川(西の方)を見たところ。

Dscf8007

横十間川(北の方)を見たところ。

Dscf8004

###

このあたりも、旧堤防の名残が、あちこちに見られます。

Dscf8019

Dscf8029

Dscf8032

###

水門橋についてはこちらにアップしてあります。

横十間川水門(水門橋)
http://dp.air-nifty.com/photos/yokojikkengawa_suimon/

【小名木川】丸八橋から進開橋まで

小名木川は、昨年夏両端を訪れていて、護岸の整備は全体で完了しているもんだと思いこんでいましたが、中程ではまだ工事の真っ最中でした。

Dscf7903

Dscf7904

Dscf7906

###

進開橋。

Dscf7911

進開橋の手前までは、もう完成間近。

Dscf7909

このあたりは、旧堤防がそのまま。しかも、工事で下の方までむきだしになっていて、かつての様子がよくわかります。

Dscf7913

旧堤防の高さがよくわかる。

Dscf7914

住宅が建っているのは、道路よりもさらに低い。

Dscf7908

###

進開橋から西の方を撮影。樋口の跡のようなものが見えます。が、水路との関連は不明。

Dscf7934_2

もう少し先にある護岸の出っ張り。代官堀と接していた部分ではないか、と。

Dscf7936

1963年の航空写真。中心点の部分が代官堀の名残。その左右が旧・小名木川貨物駅。貨物列車に積み卸しする材木などを舟運で運んでいたんでしょう。

写真右上が進開橋。左に南北に走っているのが、さっき書いた越中島支線。

Capu056

上の写真で、奥の方にかすかに見えるアリオ北砂は、小名木川貨物駅の跡につくられた商業施設です。

###

Dscf7941

進開橋から西の方を見たところ。まだまだ工事が進行中。

奥に見えるのが、越中島支線の小名木川橋りょう。

###

Dscf7942

進開橋がかかるのは明治通り。現在の橋は1966年の完成ですが、それ以前から幅の広い橋が架かっていたのですね。

【小名木川】番所橋から丸八橋まで

旧中川にかかる平成橋。

Dscf7883

工事現場は、改築中の下水道局・第二小松川ポンプ所。かなり進んだように見えます。

写真には見えませんが、その向こうが、荒川ロックゲート。

###

番所橋。昨年の夏はこの橋を渡ったんでした。

Dscf7885

振り返ったところ。突き当たりで左右に分かれているのが旧中川。

Dscf7886

水道管橋。

Dscf7887

妙なところに標識がありますが、その対岸に防災船着場あります。

Dscf7888

両岸に遊歩道が整備されています。日中は暖かで、散歩の方々多数。

Dscf7890

###

塩の道橋は歩道専用ですが・・・どうも装飾が安っぽく見えるのが残念。

Dscf7891

塩の道(江東区役所)
http://www.city.koto.lg.jp/sisetsu/13412/13531/17362.html

この橋のあるあたりは、以前仙台堀川と直交していたあたり。いまは南側が仙台堀川公園になってます。花畑運河~新中川の行程がすんだら訪ねる予定。

###

塩の道橋の取り付け部分。樋管のような穴が2つ。

Dscf7892

Dscf7893

水路跡かとも思いましたが、そういうわけではなさそう。

###

がっしり、ずっしり、といったイメージの丸八橋。

Dscf7899

歩行者専用の砂島橋。

Dscf7901

###

砂島橋のたもとにある、「小名木川旧護岸」。

Dscf7902

ところで、標示板の筆をふるったのは、現区長の山崎さん。江東区内のあちこちで、「山﨑孝明揮毫」という表示を見かけますが、正直いってお下品( ´艸`)

「わたしが書きましたっ!」みたいな。

【小名木川】中川船番所資料館

昨日は、小名木川を東から西に歩いてきました。

東大島駅すぐの番所橋は、昨年7月17日の旧中川の行程で寄っているので、ここがスタート地点になります。

この近くにある、江東区中川船番所資料館は、前回はスルーしたのですが、今回を逃すともうここに来ることはしばらくはないだろうと、寄ってみることにしました。

Dscf7880

Dscf7882

1階~2階は企画展示、2階は江東区の歴史、3階が中川船番所関連の展示で、特に2階は、建物の名前とは無関係に近代の展示もありますので、おすすめです。

2011__2__6_1616

1階で販売されている「江東区のあゆみ」。B6手帳サイズ。

この内容で100円はお買い得。

###

Dscf7884

船番所跡の標示板。旧中川と小名木川の分岐点にあります。

【小名木川】扇橋閘門

急遽予定を変更して小名木川に行ったのは、江東治水事務所からのメールで、扇橋閘門の塗装工事があることを知ったからです。もし、色が変わりでもしたら後悔しちゃうので。

###

扇橋閘門通航止めのお知らせ
扇橋閘門塗装工事のため、扇橋閘門が通航止めとなります。
○閉鎖予定日程
平成23年2月10日(木)から2月18日(金)まで
なお、12日の土曜日は通航できます。
閉鎖期間中の江東内部河川への出入りは小松川ロックゲートからお願いします。
ご不便をお掛けしますが、ご協力よろしくお願いします。

