みたまま

2017年8月30日 (水)

今週の日経ビジネス

今週の日経ビジネス。日本の漁業を特集しているが、生産者批判に終始。冒頭の例示から違和感。魚価の高騰により500円ランチにする魚の調達に苦労している、提供できる魚の種類が限られてくる、と。

ただ、この店舗がさくら水産天王洲店。文中にもあるとおりオフィス街に立地する店舗。こうした立地の店舗で「500円ランチ」を売りにすることに、そもそもの違和感。安定した収入のある人が客層の大半を占める店舗であれば、品質にこだわったりや多様な選択肢を提供するなど、低価格のメニューに頼らずとも打つ手はいくらでもあるはず。

生産者に対する応分な負担、といった消費についての考え方の転換がなければ、いつまでたっても安値で買いたたく、という構造から抜け出すことはできないはず。

傍観者の立場で、一見独善的に見える、あるいは、前近代的に見える生産者の在り方を批判するのはたやすいが、消費者や流通過程(特に小売り、特にスーパーや外食)の現状を問題なし、と前提するならなんと皮相な特集だろうか。

http://business.nikkeibp.co.jp/nbs/nbo/base1/index.html?xadid=001

Dsc_0001_2


https://www.sakusui.jp/shop/detail.html?shop=063

20170830


2017年8月16日 (水)

【毎日新聞】 ウラから目線 女性、男性、その他=福本容子

引用元はfacebook(8/16)

https://www.facebook.com/mochizuki.kazuo/posts/1026411707495860?pnref=story

引用ここから「

ウラから目線 女性、男性、その他=福本容子

毎日新聞2017年8月15日 東京夕刊

 誘惑に負け、ついにアップルウオッチを買ってしまった。米アップル社の製品で、腕時計というよりスマートフォンが腕時計になった感じ。

 ワクワクしながら初期設定をしていてハッとした。自分の性別を選ぶところで、選択肢の順番が女性先、男性後になっていたのだ。半世紀以上の人生で初の体験かも。

 それにしてもなぜ今まで、疑問に思うことなく2番目に○をしてきたのだろう。少なくとも日本では女性が過半数。たまに1番目があっても罰は当たらないはずだ。何万回と繰り返すうち、「女性は2番目」が脳に刷り込まれてしまったみたい。

 驚きはそこで終わらなかった。性別の選択肢に3番目があったのだ。「その他」。「女性」も「男性」も選びたくない人たちのためなのだろう。「同じ立場の人たちを励ましたい」と、自分が同性愛者であることを公表した最高経営責任者がいるアップル社らしい。

 でもアップルだけじゃなかった。

 カナダでは今年、役所が親の希望に応える形で、生後8カ月の赤ちゃんに、性別を記さない健康保険証を初めて交付したそうだ。

 英国では、ミスター(Mr=男性)、ミセス(Mrs=既婚女性)、ミス(Miss=未婚女性)、ミズ(Ms=既婚女性でも未婚女性でも)に加え、最近ミクス(Mx=誰でも)の使用が増えているという。

 米国のハーバード大学は、入学した学生が学生登録をする時、どの代名詞で呼ばれたいか選んでもらっている。選択肢には、「he(彼)」、「she(彼女)」に加え、中立的な「ze」という新しい単語も。通常複数形(彼ら)で使われる「they」を1人の人に対して使うことも可だ。他の大学でも動きが広がっている。

 その点、日本語は便利。「様」や「さん」は男女関係ないし、いちいち「彼」とか「彼女」とか代名詞を使う必要もない。世界の先端。ここはもう一歩踏み込んで、何の疑問もなく日々繰り返される「男」「女」の性別選択をやめてみては?

 「女は2番目の性」という刷り込みと決別する意味があるし、女か男かの枠にはめられたくない人たちの苦痛を和らげることもできそう。

 まずは問いかけることから始めたい。その性別欄、本当に絶対に必要ですか?(論説委員)

」引用ここまで

2017年4月11日 (火)

JXTGグループが発足

JXと東燃ゼネラルが4月1日に経営統合しました。スコーンと忘れてましたが、変遷図を更新しました。

図B(JX)、図F(東燃ゼネラル)には、もうおさまらないので、図Hを新たに作成しました。統合前の両社の変遷は簡略化して1枚にまとめています。

20170411


http://egotadp.biz/sekiyuMotouri/index.htm

2014年4月 6日 (日)

