« 新宿区上落合 | トップページ | 【お昼休みに暗渠】谷戸川の支川 »

2018年2月12日 (月)

新宿区下落合、中落合、中井

(2011/9)

これは以前に載せたことがあるかも。

淀橋区は東京市が拡大され35区制になったときに設置。1947年に四谷区、牛込区と合併して新宿区となるまでのあいだの標示、ということになります。

戦後すぐの地図を見ると、このあたりは空襲にあったようで、もしかしたら戦後すぐのものかもしれません。

2011070911100001

ちなみにこのあたりは、1972年の住居表示実施で、下落合から中落合に変わっています。

2011070911100000

新旧の標示が並ぶ門柱。かつての「目白文化村」の一角で、大きなお宅があったと思われますが、現在は、集合住宅になっているようです。

2011070911090000

落合の空襲については、詳しい記事を見つけました。

###

【2018/2/3 追記ここから】

上記は2011年の記事。件の表札は、おそらく東京35区の区名を初めて見かけたものだった、かと。そういう意味で、街中で昔の地名の痕跡を探すようになったきっかけになった表札。7年前ですが、この表札(門)いまでもあります。

▼落合の古い表札についてはほかにも記事があります。
http://egotadp.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-cd8d.html

記事のうち、「淀橋区西落合一丁目」の青い標識を掲げた家は、2年ぐらい前になくなってしまいました。

▼現在は新宿区中落合。下の方に「翠ヶ丘」とある標識。正式な町名(字)ではありませんが、宅地として開発された当時に住民に呼びなわされた地名と思われます。この地の店舗やマンションの名称にいまでも使われているようです。

この家は、塀も建物も新しいものですが、こだわりをもって掲げられたのだと思います。

Dsc_0012_50pc_2

▼こちらも、現在は新宿区中落合。標識は新しいもので、住民の方が自身で設置されたものでしょう。

中落合は1965年に住居表示が実施されたときにできた地名で、大部分は旧・下落合で、旧・西落合、旧・上落合の一部を含んでいます。西落合は1932(昭和7)年の淀橋区成立まで、上落合、下落合は廃藩置県から江戸時代までさかのぼることができることを思えば、中落合という町名に納得できない住民の方も多いのかもしれません。

Dsc_0013_50pc

▼下落合三丁目の町会員章。現在は、やはり新宿区中落合。建物自体も、おそらくは戦前のものと思われます。右の菱形の標識は、見えづらくなってはいますが、1949年に固定資産税が新設された直後の「家屋調査済証」で、その建物が戦前か戦後すぐに建てられたものであることの目安にしています。

Dsc_0016_50pc

▽同じ軒下で見つけた、電電公社の電話番号の標識。東京03の市内局番が3桁から現在の4桁に一斉に切り替わったのは1991年の元日のことですが、2桁から3桁への切替は1950年代後半から1961年にかけて、徐々に行われていったようです。

Dsc_0017_50pc

▽これも同じ軒下。右は「東京市水道局」「淀橋区」とあります。上水道の供給を受けていたという標識ですね。左の「普専」もおそらく上水道の標識で、右の標識より前のものではないかと思います。

現在は新宿中落合ですが、その前は新宿区西落合~淀橋区西落合。その前は豊多摩郡落合町字××。落合町に上水道を供給していたのは、1925(大正14)年に設立された荒玉水道町村組合でしたので、その頃のものではないか、と。同組合は1932(昭和7)年に東京市水道局に統合されました(淀橋区成立と同時期でしょう)。

Dsc_0018_50pc

▼こちらも、現在は新宿区中落合。

Dsc_0020_50pc

###

2011年以降、最近までに見つけた落合の古い地名の痕跡を、まとめてアップしました。

下落合の歴史や現状については、こちらのブログがとても詳しいです。

落合道人 Ochiai-Dojin
http://chinchiko.blog.so-net.ne.jp/

荒玉水道については、こちらの論文にお世話になりました。

大谷口配水塔の設計の過程と技術的特徴
https://www.jstage.jst.go.jp/article/journalhs2004/25/0/25_0_75/_pdf

###

【2018/2/4 追記】

▽「東京市水道局」「淀橋区」の標識。上の写真より明瞭。場所は少し離れた、新宿区中井。「中井」は、1965年の住居表示実施で、下落合五丁目の全域に、三、四丁目の一部、上落合二丁目の一部が改称されたもの。

Dsc_0124_50pc

▽付近にある中井出世不動尊。

Dsc_0121_50pc

Dsc_0122_50pc

▽関東大震災直前の地図。このあたりまで遡ると、「不動谷」「中井」といった地名が見えてきます。東京時層地図から拝借。

Img_3197_50pc

Img_3198_50pc

▽左の楕円の標識は東京電力で「シモオチ」ありますが、現在は同じく新宿区中井。右の電電公社の標識は、市内局番が2桁。古くからある商店の軒下です。

Dsc_0137_50pc_2

▽町名とは関係ありませんが、電柱に貼られた宣伝のステッカー。市内局番が3桁。「日経流通新聞」は、2001年4月に「日経MJ」に改題。

Dsc_0171_50pc

###

【2018/2/12追記】

▼毎朝、徒歩の通勤ルートを変えていますが、小さな神社を発見。その名も「厳島神社」。

Dsc_0224_25pc

Dsc_0225_25pc

池の鯉も寒そう。

Dsc_0228_25pc

▼このあたりも、現在は中落合ですが、かつては下落合。

Dsc_0230_25pc

▼東電の標識。これも現在は中落合。

Dsc_0106_25pc

▼こちらは、現在は中井。

Dsc_0116_25pc

▼上落合は、記事を分離しました。
http://egotadp.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-3816.html

###

【2018/2/24追記】

▼ペットのマナーを呼びかける標識。「下落合四丁目町会」とありますが、現在は中落合。落合親和町会の範囲です。落合地区の町会は、住居表示の実施の際、新しい町名や町域にあわせて、名称や範囲を変えた経緯がありました。下落合四丁目町会は現在もありますが、その範囲は現在の下落合四丁目で、ここからは少し離れた区域です。

こうした街の美化を訴えるキャンペーンが盛んに行われるようになったのは東京オリンピックが開催された1964(昭和39)年の前後で、これもおそらくその頃のもの。落合地区で住居表示が実施されたのは1965年ですので、標識が設置されたのはそれ以前であることからすると、これも符合します。

Dsc_0046_25pc

落合第一地区 (新宿区町会連合会 シンジュクイレブン)http://www.shinjuku11.jp/chokai/ochi01/syoukai.html

落合第二地区 (新宿区町会連合会 シンジュクイレブン)
http://www.shinjuku11.jp/chokai/ochi02/syoukai.html

###

【2018/3/3追記】通勤途中で見つけた表札の追加。

▼「淀橋区下落合四丁目」とあるもの。戦前のものか、戦後すぐのものか。現在は新宿区中井。大きなお屋敷の勝手口の表札です。

Dsc_0107_50pc_2

▼「新宿区中井町」で住居番号がない。上高田の記事で書いたような、住居表示実施の前に町名地番の変更があったか、と思い調べてみましたが、そういうことはなさそう。

住居表示実施前は下落合四丁目。実施直後、住居番号が決まるまでの間に表札を新調されたものと思います。

Dsc_0109_50pc

« 新宿区上落合 | トップページ | 【お昼休みに暗渠】谷戸川の支川 »

昔の地名」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602969/63205892

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿区下落合、中落合、中井:

« 新宿区上落合 | トップページ | 【お昼休みに暗渠】谷戸川の支川 »

無料ブログはココログ

最近のツイート