« DP Compare Version 2.0をリリースしました | トップページ | 少額短期保険業者のリストを更新しました »

2017年10月 2日 (月)

Excelのセルのスタイルが削除できない - Clean XLS 1.2.7をリリースしました

拙作、Clean XLSはVersion 1.2で、セルのスタイル、セルの名前を一括して削除する機能を追加しました。Excelのブックを使い続けているうち、セルのスタイルやセルの名前が知らないうちに増えていって、上限を超えるとシートのコピーや移動ができなくなったりする、といったトラブルに対応するためです。

Excel 2010では、セルのスタイルの上限は64000とされていますが、実際にはもう少し多いです。

Excelの仕様および制限
https://support.office.com/ja-jp/article/Excel-%E3%81%AE%E4%BB%95%E6%A7%98%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3%E5%88%B6%E9%99%90-1672b34d-7043-467e-8e27-269d656771c3#ID0EBABAAA=Excel_2010

ところが、セルのスタイルの定義が、何かのトラブルで壊れてしまっているものがあると、手動でも削除することができません。

Sc_201710021011241_20

画面をスマホで撮影したものなので見にくいですが、スタイルの名称が文字化けしていたりします。

Version 1.2で上記のようなものを含むブックを処理した場合、処理が停止してしまう不具合があることが判明しました。参考にしたVBAでは、特に明示しなくてもエラーを無視して処理を続行するようになっていたので、同様のロジックにしていたのですが、VBの場合はエラーを無視するロジックを明示的に入れておかなければならないようです。Version 1.2.7でそのように対応しました。

Cleanxls127_ss


http://egotadp.biz/products/cleanXls/index.htm

###

では、手動でもマクロ(VBA)でも削除できないセルのスタイルは、どうやったら消せるのでしょうか? ・・・と検索していたら、このような記事に突き当たりました。

Excelの呪い 消せないスタイルと外部リンクの強制削除|ありふれた日記
<https://ameblo.jp/iwashi2017/entry-12209217915.html>

いやー、xlsxやxlsmの実体がZIPファイルとは知りませんでした。この件だけでなく、いろいろ応用できそうです。いろいろ試してみたいと思ってます。



« DP Compare Version 2.0をリリースしました | トップページ | 少額短期保険業者のリストを更新しました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602969/65865285

この記事へのトラックバック一覧です: Excelのセルのスタイルが削除できない - Clean XLS 1.2.7をリリースしました:

« DP Compare Version 2.0をリリースしました | トップページ | 少額短期保険業者のリストを更新しました »

無料ブログはココログ

最近のツイート