« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月24日 (木)

大和橋(千代田区岩本町)~浜町川

こちらも7月2日の撮影。この日の主な目的は神保町で地図探しでしたので、特に下調べはなし。思いつきで和泉町ポンプ所まで足を伸ばしたのでした。

神田川は、いまのところターゲットになっていないので、まったく勘が働きませんでしたが、和泉町ポンプ所の樋門と思われるものの対岸にやはり樋門が・・・

Dscf1895

近くには、「大和橋」交差点。

Dscf1995

帰ってから調べてみると、龍閑川? 浜町川? いずれにしても、興味深げな川跡です。

とりあえずこの近辺の写真だけをアップ(「浜町川」のタイトルは適切ではないかも)。
http://dp.air-nifty.com/photos/hamachogawa/

2011年11月23日 (水)

太田姫神社(千代田区神田駿河台)

御茶ノ水駅の聖橋口近くにある、太田姫神社の「元宮」。

Dscf1740

Dscf1741

Dscf1742

こちらが移転した現在の社。

Dscf1724

Dscf1725

###

ちなみに、撮影日は7月2日。神保町に地図を買いに行ったついでに和泉町ポンプ所を見に行く途中です。

ひさびさにアルバムを更新しました。

和泉町ポンプ所
http://dp.air-nifty.com/photos/izumicho_p/

落合水再生センター
http://dp.air-nifty.com/photos/ochiai_center/

2011年11月14日 (月)

深川の夜のイベント

昨年まで気づかなかったので、今年から?

・・・と思ったら昨年も行われたとのこと。

2011110417240000

▼深川ギャザリア
http://www.gatharia.jp/
└クリスマスイルミネーション2011「明るく輝く希望の光」(PDF)

###

清澄庭園でも。

2011110812230000

▼清澄庭園
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index033.html
└清澄庭園ライトアップ「深川あかりつむぎ」開催のお知らせ
 http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/info033.html#1

###

こちらは毎年恒例。

2011102612250000

▼富岡八幡宮
http://www.tomiokahachimangu.or.jp/
└酉の市
 http://www.tomiokahachimangu.or.jp/gyoji/saiji/torinoichi/htmls/torinoichi.html

###

深川ではなく、北野神社(中野区新井)の様子。

2011111417540001

きょうは二の酉。今年は三の酉まであって、26日がそれにあたります。

「三の酉まである年は火事が多い」といわれますがなんでかなー、と思ったら、東京消防庁のサイトにしっかり書いてありました。

▼消防雑学辞典(東京消防庁)
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/libr/qa/qa_35.htm

2011年11月13日 (日)

ねこ日誌 2011/10 (5)

風邪ひき猫。だいたいこのポーズ。

2011101307340000

寒いですから。

2011102607390000

###

国際短大グループの猫たち。

2011101407360001

ちょっとケガしちゃった・・・

2011101707380001

痛いの。

2011101807390001

###

平和公園の近くで。

2011101707530001

ちょっとさむいけど、へいき。

2011101707530000

###

悪さしませんよ。

2011101807400002

ほんとですよ。

2011101807400003

出たいなー

2011101907470000

あさからごちそう。

2011102407340000

おはようございます。

2011102407350000

おはようございます。

2011102407350001

###

では、また来月。

2011102407530000

2011年11月12日 (土)

地域ねこの会

沼袋のひとなつっこい三毛。カメラを向けると寄ってくるけど、だっこされるのは嫌い。

Dscf6326

以前、本屋さんの招き猫として紹介した猫です。

###

ところで、近所で、

Dscf6345_masked

という取り組みがされるとのこと。様子を見に行きたいところですが、その日は先約あり。

###

こちらは区の取り組み。新井の獣医さんで。

Dscf6233

こちらは、新井のペット・ショップで。

Dscf6244

2011年11月11日 (金)

ねこ日誌 2011/10 (4)

引き続き散歩の途中。新井界隈。

Dscf5424

Dscf5426

Dscf5451

Dscf5452

Dscf5475

Dscf5477

###

こちらは東池袋。

Dscf5672

びっくりさせちゃった。

Dscf5673

2011年11月10日 (木)

