« 2019年12月 | トップページ

2020年4月

2020年4月16日 (木)

【ぷち暗渠】南長崎5丁目の暗渠

表題はこのようにしたものの、これも手許の古地図では確認が取れません。
もしかしたら、水路跡ではないのかも。

▼地図(goo地図から拝借)

Minaminagasaki5_map_50pc

▼1947年の航空写真(goo地図から拝借)

Minaminagasaki5_s22_50pc

歩けるのはA地点からB地点まで。B地点~D地点間は立ち入ることはできません。

###

▼A地点から北方。割烹と酒店の間に、人ひとり通るのがやっとの通路があります。

Img_20200322_120246_50pc

▼A地点→B地点

Img_20200322_120543_50pc  Img_20200322_120551_50pc  Img_20200322_120614_50pc

Img_20200322_120623_50pc    Img_20200322_120639_50pc  

▼空き地。長崎銀座にある笠間稲荷の裏手にあたります。

Img_20200322_120704_50pc

Img_20200322_120719_50pc Img_20200322_120745_50pc

▼B地点から南方

Img_20200322_120806_50pc

▼B地点の北側

Img_20200322_120758_50pc Img_20200322_120820_50pc 

敷地の形や豊島区の境界標を見る限り、さらに北の方に続いているのかな、とも思われますが、宅地に埋もれて立ち入るのは無理。

(2020/3/22)

【ぷち暗渠】長崎3丁目暗渠(谷端川)

散歩の途中で見つけたもの。
手許の古地図では確認できなかったのですが、過去の航空写真を見る限り、谷端川につながる水路のひとつと思われます。

▼地図(goo地図より拝借)

Nagasaki3_map_50pc

上図右の縦の線は谷端川の跡。

▼1947年の航空写真(goo地図より拝借)

Nagasaki3_s22_50pc

今回は、A→B→Cの順に歩きましたが、Aより東の方にも水路が続いているように見えます。
地図にも、ところどころ痕跡が見て取れますが、宅地に埋もれて立ち入るのは難しそう。

###

▼A地点から西方。

Img_20200414_150523_50pc

▼A地点→B地点

Img_20200414_150536_50pc Img_20200414_150557_50pc Img_20200414_150602_50pc

Img_20200414_150617_50pc Img_20200414_150629_50pc 

Img_20200414_150637_50pc Img_20200414_150643_50pc  Img_20200414_150702_50pc

Img_20200414_150708_50pc Img_20200414_150730_50pc

豊島区の境界標。

Img_20200414_150720_50pc

▼B地点から東方

Img_20200414_150753_50pc

▼B地点から西方

Img_20200414_150753_50pc Img_20200414_150759_50pc  Img_20200414_150806_50pc

Img_20200414_150813_50pc Img_20200414_150822_50pc Img_20200414_150832_50pc

Img_20200414_150845_50pc Img_20200414_150855_50pc Img_20200414_150901_50pc

▼C地点から東方。

Img_20200414_150932_50pc

▼C地点から東方。

Img_20200414_150922_50pc

終点は区立長崎公演。1947の航空写真では農地のようで、ここに水源があったのではないでしょうか。

Img_20200414_150954_50pc

(2020/4/14)

2020年4月12日 (日)

【ぷち暗渠】旧籾山牧場の水路跡(旧千川上水→妙正寺川)

きょうも近所を散歩。

南長崎6丁目で、旧千川上水が直角に曲がるあたり。戦前の地図に「籾山牧場」とあり、千川上水の支流が書かれています。

▼1920年頃(東京時層地図から拝借)

Momiyamabokujo_1_50pc

▼1932年頃(東京時層地図から拝借)

Momiyamabokujo_2_50pc

この頃、目白通りは作っている途中。F地点あたりまで開通していて、この部分の水路は埋めて分断されたのか暗渠になったのか。

▼1955年頃(東京時層地図から拝借)

Momiyamabokujo_3_50pc

水路を示す水色の線は、目白通り以北では消滅しています。

▼現在(東京時層地図から拝借)