さくらのまとめ 2014

東京の桜は、今週末で見納め。ということで、錦糸町駅近辺の桜のまとめです。
###
旧・墨田児童相談所(江東橋1)。ここは江東区に移転してしまって、現在は空き家。もしかしたら、今年で見納めかも。
20140331_092234_android
20140331_092222_android
###
江東橋1-8。
20140331_121206_android
###
江東橋公園(江東橋2-4)。
20140331_121833_android 20140331_121845_android
###
かつて竪川にあった牡丹橋のたもと(江東橋3-1)。
20140331_122150_android
20140331_122201_android
###
深川七中(毛利1-14)。
20140331_122601_android
20140331_122656_android
###
あそか病院(住吉1-18)。
20140331_122956_android
###
大横川。菊川橋(住吉1~菊川3)からの景色。
20140331_123636_android 20140331_123647_android
###
菊川駅前交差点。
20140331_124226_android
###
菊川小学校。
20140331_125455_android 20140331_125521_android
###
江東橋2-19
20140401_092704_android
###
大横川親水公園。長崎橋跡付近。
20140401_115417_android
###
錦糸中学校(石原4-33)。
20140401_120221_android
###
横川小学校(東駒形4-18)。
20140401_122446_android
20140401_122459_android
###
もみじばし児童遊園(本所4-8)。
20140401_123647_android
20140401_123659_android
###
カトリック本所教会(石原4-37)。
20140402_124119_android
###
本四三ツ目児童遊園(本所4-1)。
20140402_124359_android 20140402_125025_android
###
法恩寺橋児童遊園(石原4-28)。
20140402_125325_android
###
大横川親水公園、法恩寺橋付近。
20140402_125451_android
20140402_125512_android
20140403_121816_android

2014年2月 5日 (水)

【錦糸町界隈】緑四丁目で解体工事始まる

緑四丁目で解体工事に遭遇。

1620112_392446364225734_1820171161_

ちなみにこの家屋、錦糸町駅周辺では数えるほどしか残っていない、戦後すぐ(もしかしたら戦前)の建物。

Midori_20130411_121742_139

ピンぼけですが、「昭和25年 固定資産税家屋調査済証」です。左の建物の玄関に貼られているもの。これがあると、少なくとも1950年には存在していた建物、との判断材料になります。

固定資産税は、1949年のシャウプ勧告を受けて、それまでの地租にかわって制定されたもので、昭和25年の調査はその第1回のものです。「家屋調査済証」は、交付された時期によっていろいろなデザインがありますが、実施年が記載されているものは(知る限りは)この第1回のものだけです。

###

解体前(2013年4月)に撮影してあった写真。おそらく外壁は、のちに塗り替えられたものと思われます。

Midori_20130411_121713_137

右の建物の正面。

Midori_20130411_121721_138

左の建物の正面。

Midori_20130411_121759_141

何でもかんでも保存すればいい、という立場ではありませんが、やはり残念ですね。

2014年2月 4日 (火)

【錦糸町界隈】津軽稲荷の地口行灯

初午(今年は2月9日)を前に、津軽稲荷に地口行灯が掲げられました。

Dsc_0205

Dsc_0218

境内のもあわせると、かなりの数になります。

Dsc_0219 Dsc_0244

この行灯も、普段は見られないもの。

Dsc_0246 Dsc_0248

地口行灯のいちらんはこちら。訳が間に合ってませんが。
http://homepage1.nifty.com/egota_dp/oyokokawa/tsugaruInari.htm

2014年1月29日 (水)

【錦糸町界隈】「サラ金」があったころ

1970年代から1980年代にかけて一般的になった「サラ金」の呼称。無担保、ただし高利の消費者金融業者のことですが、サラ金問題~バブル崩壊後の多重債務者問題~上限金利規制強化と中堅以下の業者の倒産、あるいは大手業者への吸収、などを経て、業界全体は見かけは大きく変わりました。

###

錦糸町界隈で初めて発見した、サラ金のポスター。東京03の市内局番が3桁から4桁に変わったのは1991年の元旦。なので、もう20年以上前のもの。よっぽど強力なのりが使われていたのか?

Kinshi_taihei_20130321_122211_065

下の3本は、江東橋のどこか。

Ncm_0247 Ncm_0248

Ncm_0249

昔は「電話担保」(電話加入権を担保にする)なんてのもありました。

Dsc_1823_7 Dsc_1824

「20万円まで即決」。上限金利規制がかかる前は、よくありました。

Dsc_1104

上の完全版。「サラリーローン」。

Ncm_0039

会社名が褪色で読めませんが、電話番号が上のポスターと1番違い。なんだかなー

Kamezawa_20130417_125720_119

サラ金とは違うけど、いまは消滅した電話加入権担保融資の広告。

Ncm_0003

こちらは引っ越し屋さんの広告。

Ncm_0194

サラ金ではないけれど、やはり社会問題になった「Q2ダイヤル」の広告。ちなみに、このサービスも来月末(2014年2月28日)をもって廃止になるとのこと。

Dsc_0947

###

サラ金とも電柱とも関係ないけど、江古田駅付近のたばこ屋さんの看板。

Ncm_0297

Ncm_0298

日住金は、かつて存在した住宅金融専門会社のなかでも最大手。1995年に破綻。破綻直前の融資残高は2兆円にものぼったとのこと。

「バブル崩壊」という言葉は通じても、「住専問題」とか「不良債権」とかいう言葉は、もうあまり聞かれなくなりましたね。

2014年1月28日 (火)

