« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月30日 (水)

今週の日経ビジネス

今週の日経ビジネス。日本の漁業を特集しているが、生産者批判に終始。冒頭の例示から違和感。魚価の高騰により500円ランチにする魚の調達に苦労している、提供できる魚の種類が限られてくる、と。

ただ、この店舗がさくら水産天王洲店。文中にもあるとおりオフィス街に立地する店舗。こうした立地の店舗で「500円ランチ」を売りにすることに、そもそもの違和感。安定した収入のある人が客層の大半を占める店舗であれば、品質にこだわったりや多様な選択肢を提供するなど、低価格のメニューに頼らずとも打つ手はいくらでもあるはず。

生産者に対する応分な負担、といった消費についての考え方の転換がなければ、いつまでたっても安値で買いたたく、という構造から抜け出すことはできないはず。

傍観者の立場で、一見独善的に見える、あるいは、前近代的に見える生産者の在り方を批判するのはたやすいが、消費者や流通過程(特に小売り、特にスーパーや外食)の現状を問題なし、と前提するならなんと皮相な特集だろうか。

http://business.nikkeibp.co.jp/nbs/nbo/base1/index.html?xadid=001

Dsc_0001_2


https://www.sakusui.jp/shop/detail.html?shop=063

20170830


2017年8月29日 (火)

CHGHEX Version 5.3をリリース

文字列と各種の文字コードを相互に変換するツール、CHGHEXの新しいバージョンを、1年余ぶりにリリースしました。変換する文字コードはこれまで、シフトJIS、EBCDIC、JEF、UTF-8、Unicodeに加え、JISに対応しました。

20170829

JISは、1バイトコードと2バイトコードや半角カタカナの切替をシフトコードを挟むことで実現していますが、CHGHEXではEBCDICやJEFと同様、シフトコードを扱っていません(あくまで文字とコードの変換を簡易に参照できるようにするために)。したがって、半角の文字が連続している場合や、半角と全角が混在している場合は、正しく返還されない場合があります(全角として認識することを優先)。

ダウンロードはこちらから。

http://egotadp.biz/products/CHGHEX/index.htm

2017年8月16日 (水)

【毎日新聞】 ウラから目線 女性、男性、その他=福本容子

引用元はfacebook(8/16)

https://www.facebook.com/mochizuki.kazuo/posts/1026411707495860?pnref=story

引用ここから「

ウラから目線 女性、男性、その他=福本容子

毎日新聞2017年8月15日 東京夕刊

 誘惑に負け、ついにアップルウオッチを買ってしまった。米アップル社の製品で、腕時計というよりスマートフォンが腕時計になった感じ。

 ワクワクしながら初期設定をしていてハッとした。自分の性別を選ぶところで、選択肢の順番が女性先、男性後になっていたのだ。半世紀以上の人生で初の体験かも。

 それにしてもなぜ今まで、疑問に思うことなく2番目に○をしてきたのだろう。少なくとも日本では女性が過半数。たまに1番目があっても罰は当たらないはずだ。何万回と繰り返すうち、「女性は2番目」が脳に刷り込まれてしまったみたい。

 驚きはそこで終わらなかった。性別の選択肢に3番目があったのだ。「その他」。「女性」も「男性」も選びたくない人たちのためなのだろう。「同じ立場の人たちを励ましたい」と、自分が同性愛者であることを公表した最高経営責任者がいるアップル社らしい。

 でもアップルだけじゃなかった。

 カナダでは今年、役所が親の希望に応える形で、生後8カ月の赤ちゃんに、性別を記さない健康保険証を初めて交付したそうだ。

 英国では、ミスター(Mr=男性)、ミセス(Mrs=既婚女性)、ミス(Miss=未婚女性)、ミズ(Ms=既婚女性でも未婚女性でも)に加え、最近ミクス(Mx=誰でも)の使用が増えているという。

 米国のハーバード大学は、入学した学生が学生登録をする時、どの代名詞で呼ばれたいか選んでもらっている。選択肢には、「he(彼)」、「she(彼女)」に加え、中立的な「ze」という新しい単語も。通常複数形(彼ら)で使われる「they」を1人の人に対して使うことも可だ。他の大学でも動きが広がっている。

 その点、日本語は便利。「様」や「さん」は男女関係ないし、いちいち「彼」とか「彼女」とか代名詞を使う必要もない。世界の先端。ここはもう一歩踏み込んで、何の疑問もなく日々繰り返される「男」「女」の性別選択をやめてみては?

 「女は2番目の性」という刷り込みと決別する意味があるし、女か男かの枠にはめられたくない人たちの苦痛を和らげることもできそう。

 まずは問いかけることから始めたい。その性別欄、本当に絶対に必要ですか?(論説委員)

」引用ここまで

2017年8月14日 (月)

少額短期保険業者のリストを更新しました

8月2日に、テラ少短が商号を変更して「医師が考えた少額短期保険株式会社」になりました。

http://egotadp.biz/insurance/shogaku.htm

###

▼医師が考えた少額短期保険(株)

Sn00005


同社はがん保険、特に「がん細胞免疫療法」の費用を補償する商品に特徴があります。

2017年8月12日 (土)

【毎日新聞】 エスカレーター「片側空け」見直し 理学療法士呼びかけ

# 記事はfacebook 2017/8/12

引用ここから「

エスカレーター「片側空け」見直し 理学療法士呼びかけ

毎日新聞2017年6月13日 22時39分(最終更新 6月14日 01時31分)

