« 【錦糸町界隈】鎮守稲荷大明神 | トップページ | 【錦糸町界隈】津軽稲荷の地口行灯 »

2014年1月29日 (水)

【錦糸町界隈】「サラ金」があったころ

1970年代から1980年代にかけて一般的になった「サラ金」の呼称。無担保、ただし高利の消費者金融業者のことですが、サラ金問題~バブル崩壊後の多重債務者問題~上限金利規制強化と中堅以下の業者の倒産、あるいは大手業者への吸収、などを経て、業界全体は見かけは大きく変わりました。

###

錦糸町界隈で初めて発見した、サラ金のポスター。東京03の市内局番が3桁から4桁に変わったのは1991年の元旦。なので、もう20年以上前のもの。よっぽど強力なのりが使われていたのか?

Kinshi_taihei_20130321_122211_065

下の3本は、江東橋のどこか。

Ncm_0247 Ncm_0248

Ncm_0249

昔は「電話担保」(電話加入権を担保にする)なんてのもありました。

Dsc_1823_7 Dsc_1824

「20万円まで即決」。上限金利規制がかかる前は、よくありました。

Dsc_1104

上の完全版。「サラリーローン」。

Ncm_0039

会社名が褪色で読めませんが、電話番号が上のポスターと1番違い。なんだかなー

Kamezawa_20130417_125720_119

サラ金とは違うけど、いまは消滅した電話加入権担保融資の広告。

Ncm_0003

こちらは引っ越し屋さんの広告。

Ncm_0194

サラ金ではないけれど、やはり社会問題になった「Q2ダイヤル」の広告。ちなみに、このサービスも来月末(2014年2月28日)をもって廃止になるとのこと。

Dsc_0947

###

サラ金とも電柱とも関係ないけど、江古田駅付近のたばこ屋さんの看板。

Ncm_0297

Ncm_0298

日住金は、かつて存在した住宅金融専門会社のなかでも最大手。1995年に破綻。破綻直前の融資残高は2兆円にものぼったとのこと。

「バブル崩壊」という言葉は通じても、「住専問題」とか「不良債権」とかいう言葉は、もうあまり聞かれなくなりましたね。

« 【錦糸町界隈】鎮守稲荷大明神 | トップページ | 【錦糸町界隈】津軽稲荷の地口行灯 »

みたまま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【錦糸町界隈】「サラ金」があったころ:

« 【錦糸町界隈】鎮守稲荷大明神 | トップページ | 【錦糸町界隈】津軽稲荷の地口行灯 »

無料ブログはココログ

最近のツイート