ねこ日誌 2011/10 (3)

散歩中に出会った猫たち。中野区江原町で。

Dscf4997

親子。

Dscf5040

###

沼袋、だったか。

2011101612530000

沼袋の百観音公園で。

Dscf5154

上の写真、カラスのしっぽが見えてる。

Dscf5155

カラスが騒いでいても、我関せず。

Dscf5156

###

江古田界隈。

Dscf5164

なにやら思案中。

Dscf5165

###

小さい子がそろって、ひなたぼっこ。

Dscf5167

Dscf5168

###

かいかいかい。

Dscf5194

なにさ。

Dscf5197

###

あめ、やんだな。

Dscf5217

なにさ。

Dscf5216

あめ、やんだな。

Dscf5219

###

落合で。

Dscf5269

2011年11月 9日 (水)

中野区川添町(続々)

中野区川添町(続)~中野区小滝町
http://dp.air-nifty.com/blog/2011/10/post-91cb.html

・・・のつづきです。

旧・川添町、現在の中野区東中野一丁目の東側を、戦前に流れていた水路。名前がわからなかったのですが、どうも「小淀川」という名前のようです。きちんと調べておられる方がいらっしゃって、ありがたいことです。

~~~

桃園川支流を歩く その29”小淀川”を追え!①(暗渠さんぽ)
http://kaeru.moe-nifty.com/ankyo/2010/08/post-57d8.html
桃園川支流を歩く その30”小淀川”を追え!②(暗渠さんぽ)
http://kaeru.moe-nifty.com/ankyo/2010/08/post-9c2d.html
桃園川支流を歩く その41”小淀川”を追え!③(暗渠さんぽ)
http://kaeru.moe-nifty.com/ankyo/2011/01/post-a7b2.html
桃園川支流を歩く その42”小淀川”を追え!④(暗渠さんぽ)
http://kaeru.moe-nifty.com/ankyo/2011/01/post-2ba3.html

~~~

前回、第六天神社までは歩き、ここから先は神田川につながっていたのかな、などと思っていましたが、そのあと実は谷戸川につながっていたことが判明(実際にはその先もあって、この表現は正しくないことはわかっているのですが、詳しくは上記のブログを)。とりあえず、続きをたどってみたくなって、行ってみました。

実はまだアップしていないんですが、夏に谷戸川の跡、秋に入って桃園川を杉並区との境までたどっているので、このあたりには、短い間に3回目の訪問です。

###

前回取り忘れた第六天神社の前の道標。

Dscf5856

「左堀ノ内」でした。「右ぞうしがや道」は、雑司ヶ谷道(高田道)のことですね。堀ノ内は、杉並の堀ノ内でしょう。

Dscf5857

このあたりからは、水路に沿って道があったようです。おそらく道の東側(写真では右側)の半分程度が水路だったか、と。

Dscf5858

Dscf5859

何となく水路の痕跡、とも見えなくもないが・・・

Dscf5860

まもなくゴール。

Dscf5863

おやっ? (というか、きぶんとしては「あれっ?」)

Dscf5866

谷戸川の跡を確定するのに、さんざんうろうろしたところ。上の写真の歯医者さんのあたりから南西方向を写したもの。道路名はわかりませんが、東中野名店か衣装店街の通りです。電気屋さんの右奥に向かう道が旧・谷戸川。

Dscf5869

電気屋さんから歯医者さん方向を撮った写真。

Dscf5887

中央奥の道が小淀川。谷戸川は歯医者さんの裏のほうから手前に向かって流れてきていたようです。ということは、橋があったはずですが、名前はわかりません。

現在の地図(goo地図)に、無理矢理当てはめてみました。

Img073

あれ? ということは、今回もまた、まともな写真が撮れていない(;。;)