障害者「ベルト大切な支え」 2020年歩く人ゼロに

 歩く人のためにエスカレーターの片側を空ける習慣を見直してもらおうと、東京都理学療法士協会が18日、都内の鉄道駅でPR活動をする。「片側空け」は、事故防止や混雑緩和などの観点から鉄道会社や業界団体が自粛を呼び掛けているが、同会が強調するのは「体が不自由で、歩く側の手すりベルトにつかまりたい」という患者や障害者の存在。2020年東京五輪・パラリンピックまでに「歩く人ゼロ」を目指すという。【堀井恵里子】

 脊髄(せきずい)の病気で両手につえを持つ埼玉県和光市の会社員の女性(46)は毎日、通勤で都営大江戸線の赤羽橋(あかばねばし)駅を使う。一番緊張するのが地上までに2カ所あるエスカレーター。階段にして約100段、4~5階に相当する長さがある。エレベーターは向かう方と逆の位置にあり、長い距離を歩かねばならない。

 右手の方が自由が利くので、できれば右のベルトにつかまりたい。しかし、首都圏の暗黙のルールは「止まって乗る人は左側」。これに従って、乗り降りの訓練時から左のベルトを使うようにしてきた。荷物がぶつかってヒヤリとしたり、右手のつえが蹴飛ばされないかと気をもんだりして「右に乗った方が安心できる」という。

 支援に乗り出したのが、リハビリの専門職らが集まる都理学療法士協会。18日に学術大会が開かれるのに合わせ、会場に最寄りの練馬駅(西武線、大江戸線)周辺で、エスカレーターの歩行禁止を呼び掛けるチラシ配布やシール投票をする。スタッフがエスカレーターで右側に止まって乗り、一般の乗客に「右側歩き」を考え直してもらう実演も予定している。交通事故や脳卒中の後遺症などでも、こうした片半身の障害が残りやすいという。

 昇降機メーカーで作る「日本エレベーター協会」によると、2013~14年にエスカレーターの事故は1475件起き、うち7割が転倒。年齢では60歳以上が約6割を占める。同協会の16年度の利用者アンケートでは、57%が「エスカレーターで人やかばんとぶつかり、危険を感じたことがある」としつつ、84%は「自分も歩いてしまうことがある」と答えていた。

 公益財団法人「交通エコロジー・モビリティ財団」でバリアフリーを担当する松原淳・企画調査課長は「子どもや視覚障害者は、介添え者が横に立った方がいいケースもある。片側を歩くのは転倒事故にもつながり、問題点が多い」と指摘する。

」引用ここまで

2017年8月 7日 (月)

FUBAKO Version 1.3をリリース

クリップボードを監視して、変化があったら即、テキスト・ファイル、イメージ/ファイルに出力するツール、FUBAKO Version 1.3 をリリースしました。

http://egotadp.biz/products/FUBAKO/index.htm

###

基本の機能はこれまで通りですが、ファイルを書き出したときに、バルーンヘルプを表示することができるようになりました。

下図は、Windows7の例です。Windows7のバルーンは、さほど圧迫感は感じませんが、Windows10だと、かなり派手な表示になりますので、ちょっと躊躇するところ。

20170807_130918

ちなみに、バルーンをクリックすると、あらかじめ設定されている保存フォルダを開きます。

20170807_1_50

###

あと、通知領域のFUBAKOのアイコンを右クリックしたときに表示されるメニューからも、保存フォルダを開くことができるようにしました。

20170807_131510








2017年8月 5日 (土)

少額短期保険業者のリストを更新しました

6月から7月にかけて登録された業者を追加、変更しました。

http://egotadp.biz/insurance/shogaku.htm

▼エール少額短期保険(株)…弁護士費用保険

20170805_1_50

▼リボン少額短期保険(株)…認知症保険

20170805_3_50

▼メディカル少額短期保険(株)…賠責

ホームページはまだ開設されていないようです。所在地から推測するに、(一社)日本看護学校協会共済会の関連ではないか、と。こちらは医療・看護関係の学校の生徒や看護職向けの保険商品を扱っています。

###

金融庁のリストには、6月から「新規登録業者については、営業開始後を目途に掲載いたします。」の注意書きが。そのためなのか、上の3社のうち、エール、リボンはリストに載っていません。ホームページの有無が営業実態の有無とイコールではないにしろ、どういう事情による注意書きなのか???

###

上記のほか、弁護士費用保険のプリベント少額短期保険(株)が、本社を仙台から東京に移し、所管も東北財務局から関東財務局に変わりました。

以前、持株会社であるプリベントホールディングス(株)には、東北財務局から行政処分が出されていました。業務改善計画で、ホールディングス社は清算し、少短の1社体制に移行することになっていたものです。

20170805_2_50


###

見落としですが今年2月、キャンセル費用保険のチケットガード少額短期保険(株)がAWPチケットガード少額短期保険(株)に社名を変更。株式の100%を保有するミレア・モンディアル(株)-ミレアとアリアンツ傘下のモンディアル・アシスタンス・グループの合弁会社-が、出資比率の変更によりアリアンツ・グローバルアシスタンス・ジャパン(株)を経てAWPジャパン(株)に社名変更したことにともなうもの。AWPは Allianz World Partners の略。

20170805_50

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

無料ブログはココログ

最近のツイート