2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 【暗渠】えんが堀 (西武池袋線以南) | トップページ | 新宿区上落合 »

2018年2月12日 (月)

【お昼休みに暗渠】中野区小滝町の煙突

(承前) 【お昼休みに暗渠】谷戸川の支川
http://egotadp.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-284a.html

###

暗渠につきものの銭湯ですが、谷戸川の支川(中央線以北)のそばには、2本の煙突が見えます。地図記号としてはあくまで「煙突」なので、直ちに銭湯とはいえません。この2本の煙突については、ちょこっと調べたぐらいではわかりませんでした。

このあたりの神田川のそばは工場が立地していたようで、工場の煙突ではないかとみています。

Yatogawashisenentotsumap_sengo_25pc

▼煙突(1)のあたり。東方向を向いて写しています。左奥は亀齢(きれい)橋。

Dsc_0192_25pc

▽少し進んで西方向の写真。この道だけ、どういうわけか鍵の手になっています。「ここ、昔銭湯だったんだよ」って言われたら信じちゃいそうなロケーション。

Dsc_0193_25pc

▽鍵の手の突き当たりの所とそこの向かいのマンションの名前を見るとわかるのですが、以前は「百万石醸造」の工場があったようです。いまでも本社がここにあります。その工場の煙突だったのでしょう。

Dsc_0195_25pc

▽神田川に接するあたり。うーん、なんとも・・・

Dsc_0194_25pc

###

▼もう1箇所は、いまはJRの独身寮。

Dsc_0134_25pc

▽谷戸川の支流と神田川をつなぐ水路があった、というような記述を見かけるのですが、ここもそうだったのか?

Dsc_0234_25pc

▽革靴というのがなんとも昼休み。このぐらいの幅で境界標が設置されていると、水路跡!と思ってしまう所なんですが…

Dsc_0137_25pc

▽・・・たぶん違う。上の境界標から伸びたところは、バイクが置かれている未舗装の部分。それとは別に暗渠のふた。ということは、上の境界標は水路とは無関係、かと。

Dsc_0176_25pc

▽この建物の前も、おそらくJR(旧・国鉄)の何かがあったところだと思います。銭湯ではなさそう。

Dsc_0178_25pc

▽水路の跡が神田川に向かって続いています。

Dsc_0179_25pc_2

▽突き当たりは神田川の護岸。この付近、神田川(旧・神田上水)の流路変更があったところで、この建物もそうですが、その痕跡を見ることもできます。それについては別の記事で。

Dsc_0180_25pc

▽あと、この道路はJRの敷地と私有地の境界になっているのですが、境界標は複雑に設置されていて、簡単ではなさそう。写真はたくさん撮りましたが、素人がどうこう言えるようなものではないようです。でも、気になる。

« 【暗渠】えんが堀 (西武池袋線以南) | トップページ | 新宿区上落合 »

水辺を歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602969/66386393

この記事へのトラックバック一覧です: 【お昼休みに暗渠】中野区小滝町の煙突:

« 【暗渠】えんが堀 (西武池袋線以南) | トップページ | 新宿区上落合 »

無料ブログはココログ

最近のツイート