###

小松橋。水門の手前に水道管が横切っていて、「これは難しいかな・・・」と思ってましたが・・・

Dscf8159

脇に入り込めるところが結構あって、いい写真が撮れました。

扇橋閘門
http://dp.air-nifty.com/photos/ougibashi_komon/

###

「あぶない」の東京バージョン。この絵柄も、ほかでは見ない。

Dscf8168

扇橋河川公園で。

(高校生のカップルが激しくいちゃついていて、目のやり場に困るぐらいでした)

###

これで、「東京港と東部低地帯の水門」は、一通り現物を見ることができました(築地川水門は遠くから一瞥しただけですが)。

【小名木川】JR越中島支線 小名木川橋りょう

以前紹介した新金線と同じように、いずれはそれとして歩いてみたい越中島貨物線です。

Dscf7963

その小名木川橋りょう。

Dscf7954

越中島支線の亀戸~小名木川間の開業は1929年だそうですが、そのころの煉瓦積みでしょうか?

Dscf7961

###

こちらは対岸(南側)の橋台。

Dscf8058

落書きが痛々しい・・・

Dscf8059

Dscf8066

【小名木川】船着場?

こちらも小名木川クローバー橋のそば。というより、アリオ北砂のそば。

対岸から写した写真(ぼけた)

Dscf7977

航空写真ではこんな感じ。

Capu052

水路がくぼんだところの半分に屋根がかけられています。

Capu053

1963年の航空写真では、屋根はなく、船が止まっているのが見えます。

アリオ北砂は、以前はJRの小名木川貨物駅があったところで、もしかしたらそれに関連する施設だったのかも。

###

北砂緑道公園のあたりから入れるようになっていますが、施設の用向きは不明。

Dscf8050

Dscf8052

###

小名木川の行程は約10㎞ですが、こうやって、細かいネタからかたづけようか、と(^_^;

蛇口

昨日は、花畑運河へ行く予定を変更して、まだ現物を見ていない扇橋閘門を訪ねてきました。

その途中、小名木川クローバ橋に近いあたりで・・・

Dscf7970

蛇口。

Dscf7971

並ぶ蛇口。

Dscf7972

列をなす蛇口。

Dscf7968

何の跡なんでしょうね。

Dscf7975

###

航空写真では、工場のような大きな建物が写ってますが、正体はいまのところ不明。

Capu051

2011年2月 1日 (火)

弁護士はついていますか?

東京ドームシティで発生した死亡事故。亡くなった方にはまったくお気の毒としかありません。

報道では、アルバイト従業員の証言ばかりが伝えられていますが、現段階では任意の調べのはず。このままでは、この従業員ひとりに責任が押しつけられるのではないかと心配です。

施設内で発生した事故に関しては、まず第一にその施設の運営者の責任が問われるべきで、原因の追究もそこに焦点が当てられるべきです。

いま、アルバイト従業員に弁護士はついているのでしょうか?

精神的に不安定な事故直後の証言を報道を介して公開することに、どれほどの意味があるのでしょうか?

###

「安全バーがグラグラ…」東京ドーム転落死亡事故(01/31 23:05)
 東京ドームシティの転落死亡事故で、「転落した倉野内史明さんの安全バーがグラグラしていた」と同乗した友人が話していることが分かりました。点検係のアルバイトの女子大学生は「手で押して確認するよう指導されていたが、目で見て大丈夫だと思った」と話しています。
(テレビ朝日)

###

東京ドームシティのコースターからボルト落下 女児軽傷(2010年12月15日掲載)
 5日午後0時35分ごろ、東京都文京区後楽1の遊園地「東京ドームシティアトラクションズ」で、「ジェットコースターから落ちてきた金属片が子どもにあたった」と、来場者の男性から110番があった。金属片は地面で弾んだ後、近くにいた小学3年の女児(9)の脇腹にあたり、打撲の軽傷。警視庁富坂署は業務上過失傷害の疑いもあるとみて原因を調べている。

 同署などによると、金属片は長さ約25センチ、直径約1.2センチ、重さ約200グラムのボルト。ジェットコースター「サンダードルフィン」(24人乗り)の車体下部の部品で、走行中に折れて高さ約13メートルの地点から落下したとみられる。車体の浮き上がりを防止する装置を固定する部品の一部で走行に支障はなく、ほぼ満席だった乗客にけがはなかった。

 東京ドーム社によると、9月の車軸点検や毎朝の点検では異常は確認されなかった。08年4月にも車体前部のボルトが落下する事故があり、同社広報IR室は「事態を重く受け止め、原因を早急に究明し、再発防止に全力で取り組む」としている。【村上尊一】
(毎日)

###

東京ドームシティ従業員が指3本挟み切断(2010年11月29日掲載)
 29日午前9時20分ごろ、東京都文京区後楽1の遊園地「東京ドームシティアトラクションズ」から「女性従業員(26)が遊具に指を挟んだ」と119番があった。従業員は病院に運ばれ、右手の指3本を切断する大けがをした。警視庁富坂署などによると、従業員は開園前に「タワーハッカー」という垂直落下型のアトラクションを点検中、モーター部分に指を挟んだらしい。
 運営する「東京ドーム」によると、遊園地は営業開始を正午過ぎに遅らせた。タワーハッカーの再開は見送る方針。【小泉大士】
(毎日)

###

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

無料ブログはココログ

最近のツイート