Momiyamabokujo_4_50pc

目白通り以南の水路も消滅。

###

▼A地点から東方。

Img_20200322_113527_50pc

千川上水はこの交差点の手前から左へ。今回たどる籾山牧場の水路は直進。

Img_20200322_113611_50pc Img_20200322_113848_50pc

▼B地点。ここで不自然に道が狭くなります。上の写真で中央の車が止まっているあたりは、まさに水路跡か、と。

Img_20200322_113923_50pc

B地点から西方。

Img_20200412_124743_50pc

B地点から南方。扉の向こうはマンション付属の自転車置き場です。おそらくこれが水路跡。

Img_20200412_124731_50pc

ここに立ち入るわけにはいきませんので、公道を迂回。

Img_20200412_124805_50pc

▼C地点。住宅に埋もれて、水路跡を確かめることができません。

Img_20200412_125029_50pc

▼D地点。ガソリンスタンドの左端あたりかと思われますが、ここも確認はできず。

Img_20200412_125151_50pc

▼D地点→E地点。目白通りを渡って南側から北方。水路は目白通りに埋まっていますが、道路を斜めに突っ切っていたか。

Img_20200412_125538_50pc

▼E地点から東方。左は目白通り。右前方の細い道が区境で左は豊島区南長崎6丁目、右は新宿区西落合4丁目。これが水路跡か、と。

Img_20200412_125758_50pc

▼E地点からF地点へ。水路跡の雰囲気がありありと。

Img_20200412_125934_50pc Img_20200412_125927_50pc

Img_20200412_125951_50pc Img_20200412_130000_50pc

Img_20200412_130020_50pc Img_20200412_130041_50pc

▼F地点から西方。     

Img_20200412_130121_50pc

 

 

 

 

 

 

 

▼F地点。左下が新宿区の、右上が東京都の境界標。水路の幅の手がかりになる、かな?

Img_20200412_130134_50pc Img_20200412_130149_50pc 

▼F地点から東方。

Img_20200412_130106_50pc Img_20200412_130157_50pc

Img_20200412_130207_50pc Img_20200412_130257_50pc

▼G地点手前の不自然な空き地、不自然な緑地。

Img_20200412_130309_50pc Img_20200412_130354_50pc

Img_20200412_130425_50pc Img_20200412_130407_50pc

 

 

 

 

 

▼G地点から南方。ここからさらに水路は続き、目白学園の脇を通って、上高田運動公園のあたりで妙正寺川につながります。

  Img_20200412_130437_50pc

そちらのルートはずいぶん前にたどって写真もあるはずなのですが、まとめてないですね。なんでだろう。

###

ところで、籾山牧場は、昭和初期にはすでに見当たらなくなっています。牧場として存在したのはごく短い期間で、その後宅地として分譲されたとのこと。一方で、併設の牛乳工場は、のちに明治乳業豊島工場として最近まで操業していたとのこと。A地点のあたりに記念碑のようなものがあるようですが、見落としています。

籾山牧場:豊島区の牧場
https://www.japan-post.com/me/data2/res-me-std.php?FRTWID=FW000109

牧歌的な「牧場分譲地」
https://chinchiko.blog.ss-blog.jp/2008-09-15

(2020/4/12。一部の写真は3/22)

 

2020年4月 8日 (水)

【錦糸町界隈】錦糸町の貨物駅にまつわるメモ

普段なら手が出ないカテゴリの雑誌、「Vintage Rails 2020 Vol.2」(イカロス出版)。

特集の一部で「錦糸町の8620」という記事が。

Img_20200408_141858

Img_20200320_234536

この時代の錦糸町を知っているわけではなく、貨物線の跡地に立つアルカタワーズやロッテ会館(現在はロッテプラザホテル錦糸町)の風景に、●で面影はありません。

識者がネットで提供してくださる資料の中には、貴重なものも少なくなく、こちらのページには前記の記事とほぼ同じ時期の配線図が掲載されています。

国鉄 停車場 配線略図
http://railwaytrackdiagrams.web.fc2.com/chiba/kinshicho.html

###

上記の記事で、アスファルトを積むタンク車の写真が掲載されており、上に引用した写真でバックで進行する蒸気機関車が牽引するタンク車もそれにあたります。

Wikipediaの錦糸町駅の記事によれば、当時、錦糸町貨物駅からは2つの専用線が出ていることになっていて、一方はシエル石油の、もう一方は東京日産化学のものとされています。

