« 【ぷち暗渠】南長崎1丁目の暗渠 | トップページ | 【ぷち暗渠】旧籾山牧場の水路跡(旧千川上水→妙正寺川) »

2020年4月 8日 (水)

【錦糸町界隈】錦糸町の貨物駅にまつわるメモ

普段なら手が出ないカテゴリの雑誌、「Vintage Rails 2020 Vol.2」(イカロス出版)。

特集の一部で「錦糸町の8620」という記事が。

Img_20200408_141858

Img_20200320_234536

この時代の錦糸町を知っているわけではなく、貨物線の跡地に立つアルカタワーズやロッテ会館(現在はロッテプラザホテル錦糸町)の風景に、●で面影はありません。

識者がネットで提供してくださる資料の中には、貴重なものも少なくなく、こちらのページには前記の記事とほぼ同じ時期の配線図が掲載されています。

国鉄 停車場 配線略図
http://railwaytrackdiagrams.web.fc2.com/chiba/kinshicho.html

###

上記の記事で、アスファルトを積むタンク車の写真が掲載されており、上に引用した写真でバックで進行する蒸気機関車が牽引するタンク車もそれにあたります。

Wikipediaの錦糸町駅の記事によれば、当時、錦糸町貨物駅からは2つの専用線が出ていることになっていて、一方はシエル石油の、もう一方は東京日産化学のものとされています。

上のリンクの配線図では、左の方にシエル石油の専用線が明記されています。専用線の北側には、以前はシエル石油東京油槽所がありました。現在は、コモディイイダやマンションが建っています。

もう一つの東京日産化学の専用線は、配線図には見当たりません。同社の工場は江東区大島一丁目で、むしろ(旧)小名木川駅のすぐ近くです。錦糸町から延々と専用線が伸びているとは考えられません。

配線図をもう一度よく見ると、左上の「埋立」とあるあたりに、専用線を示す短い点線があり、これが東京日産化学の専用線ではないかと思われます。おそらくはここでトラックに積み替えて運んだのではないでしょうか。

ちなみに、東京日産化学の工場については、昨年記事を書きました。

釜屋堀工場(日本石油精製→小倉石油)
http://egotadp.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-98a895.html

###

シエル石油のアスファルトは、昭和四日市石油で製造されたものが運ばれてきたそうで、鉄道ピクトリアルの貨物輸送の特集号に写真がありました。

 Img_20200322_150743

錦糸町駅の北側に貨物線が広がる当時の地図。

Img_20200320_234420

###

Vintage Rails (ヴィンテージ・レイルズ) VOL.2 (イカロス・ムック)
https://www.amazon.co.jp/dp/4802208049/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_soxJEb9XJJ1HP

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション24 貨物輸送1960~70 2013 02月号 [雑誌]
https://www.amazon.co.jp/dp/B00AU5CACQ/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_lpxJEb58ZSY74

発掘写真で訪ねる墨田区、江東区古地図散歩~都電が走った下町の街角~
https://www.amazon.co.jp/dp/4802131526/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_6mxJEbBKF5RR7

(2020/4/6)

 

« 【ぷち暗渠】南長崎1丁目の暗渠 | トップページ | 【ぷち暗渠】旧籾山牧場の水路跡(旧千川上水→妙正寺川) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ぷち暗渠】南長崎1丁目の暗渠 | トップページ | 【ぷち暗渠】旧籾山牧場の水路跡(旧千川上水→妙正寺川) »

無料ブログはココログ

最近のツイート