偶然見つけた水路跡ですが、当面、1963年の東京都市計画地図を参考に、と考えていますので、残念だけど、上の2枚でいったん終了とします。

###

今回、ルートの重複を避けて、第六天神社までは、商店街のほうを歩いてきました。

水路跡の高さから名店街商店街を見たところ。階段の上が商店街の道。

Dscf5792

今回の発端となった不思議な階段。

Dscf5801

戦後すぐの航空写真を見ると、ここから先、JR中央線をくぐって北に延びている筋が見えますが、なんとも。そもそも、水路とおぼしき筋がたくさんあって・・・

Capu20111105_202329_007

###

名店街商店街から水路方向を移したところ。右側の車の後ろが水路跡。

Dscf5806

同じく。奥の車止めの先が水路跡。

Dscf5812

車止めから水路跡を覗く。

Dscf5816

旧町名の面影。区立川添公園。

Dscf5848

再び商店街からの写真。第六天神社の大木が見える。

Dscf5854

2011年11月 8日 (火)

中野駅北口の工事(11/4)

中野駅北口の工事ですが、ロータリーの北側の道路が閉鎖。

###

予告の看板。

Dscf5499

###

2011110408080000

2011110408080001

2011110408080002

2011110408090000

2011年11月 7日 (月)

自転車の件、この間つらつら書いてきましたが・・・【まとめ】

自転車の件、この間つらつら書いてきましたが、一応区切りを付けとこうと思います。

(1) 警察庁の通達にある幅3メートルはともかく、幅2.5メートル以下の歩道では自転車の通行を許すべきではないと思います。日本の肩幅の平均がおよそ40センチメートル、自転車の幅が60センチメートル。1.5メートルでは、「右端<>自転車<>自転車<>左端」となった場合、それぞれの間隔は10センチメートルにしかなりません。そうした数字のお遊びはともかくとして、人と人との現実的な距離感覚からすると、どんなに親しい間柄でも、最低20センチメートルの間隔は必要です。人と人とがすれ違うだけでも、1.4メートル以上は必要。自転車と人、自転車と自転車がすれ違う場合は、安全上、それより大目に見ておく必要があると思います。ちなみに、車いすのすれ違いに2.1メートル必要とされています。

(2) 一方で、単純に自転車を車道におろすことにも問題があります。歩道を走る自転車でのルールの守られなさぐらいと同様に、車道を走る自転車についてもルールが守られていないのが現実です。中野通りについていえば、タクシーで哲学堂方面に向かうと、その間だけでもかなり危険なシーンを目にすることができます。つまり、運転士さんはそのあいだ、常に緊張にさらされていることになります。自転車を車道で走らせる場合には、自転車専用のレーンをもうけること。また、可能な限りガードレールやセーフティコーンで区分することが必要と思います。

(3) 中野通りの場合、西武新宿線の踏切から北、哲学堂下の交差点までは、左右の端一車線は自転車専用としても差し支えないのではないか、と思われます。現状、パーキング・メータが設置されていますが、利用状況や周辺の駐車場の配置の状況にはよっては撤去。また、朝は工事用車両の待機所になっているのが現実で、これをこそ適正化すべきと考えます。また、踏切以南から新井交差点までの間も、東側一車線の半分と歩道の半分について、自転車専用としても問題ないと思われます。踏切の存在を含んでも、この付近の渋滞はかなり改善されているというのが実感です。

(4) 早稲田通り以北、中野通りから環七通りまでの間の自転車利用者は、最終的にはそのほとんどが、自転車駐車場につながる中野区役所と中野サンプラザの間の細い道を目指します。そのため、新井五差路の交差点付近までは中野通りを使っても、そこから先は新井二丁目地内に入ってしまう利用者ほとんどです。ここは、普通の住宅地ですので、道路の幅や曲がり角の見通しがきかないため、この地域に大量の自転車が流入することで歩行者が危険にさらされています。朝夕の通勤時間帯に限って、新井二丁目町内の自転車の通過を阻止するような(中野通りを通るように誘導するような)方策を講ずる必要があると考えます。

