« えんが堀(南の半分) | トップページ | ハート×ストリングス活動休止 »

2016年8月18日 (木)

軒下が気になる(豊島区長崎、千早)

古いものが好きなので、町をぶらぶらしていても、やはり古い建物に目が行きます。
そして、軒下が気になります。

▼長崎。東京商工会議所の会員であることを示す標識(金属製)。現在は年度ごとのステッカーを貼るようになっています。いつ頃のものかは不明。「工」の字の縦棒を曲げてあるあたりに時代を感じます。

Dsc_0134

▼千早。古い建物ではありません。同じ集合住宅の表札で、上は「千早町3-XX」(3丁目XX番地)、下は「千早3丁目X-Y」(3丁目X番Y号)。豊島区内でも池袋駅の西に広がる一帯は、住居表示の実施が遅くて1989年。いまでも、地番表示の表札が多く見られます。

Dsc_0138_2

Dsc_0139_2

▼長崎。「関配」は関東配電株式会社の略で東京電力の前身。1942年に配電統制令(国家総合員法による配電事業の国家統制)で設立された会社。1951年まで存在。この建物が戦前からあるものかどうかは不明ですが、「関配」の標識は、この近辺でよく見かけます。左の丸いのは東京都水道局、右は家屋調査済証。

Dsc_0172

▼長崎。標識がずらり。上から、青色の楕円はNHKのテレビジョン契約の放送受信章。テレビ放送が開始された1953年から1962年までに交付されたもの。

銀色の菱形のものは、1950年にシャウプ勧告に基づき新設された固定資産税に基づく家屋調査済証の最初のもの。1949年から1950年にかけて交付されたもので、個人的にはこれがあると、戦前建物か、と推測する基準になっています。

物干し竿の後ろの菱形のものは不明、その下の銀色丸形のものも判読不能(わりとよく見かけるのですが)。その下1枚剥落した跡があるのですが、おそらく関配または東電のものが貼ってあったのではないか、と。

赤色の星印は東京ガス。その下の丸形は東京都水道局。

Dsc_0212

これだけずらりと貼ってあるのは、以前環七沿い(練馬区内)で遭遇した建物以来かも。

長崎は、一丁目は空襲に遭っていますが、それより西はあっておらず、長崎二丁目から六丁目、練馬区旭丘にかけては、戦前から、もしくは、戦後すぐの建物がかなり残っているように受けられます。



« えんが堀(南の半分) | トップページ | ハート×ストリングス活動休止 »

昔の地名」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軒下が気になる(豊島区長崎、千早):

« えんが堀(南の半分) | トップページ | ハート×ストリングス活動休止 »

無料ブログはココログ

最近のツイート