« URL Decoder Version 2.0をリリースしました | トップページ | 【メモ】どこまでだったOK、とかいうことではないでしょう »

2017年7月 7日 (金)

CleanXLS Version 1.2をリリースしました

CleanXLS Version 1.2をリリースしました。

20170707_2

CleanXLSは、Excelのシートの体裁~~~フォントの種類や大きさ、カーソルの位置、表示の倍率などを、一括して設定するツールです。適用するブックは、フォルダを指定するかドラッグアンドドロップで指定します。

今回追加したのは、ユーザー設定のスタイル(セルの書式)とセル範囲の名前の定義を一括して削除する機能です。

前者は、Excelの仕様の上限を超えて登録された場合、ブックの保存やシートのコピー・移動などに支障が発生した際に、後者は、名前の一覧に表示されない定義を削除することができないため、シートのコピー・移動などに支障が発生した際に、それらを回避するためのものです。

ただし、実際に使用されているスタイルや名前の定義を含め、一律に削除してしまうため、これらの機能を使用している場合には注意が必要です。(処理を開始するときに警告のメッセージを表示します。)

CleanXLSは、こちらのページで公開しています。
http://egotadp.biz/products/cleanXls/index.htm

###

なお、上記のような現象については、すでにわかりやすい記事が多数公開されています。

Excel-名前の管理を削除する
http://capm-network.com/?tag=Excel-%E5%90%8D%E5%89%8D%E3%81%AE%E7%AE%A1%E7%90%86%E3%82%92%E5%89%8A%E9%99%A4%E3%81%99%E3%82%8B

Excelファイル内に勝手に増殖したセルの書式をまとめて削除する方法
http://qiita.com/hkuno/items/87f06368855a9e72b0fe

« URL Decoder Version 2.0をリリースしました | トップページ | 【メモ】どこまでだったOK、とかいうことではないでしょう »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CleanXLS Version 1.2をリリースしました:

« URL Decoder Version 2.0をリリースしました | トップページ | 【メモ】どこまでだったOK、とかいうことではないでしょう »

無料ブログはココログ

最近のツイート