« 【昼暗渠】妙正寺川支川(中井駅付近で合流) その3 | トップページ | 少短あれこれ »

2018年3月16日 (金)

【昼暗渠】最勝寺の北側の水路跡

(承前) 【昼暗渠】妙正寺川支川(中井駅付近で合流) その2
http://egotadp.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/2-638d.html

中井駅の近くで妙正寺川に合流する支川については、上記の記事にあるとおりです。わりと最近(といっても5~60年前)の地図で水路を示す水色の線があるものは、たいていは容易にたどることができます。【地図1】の緑色の線がそれにあたります。

【地図1】

Nakai1

この支川には、さらに時代を遡るといくつかの支流があることがわかっています。上の地図では、緑色の線が妙正寺川に合流する手前でほぼ直角に曲がるところから、東の方に伸びている青色の細い線はそのひとつ。この支川は戦後(5~60年前)の地図にも、戦前のにも描かれておらず・・・

【地図2】

Nakai1taisho

大正期の地図まで戻って、ようやく現れます。【地図2】のA-B-F-Gの線がそれにあたります。このあたり、妙正寺川に向かって斜面になっているところで、現在は民家がびっしり建っていますが、この頃は川の両側はほとんど田んぼですね。

こんな古い水路の痕跡なんて、もう見つけることは無理だろう、と思っていたのですが、仕事場の行き帰りや昼休みに出歩くと、どうも怪しいポイントがちらほら・・・試しに地図の重ね合わせを細かくやってみると、どうも行けるんじゃないか、と。

###

で、まずは、緑色の線がほぼ直角に曲がる部分。東方向。右(北方向)に妙正寺川。右手の段差に沿って水路があったものと思われます。

Dsc_0036_50pc

これをまっすぐ進むわけにはいかないので迂回すると…

Dsc_0105_50pc

説明しづらいので、先にまとめの地図を。A-B間は通れないので、北側を迂回します。

【地図3】

Nakai1goomap

すると、手前の民家と奥の段差(石垣)の間に空間が。

Dsc_0106_50pc

Dsc_0107_50pc


Dsc_0108_50pc


Dsc_0109_50pc


Dsc_0110_50pc


Dsc_0112_50pc


Dsc_0113_50pc


Dsc_0114_50pc

Dsc_0038_50pc

Dsc_0039_50pc


ここまでの写真では、いまひとつわかりにくいかもしれませんが、【地図3】のB地点から見ると(西方向)、民家と段差の間に、明らかに区切られた空間があります。手前が下流にあたるので、標高差の説明がつきませんが、最近建てられた建物の裏に当たる部分は、補強のためのかさ上げをしているのかな、と想像してみます。

Dsc_0040_50pc

このスキマの空間の所有がどうなっているのかは、さっぱりわかりません。

Dsc_0115_50pc

B地点からC地点へ(北方向)は下り坂。左側に側溝がありますが、水路は左手前から右方向へ(あるいは右端に)流れていたのではないか、と。

Dsc_0117_50pc

C地点まで降りたところ。

Dsc_0045_50pc

その右端。なんとなく水路跡の雰囲気。右側は一段高くなっています。

Dsc_0118_50pc

この駐車場の部分は直接に見ることができますが・・・

Dsc_0119_50pc

段差は、落合第五小学校の敷地になってたどることはできなくなります。【地図3】C-D間の点線の部分です。

Dsc_0047_50pc

Dsc_0050_50pc

学校の南側を迂回してD地点へ。

Dsc_0053_50pc

ニャン渠

Dsc_0122_50pc

D地点から西方向。校庭の南側の段差に接するところが、たぶん水路跡。左手からの流れが、中央の木のあたりで手前にほぼ直角に曲がっていた、と思われる。

Dsc_0123_50pc

D地点から落合第五小学校の裏門に降りてきたところ。右の方(東方向)に、山手通りをくぐる通路があるのですが、水路はここを通っていたのではなさそう。

Dsc_0129_50pc

D地点から山手通りの向こう側(東方向)を見たところ。ここからは、水路がどう通っていたのか、判然としません。

Dsc_0147_50pc

ということで、山手通りを渡って見ると、なんとなく雰囲気が。E地点。

Dsc_0133_50pc

左側(南方向)は一段高くなっています。東京信用金庫中井駅前支店を含むマンション。

Dsc_0134_50pc

その北側のマンションの敷地に吸い込まれて、たどることはできません。

Dsc_0136_50pc

かなり遠回りして、中井駅北口の通りに。商品が陳列されていてわかりにくいのですが、たぶん、右側の青果店と左側(南側)のマンションの間が水路跡ではないか、と。F地点。

Dsc_0139_50pc

段差をのぞき込むがスキマはもはやありません。

Dsc_0138_50pc

F地点から中井駅方向(北方向)へはなだらか下り坂。水路は左側にあったと思われます。心なしか、道が左方向に膨らんでいるような…

Dsc_0140_50pc

Dsc_0064_50pc

寺斉橋を渡って妙正寺川の対岸からG地点を見たところ(南方向)。F地点からG地点に至ったところに樋管が見えます。ふさがれてしまっていますが。

Dsc_0069_50pc

Dsc_0070_50pc

橋の下の樋管は現役。あるいは洪水対策で地下神殿に通じる排水口?

Dsc_0072_50pc

近くにもう1個、低い位置に樋管がありますが、大江戸線の漏水を流しているとのことです。

Dsc_0007_50pc_2

Dsc_0006_50pc

###

D地点に戻って位置を確認。背後の落合第五小学校の校庭の南端からまっすぐに山手通りを突っ切り、右の東京信用金庫と左の民家の間につながっていたものと思います。

Dsc_0143_50pc

###

かなり昔に消滅した水路の痕跡を、ほぼほぼ全線で見つけることができたのは予想外でした。

« 【昼暗渠】妙正寺川支川(中井駅付近で合流) その3 | トップページ | 少短あれこれ »

水辺を歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602969/66504339

この記事へのトラックバック一覧です: 【昼暗渠】最勝寺の北側の水路跡:

« 【昼暗渠】妙正寺川支川(中井駅付近で合流) その3 | トップページ | 少短あれこれ »

無料ブログはココログ

最近のツイート