« CleanXLSをリリースしました | トップページ | FUBAKO Version 1.0をリリース »

2017年5月31日 (水)

通知領域の無効なアイコンを消すには

Windowsの通知領域にアイコンを表示するアプリケーションがあります。

便利ではあるんですが、何らかの問題で、実際にはプログラムは停止しているのに通知領域のアイコンが表示されたままになる。あるいは、停止してまた起動すると、同じアイコンがいくつも表示されたり、というようなことがあります。

マウスですっとなでると無効なアイコンは消えてくれますが、やはりできれば勝手に消えてくれて欲しいところ。

ところが、調べてみても「マウスですっとなでる」以外に方法がないようです。

その方向で調べてみると、「マウスですっとなでる」のソースを公開してくれているサイトがありました。

Refreshing system tray icons programmatically
- stackoverflow
https://stackoverflow.com/questions/8342614/refreshing-system-tray-icons-programmatically

20170531_2_50

C# Refreshing System Tray Icon programatically.
- Dot Net Developer Blog
http://maruf-dotnetdeveloper.blogspot.jp/2012/08/c-refreshing-system-tray-icon.html#!/2012/08/c-refreshing-system-tray-icon.html

20170531_3_50

LP#TrayIconBuster
- CODE PROJECT
https://www.codeproject.com/Articles/19620/LP-TrayIconBuster

20170531_50


3番目のサイトではEXEも公開されています。

スタートアップにショートカットを放り込んでおくと常駐します。通知領域に「バスター」のアイコンが表示されます。デフォルトでは5秒ごとに、通知領域を「マウスですっとなでる」ようになっています。とりあえずは、これで十分。

« CleanXLSをリリースしました | トップページ | FUBAKO Version 1.0をリリース »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通知領域の無効なアイコンを消すには:

« CleanXLSをリリースしました | トップページ | FUBAKO Version 1.0をリリース »

無料ブログはココログ

最近のツイート