(5) 自転車を車道におろす場合には、バス停への配慮が必要になります。自転車専用レーンを設置した場合にバス停をそこまで移動する、あるいは、現在の位置から乗車する間の距離が長くなることにより、乗車に時間が余分にかかることついての考慮が必要です。また、バス停にはバス待ちの人がいるために、歩道の有効幅が狭くなります。自歩分離が実現しなくても、バス停の周辺では、確実に自転車の速度が落ちるような仕組みが必要です。

###

こちらは、山手通り。宮下交差点付近。

Dscf5927

このぐらいの幅があれば自歩分離も容易ですが、いたずらに道路の幅を広くすることがいいことだとも思えません(道路の幅で、その両脇に建てられる建物大きさが決まってくるので)。また、広い道路で、地域が分断されることも、容易に想像できます。

Dscf5926

これだけ整備された歩道でも・・・

Dscf5925

やはり最後は、モラルやマナーだけが頼りなんですが。

幼児、小学生の自転車利用の規制も検討すべきと思います。自転車はその特定から転送しやすく、また、転倒した状況によっては事故を防ぐことができません。脚力が十分でない幼児や小学校低学年の児童が、車道と分離されていない歩道または自動車専用レーンを走行することは、まさに危険と隣り合わせであってこれらの自転車の利用そのものを禁止すべきだと思います(現在も、地域によっては小学校低学年の自転車の利用を規制しているところがあるように聞いています)。また、これらの年代にとって自転車は、移動の手段ではなく遊具であって、保護者と同伴で適切な公園等に移動することによって、安全に自転車で遊ぶことは可能になります。

一方、小学生が学習塾や習い事の往復に自転車を利用する例も珍しくありませんが、無灯火、並進、スピードの出し過ぎなど、実は夕方の自転車でもっとも危険なのは、こうした小学生が運転するものかもしれません。

どの学校でも、交通安全教育のためのイベントが実施されているとは思いますが、自転車を遊具ではなく移動の手段として使用する小学校高学年の児童に対しては、大人に対するのと同様の内容を周知するようにしなければならないと思います(自転車のルール、そのルールが必要な理由、罰則)。

また、このとき、対象の児童だけではなく、その保護者に対しても同時に同じなようについて周知するようにしなければなりません。というのも、子どもが交通法規を守ろうとしているのに、同行の保護者が信号を無視して交差点を通過してしまい、子どもがこれをあわてて追いかける、といったシーンに少なからず出くわすことがあるからです。

残念ながら、大人に対して自転車のルールは浸透しているとは言い難く、児童へのせっかくの指導が親のために台無しになると行ったことを避けるため、親子同時に指導する、といった試作が必要と思います。

###

下の写真は、桃園川緑道公園。かつてこの場所に橋があったことを示すモニュメントですが、自転車の速度抑制に役立っています。

Dscf4351

練馬区立とよたま中一丁目公園脇の歩道。本当は、環七通りの歩道のものを例に出したかったのですが、みあたらなかったので代わりに。

自動車、バイクの誤進入を防ぐための柵ですが、同様に自転車の速度抑制に効果があるように思われます。

Dscf2338

###

練馬区が配布しているチラシ。都営バスの車内で配布されていたもの。

Img071

賠償など現実的な内容も含まれており、よいチラシだと思います。

2011年11月 6日 (日)

中野区住吉町~映画「千年の愉楽」

中野区川添町(続)~中野区小滝町
http://dp.air-nifty.com/blog/2011/10/post-91cb.html

・・・名称不明の旧・川添町の水路跡が、谷戸川につながっていたことが判明したわけですが、たまたま近所で用があったついでに、またまた東中野に向かいました。

きょうの本命は川添町、そして谷戸川との合流点ですから、表題の住吉町についてはノープランでしたし、いまのところ、さしたる収穫もない。なのに早々と記事をアップするのは・・・最後に。

###

地図は、「東京都市計画地図~中野区」(1963年)の一部。赤色で囲んだ部分が住吉町の町域です。現在は中野区東中野四丁目。

Img072

いまのところ、旧町名の表示があったのはこれだけ。

Dscf5765

JR東中野駅東口に近い、小さな飲食店が集まる路地です。

Dscf5766

こちらに足を向けたのは、別件で探している風俗営業(風適法)のステッカー(というか、風俗営業の鑑札)を探そうと思ったためです。以前このあたりに住んでいたので、このあたりに飲食店が集中しているのは、知っていました。

Futeki

このステッカーは、こちらのお店のもの。

Dscf5771

その前後の雰囲気は、

Dscf5769

このような、

Dscf5772

感じですが、

Dscf5773

ぷらぷら歩いていると、おおっと!

