« 川崎駅付近の水路 | トップページ | 軒下が気になる(豊島区長崎、千早) »

2016年8月16日 (火)

えんが堀(南の半分)

先日facebookにアップしたえんが堀の写真の撮影地です。
青色の実線、点線がそれにあたります。緑色の線は千川上水の跡を示します(参考)。

Engaborimap

青色の点線の部分=西武池袋線に沿った部分は、もともとのえんが堀ではなく、西武池袋線が敷かれてから作られた流れと思われます。実際には線路をくぐって南の方に伸びていたようです。

さくら小学校は2002年に千川小学校と大成小学校が統合されたもので、元の大成小学校の場所にあります。大成小学校が開校したのは1952年ですので、1947年の航空写真にはまだありません。この当時はまだ農地がところどころに残っていたようです。

▼1963年の航空写真

Engabori1963

この写真の奥に見える建物は、「日本通運江古田流通センター」といいますが、1963年まで西武市場駅という貨物駅がありました。元は長江駅という名称で1945年に開業、都内の集められた屎尿がここに集められ、貨車で清瀬、狭山ヶ丘、高麗の各駅に送られ、肥料として利用されたとのことです。

西武池袋線は開業当時「西武農業鉄道」という会社が運営していましたが、この社名はこのことに由来します。1953年に屎尿の輸送は終了し、名称が西武市場駅と改められましたが、どのように使われていたのかよくわかりません。

▼1947年の航空写真

Engabori1947

ちなみに1963年の航空写真の左下隅に大きな建物が写っています。現在はクレディセゾン(旧・西武クレジット)の「ユビキタス東京」があるところです。以前、この建物の写真について「西武百貨店江原町店」のキャプションがついたものを見たことがあるのですが、これもさっぱりわかっていません。

« 川崎駅付近の水路 | トップページ | 軒下が気になる(豊島区長崎、千早) »

水辺を歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602969/64065105

この記事へのトラックバック一覧です: えんが堀(南の半分):

« 川崎駅付近の水路 | トップページ | 軒下が気になる(豊島区長崎、千早) »

無料ブログはココログ

最近のツイート