« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月10日 (日)

川崎駅付近の水路

川崎駅付近の水路、といっても痕跡はありません。

▼明治期の地図。水路を青色の破線で、橋の位置を黄色の三角であたりをつけました。

Kawasaki1

▼戦後すぐの航空写真。すでに水路は見られません。

Kawasaki2


▼現在の地図。

Kawasaki4

2016年7月 9日 (土)

池袋駅の北東~旧・西巣鴨

豊島区西巣鴨(1~4丁目)は現在も存在する地名ですが、1969年までの旧・西巣鴨(1~4丁目)は、現在の東池袋2~5丁目、北大塚2・3丁目、南大塚1丁目、巣鴨4・5丁目、上池袋1~4丁目、西巣鴨1~4丁目を含む広大なものだったようです。

昼公演の観劇の後、夜の予定まで時間が空いたので、池袋東口をぶらぶら。いつの間にか山手線の切り通しのあたりにたどり着きました。地名は池袋ですが、駅から少し離れると住宅密集地になります。

現在は上池袋一丁目に当たるところで、旧・西巣鴨二丁目の表札を発見。

Dsc_0037_15

ちなみにこのお宅、かつては謄写版の修正液やのり、製図用品などを製造していたところとのこと。

Dsc_0039_15


上池袋は、1969年までの(旧)池袋1・7・8丁目、堀之内町、(旧)西巣鴨2・3丁目を含んでいて、このうち堀之内町は町名としては消滅。山手線にかかる堀之内橋は、その名残です。

Dsc_0048_15

Dsc_0049_15

▼1960年代の地図。消滅した「堀之内町」が見える。線路とは無関係に(旧)池袋一丁目が広がり、それに接するように(旧)西巣鴨二丁目がある。地図の下の方に見える三角形は、巣鴨刑務所→スガモプリズンの敷地の一部。地図の当時は返還されて東京拘置所と称していた頃。

Img_3109

▼最近の地図。

Img_3110


« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

無料ブログはココログ

最近のツイート