Dscf5775

なにやら撮影中。

Dscf5780

実際には休憩中のようでしたが・・・じゃまにならないよう早々に退散。休憩中とはいえ、監督さんはディレクター・チェアに、どっか、と・・・見たことあるなー

###

台本の表紙にあったタイトルだけ控えておきました。で、調べてみると、

クランクイン初日、無事終了(若松孝二公式ブログ)
http://www.wakamatsukoji.org/blog/2011/11/post_158.html

なんと、若松孝二かんとくでしたー。

しかも、きょう(11月5日)がクランクイン。びっくりー。

遭遇記念に記事へのリンクを張って、宣伝のお手伝いとさせていただきたいと思います。

山本太郎と高岡蒼甫が映画でガチンコ共演!
若松孝二監督新作、中上健次が原作の『千年の愉楽』(シネマトゥデイ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111026-00000065-flix-movi

###

ただ、気がかりなのは、このあたりにも再開発の計画が持ち上がっているとのこと。

Dscf5768

変貌著しい東中野駅周辺で、このあたりも例外ではなさそうです。

Dscf5787

2011年11月 5日 (土)

ねこ日誌 2011/10 (2)

こちらは、門仲・深川の猫たち。

2011101412310002

完全に不審者を見る目。

2011101412310003

###

福住で。留守番中。

2011101412320001

###

清澄公園で。たまーに見かける猫。

2011102012530002

特に何があるわけでもないけど、木の根元でごろごろ。

2011102012530004

###

清澄三丁目のお寺。潜り込んで・・・

2011102412210000

で、ごろごろ。背中がひんやり。

2011102412210001

###

行儀のよい子。場所は失念。

2011102412220003

###

門前仲町。物干し台で昼寝するところ。

2011102612230000

2011102612230001

同じく門前仲町。

2011102812070000

とにかく眠い。

2011102812070001

###

永代でお稲荷さんを撮っていたら、「おまえ、なにしとるんや」みたいに様子を見に来た猫。

2011102812160002

貫禄十分。

2011102812170000

2011年11月 4日 (金)

ねこ日誌 2011/10 (1)

地元、猫道グループの野良猫さん。

2011100407410000

前にも載せたかも。珍しい、まだら猫と風邪ひき猫のツーショット。

2011100407410001

2011100407410003

###

同じく地元、二丁目公園グループ。

7月頃に生まれた子が、もうこんなに大きく。

2011100507390000

カメラを向けても逃げなくなりました。

2011101016110000

こちらは、大人組。

2011101207360001

じろーり。

2011101307370000

2011年11月 3日 (木)

都電荒川線の花電車+青色・楕円の放送受信章

都電荒川線の花電車。最終日の10月30日に見てきました。場所は飛鳥山電停付近。

王子駅前方面から登ってくる電車。

Dscf5656

このあたりから、だんだん動きが遅くなる。

Dscf5657

ゆっくり走る電車とともに移動しながら撮影。

Dscf5660

写真には写っていませんが、見物・撮影の人、多数。

Dscf5661

十分堪能できました。

Dscf5663

都営交通100周年記念 都電荒川線の花電車の運行について(東京都交通局)http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/news/toden/2011/tdn_p_201109121_h.html

###

ところで、この日飛鳥山界隈でうろうろしていたら、かねて探していたNHKの放送受信章(二代前のバージョン)を発見。

Dscf5591

うーん。ボケてる。

Dscf5592

お隣のお宅。どちらも空き家のようです。

###

王子に北は何年かぶりですが、豊島区から北区にかけての都電荒川線の沿線は、補助81号線の工事と立ち退きが同時に進行中。

以前、工事開始前にサンシャインの展望台から見たとき、その様子に驚かされましたが、工事が始まってまたびっくり。近々、歩いてみようと思います。

Dscf5668

2011年11月 2日 (水)

