« 2017年12月 | トップページ

2018年1月

2018年1月 8日 (月)

【きょうの調べ物】1972年の年賀切手とお年玉切手シート

知人に教えてもらった、今年の年賀はがきにまつわること。

###

(公財)日本郵趣協会の2017/11/3のツイートhttps://twitter.com/kitteclub/status/926280784041988096

イヌのフジさんの年賀はがきには、犬の鼻に「フじ」(富士)の文字が隠されています。消印の犬の足跡の爪には「FUJI」(富士)があり、下の部分にはマイクロ文字で「あけましておめでとうございます」が隠されています。

20180108_045624

###

Dsc_0060_50pc


うーん・・・・・・・・・見えん。老眼と近眼の合わせ技では、この程度のルーペではどうにもなりませんでした(^_^;) 皆さま、お確かめください。

###

ここでふと気づいたこと。昨年6月に郵便料金の改定があり、第二種郵便物(はがき)は、52円から62円に引き上げられました。ただ、年賀特別郵便(年賀はがき)については52円に据え置かれました。今年限りの激変緩和措置というわけではなく、今後もそのようになるようです。

このように、通常の料金と年賀状の料金が異なる、ということで思い出したのが、1972(昭和47)年の年賀切手とお年玉切手シートです。

この年の2月1日にも郵便料金の改定があり、はがきは7円から10円に引き上げられました。年賀切手は前年の12月に発売され、このときの額面は7円です。

お年玉切手シートは、抽選日が1月15日、20日から引き替え開始です。で、はがきの料金の引き上げを控えているということで、お年玉切手シートは額面10円で作成されました。額面10円の「年賀切手」が、当選者しか入手できないとなると公平を欠くということで、一般にも発売されました。

そういう経緯で、1972年の年賀切手は、額面の異なる2種類が存在するのです。実際には、額面10円の年賀切手は、年賀状の用途には使われなかったと思うのですが…

▼前年(1971/12/10)に発行された年賀切手(額面7円)

20180108_052016

▼1972/1/11に発行された「年賀」切手(額面10円)

20180108_052022

▼お年玉切手シート (1972/1/20から引き替え)

20180108_052002

http://www.yuubinsyumi.com/shopdetail/000000004091/
http://www.yuubinsyumi.com/shopdetail/000000004092/
http://www.yuubinsyumi.com/shopdetail/000000003652/ct287/page1/recommend/

その例で行けば、今年も年賀状は52円、通常は62円と、料金が異なるので、もしかしたらお年玉切手シートは額面が62円になるのか? と思ったのですが………

………意外に年初の郵便料金改定は、その後も何回もありましたが、お年玉切手シートが改定後の料金の額面で作成されたことはありませんでした。

1976(昭和51)年1月25日 (10円→20円)
http://www.yuubinsyumi.com/shopdetail/000000004096/
http://www.yuubinsyumi.com/shopdetail/000000003656/ct287/page1/recommend/
年賀切手もお年玉切手シートも額面は10円。

1981(昭和56)年1月20日 (20円→30円)
http://www.yuubinsyumi.com/shopdetail/000000003661/ct287/page1/recommend/
http://www.yuubinsyumi.com/shopdetail/000000004101/ct285/page1/recommend/
年賀切手もお年玉切手シートも額面は20円。

1994(平成6)年1月24日 (41円→50円、62円→80円)
http://www.yuubinsyumi.com/shopdetail/000000004124/ct286/page1/recommend/
http://www.yuubinsyumi.com/shopdetail/000000004125/ct286/page1/recommend/
http://www.yuubinsyumi.com/shopdetail/000000003674/ct288/page1/recommend/
年賀切手もお年玉切手シートも額面は41円+62円。

したがって、今年もそのようなことはないようです。どうしてそのような経緯になったのかわかりませんが、1972年だけのことのようです。

###

これらのことを調べていて初めて知ったのですが、通常のはがきと年賀状とで料金が異なる、というのが以前にも、しかも割りと長い間存在したのでした。

1951(昭和26)年11月1日に郵便料金が改定され、はがきはそれまでの2円から、通常は5円、年賀は4円に改定されました。そして、1952(昭和27)年の年賀状に限っては2円に据え置かれたのです。この料金は、1966(昭和41)年7月1日の郵便法改正ではがきの料金が7円に引き上げられるまで続きました。

▼1952(昭和27)年の年賀はがき (額面は2円)

20180108_055741

▼1953(昭和28)年と1954(昭和29)年の年賀はがき

20180108_060057

右の1954年用の年賀はがきには、「12月14日以前、1月11日以後に差し出すとき、年賀状としないときは1円切手を貼り足せ」との注意書きがあります。

###

以上、きょうの調べ物、でした。

https://twitter.com/kitteclub/status/926280784041988096https://twitter.com/kitteclub/status/926280784041988096https://twitter.com/kitteclub/status/926280784041988096

【きょうの調べ物】三和信用金庫(東京)

都内の各地で時折見かける古い街区表示板。1960年代後半のものと推測しています。

002_nakanoku_chuo_36

http://egotadp.biz/region/ichiichi/114_nakanoku.htm

###

三和信用金庫(東京)は、1991年に東海銀行(当時)に合併されました。三和信金は債務超過の状態にあり、救済のために吸収合併されたものでした。バブルが崩壊し始めた時期で、中小金融機関は大手金融機関が救済する、という手法をとっていることでした。

組織再編対価の柔軟化と合併本質論 : 企業結合法理の再構築に関する試論
(井上能孝/九州法学会会報 2007)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kla/2007/0/2007_47/_article/-char/ja/

本店は新中野駅の近くにあったとのこと(現在は中野警察署の仮庁舎)。しばらくは東海銀行新中野支店として営業していましたが、東海銀行と三和銀行が合併してUFJ銀行ができた2002年までには消滅していたようです。UFJ銀行は、2006年に東京三菱銀行に救済合併され、三菱東京UFJ銀行となりました。

20180108_011109

(官報 平成3年6月28日)

###

三和信用金庫の店舗は、本店(新中野)、南中野、幡ヶ谷不動、中村橋、南長崎、徳丸、戸田、台東、日暮里、三ノ輪、品川、本蓮沼、中野弥生町にあったとのこと。

南長崎にも店舗があったとのことで検索してみたところ、このような記事が…

20180108_011542

全昌院
http://www.zenshoin.com/

週刊 「へぇーそ!五郎久保」 第 39号
http://www.zenshoin.com/category8/category16/blog39.pdf

###

以上。きょうの調べ物でした。

2018年1月 6日 (土)

「保険金が使える」という住宅修理サービス

先月から、自宅界隈に出没してます。直接訪問1回、チラシ投げ入れ2回。

Dsc_0061_50pc_2


どう見ても怪しいので団体名で検索してみたら、団体のサイトの前に、注意喚起のページが続々とヒットしました(^_^;)

###

「保険金が使える」という住宅修理サービスのトラブルにご注意ください!
(独)国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140627_1.html

住宅の修理に関するトラブルにご注意
(一社)日本損害保険協会
http://www.sonpo.or.jp/news/caution/syuri.html

"無料で住宅修理"トラブルに注意
(NHK生活情報ブログ)
https://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/800/140773.html

###

この団体・・・

(一社)住宅修繕保険申請支援機構
http://hoken-shinsei.net/

・・・なんですが、所在地で検索すると、バーチャルオフィス(机貸し)でした。https://www.1sbc.com/branch/kojimachi/

やれやれ。

« 2017年12月 | トップページ

無料ブログはココログ

最近のツイート