上のリンクの配線図では、左の方にシエル石油の専用線が明記されています。専用線の北側には、以前はシエル石油東京油槽所がありました。現在は、コモディイイダやマンションが建っています。

もう一つの東京日産化学の専用線は、配線図には見当たりません。同社の工場は江東区大島一丁目で、むしろ(旧)小名木川駅のすぐ近くです。錦糸町から延々と専用線が伸びているとは考えられません。

配線図をもう一度よく見ると、左上の「埋立」とあるあたりに、専用線を示す短い点線があり、これが東京日産化学の専用線ではないかと思われます。おそらくはここでトラックに積み替えて運んだのではないでしょうか。

ちなみに、東京日産化学の工場については、昨年記事を書きました。

釜屋堀工場(日本石油精製→小倉石油)
http://egotadp.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-98a895.html

###

シエル石油のアスファルトは、昭和四日市石油で製造されたものが運ばれてきたそうで、鉄道ピクトリアルの貨物輸送の特集号に写真がありました。

 Img_20200322_150743

錦糸町駅の北側に貨物線が広がる当時の地図。

Img_20200320_234420

###

Vintage Rails (ヴィンテージ・レイルズ) VOL.2 (イカロス・ムック)
https://www.amazon.co.jp/dp/4802208049/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_soxJEb9XJJ1HP

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション24 貨物輸送1960~70 2013 02月号 [雑誌]
https://www.amazon.co.jp/dp/B00AU5CACQ/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_lpxJEb58ZSY74

発掘写真で訪ねる墨田区、江東区古地図散歩~都電が走った下町の街角~
https://www.amazon.co.jp/dp/4802131526/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_6mxJEbBKF5RR7

(2020/4/6)

 

【ぷち暗渠】南長崎1丁目の暗渠

新型コロナ感染症対策で在宅ワークに移行して4週目に突入。
気分転換と運動不足の解消、生活必需品の買い出しのための夕方の散歩は継続中です。

コースは椎名町方面、東長崎方面を日替わりで、コースは行き当たりばったり。

先日は、南長崎1丁目の暗渠に立ち寄って写真を撮ってきました。

誓願寺の隣にある駐車場[A]。その奥に見える細い道が、ぱぱすの裏を通って[B]、山手通りに突き当たります[C]

Minaminagasaki1ankyo_map_w640

地図はgoo地図です。上図の[A][B][C]を1963年の航空写真に重ねると、うっすらと黒い筋が見えます。
省略していますが、1947年の航空写真でも同様です。

Minaminagasaki1ankyo_s38_w640

▼[A]地点から東方。

Img_20200406_185358

▼[A]→[B]

Img_20200406_182429

Img_20200406_182455

Img_20200406_182501

Img_20200406_182534

Img_20200406_182540

▼[B]地点から西方。

Img_20200406_182613

▼[B]地点から東方。

Img_20200406_182557

▼[B]→[C]

Img_20200406_182619

Img_20200406_182648

Img_20200406_182714

Img_20200406_182726

Img_20200406_182734

Img_20200406_182739

▼[C]地点から西方。このあたりが最も雰囲気のあるところ。
 上の写真で左側の小さい建物は、以前は自動販売機が設置されていましたが、ながらく空き家になっています。
Img_20200406_182814

▼[C]地点から東方。山手通りの夕方の渋滞です。

Img_20200406_182800

(2020/4/6)

 

« 2019年12月 | トップページ

無料ブログはココログ

最近のツイート