« 【神谷町界隈】芝区商工信用組合にまつわるメモ | トップページ | 釜屋堀工場(日本石油精製→小倉石油) »

2019年6月 5日 (水)

【ぷち暗渠】谷端川の支流

  病院で出された薬ができるのを待つ間に、谷端川の支流跡をたどりました。

参考にした地図はこちら。「東京時層地図」の「昭和戦前期」のもの。

Map_1

A地点。左右の道路は目白通り。道路の南側から北方を。

Dsc_0106_50pc

A地点から北方。通りが筋交いになっていますが、道幅=川幅ではないでしょう。

Dsc_0107_50pc

流れを想像するのは、ちょっと難しいです。

Dsc_0112_50pc

さらに進むと路地に。たぶん暗渠になる直前の川幅はこんなものでしょう。

Dsc_0115_50pc

突き当たりは区の施設で、通り抜けることはできません。迂回します。

Dsc_0116_50pc

迂回しました。上の写真の反対側で南方を。

Dsc_0119_50pc 

同じ位置で北方を。まもなくゴールです。

Dsc_0120_50pc

B地点で東方を。谷端川の下流方向。

Dsc_0122_50pc

同じ地点で西方、上流方向を。奥に見えるのは山手通りの陸橋。

Dsc_0124_50pc

B地点で南方を。右手の施設は、以前は豊島区立真和中学校でしたが・・・

Dsc_0126_50pc

現在は別の用途に。

Dsc_0123_50pc

Dsc_0127_50pc

旧・道和中と旧・真和中がに統合され、2005年4月に西池袋中が旧・真和中(上の写真)で開校。旧・道和中の改修工事が完了し、翌2006年4月に西池袋中が移転。つまり上の写真の西池袋中学は1年限りだった、ということ。

谷端川の本流も、B地点付近では面影はありませんが、道路の形は川の流れのままで、もう少し北方(下流方向)に進むと公園として整備されています。

###

ところで、地図ではA地点から先がどうなっているのかはわかりません。この頃の地図は、区境が水路と同じ薄い青色でなぞられていて、区別がつきません(たぶん豊島区と新宿区の境は水路ではないと思います)。

ネットで見つかる他の記事では、A~B間の途中で西に折れて進んだ先が水源地、とする記事もあります。確かに水路跡とおぼしき細道が西の方に進んでいるところもあります。

A地点から南方を見ると、つながっているようには見えませんが、このビルの先は谷になっていて、もしかして川跡?と思わせるような風景も見えます。そしてその先には妙正寺川が。

Dsc_0108_50pc

上の地図と同じ範囲の「関東大震災直前」のもの。上の地図とは10年ほどの違いしかありませんが、まるで雰囲気が違います。

Img_0179_50pc

田畑が目立つこの地域が、関東大震災のあと急激に宅地化し、それまで農地を潤していた水路をひとまずとりまとめられたが、わりと早い時期に暗渠になった、と見るべきなんでしょうか。

« 【神谷町界隈】芝区商工信用組合にまつわるメモ | トップページ | 釜屋堀工場(日本石油精製→小倉石油) »

水辺を歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【神谷町界隈】芝区商工信用組合にまつわるメモ | トップページ | 釜屋堀工場(日本石油精製→小倉石油) »

無料ブログはココログ

最近のツイート