2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 「保険金が使える」という住宅修理サービス | トップページ | 【きょうの調べ物】1972年の年賀切手とお年玉切手シート »

2018年1月 8日 (月)

【きょうの調べ物】三和信用金庫(東京)

都内の各地で時折見かける古い街区表示板。1960年代後半のものと推測しています。

002_nakanoku_chuo_36

http://egotadp.biz/region/ichiichi/114_nakanoku.htm

###

三和信用金庫(東京)は、1991年に東海銀行(当時)に合併されました。三和信金は債務超過の状態にあり、救済のために吸収合併されたものでした。バブルが崩壊し始めた時期で、中小金融機関は大手金融機関が救済する、という手法をとっていることでした。

組織再編対価の柔軟化と合併本質論 : 企業結合法理の再構築に関する試論
(井上能孝/九州法学会会報 2007)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kla/2007/0/2007_47/_article/-char/ja/

本店は新中野駅の近くにあったとのこと(現在は中野警察署の仮庁舎)。しばらくは東海銀行新中野支店として営業していましたが、東海銀行と三和銀行が合併してUFJ銀行ができた2002年までには消滅していたようです。UFJ銀行は、2006年に東京三菱銀行に救済合併され、三菱東京UFJ銀行となりました。

20180108_011109

(官報 平成3年6月28日)

###

三和信用金庫の店舗は、本店(新中野)、南中野、幡ヶ谷不動、中村橋、南長崎、徳丸、戸田、台東、日暮里、三ノ輪、品川、本蓮沼、中野弥生町にあったとのこと。

南長崎にも店舗があったとのことで検索してみたところ、このような記事が…

20180108_011542

全昌院
http://www.zenshoin.com/

週刊 「へぇーそ!五郎久保」 第 39号
http://www.zenshoin.com/category8/category16/blog39.pdf

###

以上。きょうの調べ物でした。

« 「保険金が使える」という住宅修理サービス | トップページ | 【きょうの調べ物】1972年の年賀切手とお年玉切手シート »

昔の地名」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602969/66253429

この記事へのトラックバック一覧です: 【きょうの調べ物】三和信用金庫(東京):

« 「保険金が使える」という住宅修理サービス | トップページ | 【きょうの調べ物】1972年の年賀切手とお年玉切手シート »

無料ブログはココログ

最近のツイート