道路占用許可証

【訂正】昨日の記事について(中野通りの歩道の幅)
http://dp.air-nifty.com/blog/2011/10/post-d1b1.html

で、道路占用許可について触れました。

以前から気になって撮っておいた写真をいくつか。

###

門前仲町駅近の商店街で撮影したもの。永代通りに張り出した「日よけ」についての許可証。

第五建設事務所は墨田、江東、葛飾、江戸川の4区を管轄する、東京都建設局の出先機関。発行は「昭和49年度(1974年)」となってます。

2011091212250000

こちらは別の場所で撮影。昭和50年(1975年)のもの。

2011091212250002

こちらは清澄通りに張り出した看板の許可証。形状が異なりますが、上記と同様五建が、1967年から1968年にかけて発行したもの。有効期間は日付印で、都度記入していたようです。

2011092808510000

こちらは商品置き場。区道に面したお店のもので、発行は江東区。モザイクの部分はお店の方のお名前です。昭和62年(1987年)。

2011092712260000_masked

###

こちらは、道路占用とは別に、屋外広告物の許可証。景観法、東京都屋外広告物条例、(江東区の場合)江東区景観計画で、一定の大きさを超える看板には許可が必要になりますので、その許可証です。

2011092912150000_masked

###

本記事上部の、ステッカー式の許可証は、最近のものはまったく見かけませんので、当時とはルールが変わってしまったのかもしれません。

こちらはいまでも普通に見かける、工事現場の許可証。ちなみに、

(3) 看板を歩道においている店舗
http://egotadp.cocolog-nifty.com/blog/photos/uncategorized/2011/10/28/2011102817510000.jpg

の後ろのほうに見える現場の許可証です。

Dscf5532_masked

この許可証にあり「朝顔」ってなんだ、と思ったら足場からのものの落下を防止するための防護棚のことなんだそうです。なんか、横道それまくり・・・

###

屋外広告物(東京都都市整備局)

http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kenchiku/koukoku/

江東区景観計画(江東区都市整備部)

http://www.city.koto.lg.jp/seikatsu/toshiseibi/7774/keikankeikaku.html

2011年11月 1日 (火)

中野通りの歩道の幅

せっかくですので、中野通りの歩道の幅を、もう少し測ってきました。

###

中野通り西側の歩道。新井交差点の南側。

自動車歩道通行可、です。

Dscf5487

赤色と黄色の間の幅は・・・

Dscf5484

約2.5メートル。やはり、街路樹、植栽のあるところでは3メートルを下回ります。

Dscf5486

黄色のマークの右側は、丸井本社の敷地(公開空地)で、歩道ではありません。

###

ここからやや南(中野駅)のほう。あおい書店の前。

Dscf5488

このように、自転車が放置されているため・・・

Aoishoten_mae

実質1.4メートルしかありません。その結果、

Dscf5489

人も歩行者も、歩道におさまらない状況に。

放置自転車は、この近辺に用事にある人のものもありますが、大半は中野駅利用者のものと思われます。北口広場の工事のため、駐輪場が以前より不便になった結果、中野通り沿いの歩道は、駅前から新井交差点の北のほうまで駅利用者の自転車が放置されているのが現状です。

###

比較のために白線通り。街路灯の間は2.4メートル。

Dscf5491_masked

自転車も通ってよいことになっている。

Dscf5492

###

問題の中野駅前の工事。

このような表示がありますが、駅近で、ただでさえ混雑するこの付近。

Dscf5493

わざわざ自転車を降りる・・・

Dscf5496_masked

なんてことを・・・

Dscf5497_masked

するひとなんて・・・

Dscf5498_masked

いるわけ・・・

Dscf5500_masked

ないんであります。

ちなみに、このあたりも、広いところで2.6メートル、狭いところで1.5メートルといったところです。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

無料ブログはココログ

最近のツイート