【錦糸町界隈】鎮守稲荷大明神

江東橋二丁目にあるお稲荷さん。由緒はよくわかりませんが、町会でお世話なさっておられるものと思います。

Kinshi_20130301_122226_001 Kinshi_20130301_122244_003

ここの狐さんもケージに入れられていませんが、残念ながらちょっと痛々しい。

Kinshi_20130301_122321_007 Kinshi_20130301_122314_006

1961年に作られた玉垣。刻まれた会社名は、以前この付近にあった軽工業企業のものか、と。

Kinshi_20130301_122259_004 Kinshi_20130301_122303_005

「東京台貫」は、台貫(貨物車の積み荷の重量を、車両ごと量るはかり)を製造していたか、所有して計量するサービスをする会社と思われますが、現在はそれらの業務はなさっていない模様。「大同亜鉛精錬」のほうは、現況はまったくわかりませんでした。

Kinshi_20130301_122331_008

東京都墨田区江東橋2-18-7
http://kokomail.mapfan.com/receiven.cgi?MAP=E139.48.53.7N35.41.33.5&ZM=12

2014年1月26日 (日)

【錦糸町界隈】津軽稲荷神社

錦糸町駅付近では、多くの稲荷神社に出会います。

稲荷神社は商売繁盛の神様、産業神で、都内ではあちこちで見かけますが、住まいのある中野区では4か所しかありません。一方、屋敷神として住宅や企業の敷地内に祠があるのは、よく見かけます。また、江戸時代の長屋を特徴付けるセットの一つとして、稲荷の祠があるべき、などと前に書いたような気もします。

稲荷神社が地域によって多少があるのは、(1) 農地から宅地、商業地への転換の時期(屋敷神がそのまま残ったか、稲荷神社に発展したかどうか)。(2) 震災や戦災の被災の程度(長屋が戸建てに転換していく過程で、祠が神社に統合された)。(3) (1)(2)の時期と神仏習合(稲荷神社はお寺に併設される場合が多い)、などの要因があると、★個人的には★考えています。

・・・というようなことは、その道に詳しい方ならパッと答えがいただけそうなものですが、素人にはここまでが限界。

###

津軽稲荷神社は錦糸一丁目に所在。名前は、この付近が以前は津軽藩の下屋敷だったことによるもの。屋敷神が町会に払い下げられて、現在のような姿になったのだと。

Kinshi_20130315_123827_086

稲荷神社の特徴である赤い鳥居はありませんが、幟は年中立てられています。

Kinshi_20130315_123837_087

稲荷のアイコンである狐。削られるのを防止するため、ケージに入れられている場合が多いのですが、ここでは自由にさせてもらっているようです。

Kinshi_20130315_123852_089 Kinshi_20130315_123859_090

社殿は最近建て替えられたものですが、お手水は・・・

Kinshi_20130315_124027_094

明治36年(1903年)のもの。

Kinshi_20130315_124015_093

稲荷神社の祝日は「初午」ですが、ここでは地口行灯も掲げられます。

何年か前の地口行灯の写真は、こちらに。
http://homepage1.nifty.com/egota_dp/oyokokawa/2008/200802/20080204/20080204.htm

Dsc_1682

###

由来の写真が見つかったので、追加。

Ncm_0151

###

東京都墨田区錦糸1-6-12
http://kokomail.mapfan.com/receiven.cgi?MAP=E139.48.44.8N35.41.40.6&ZM=12

2014年1月25日 (土)

【錦糸町界隈】電信柱のアントニオ猪木

江東橋のとある電柱。

1057141_386648961472141_967578690_n

貼り紙防止のゴムシートが老朽化ではがれてしまい、ゴムシートを貼る前の貼り紙が現れた、というところ。

1598208_386648898138814_882179003_n

「・・・ニオ猪木」と読み取れる。

1608737_386648928138811_1438210514_

席料は、1000円から10000円まで。

1624862_386648874805483_540007904_n

「ポンペイ最後の日」じゃないけど、古いものがひょこりあらわれてそれが気になる。けど、これは行き過ぎか・・・(^_^;

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

最近のツイート