昔の地名

2018年2月25日 (日)

【きょうの調べ物】中野区上高田の住居表示と区画整理

【2018/2/25】

今週の昼休みは、「上落合」の記事に追記したように、あることの準備のためもあって、上落合三丁目をかなり細かく歩きました。闇雲に歩いていると、いつの間にか新宿区からはみ出して、中野区上高田に突入していました。そこで発見した門標。

Dsc_0035_50pc

Dsc_0049_50pc

どちらの標識も、ずいぶんレトロに見えます。上のタイプは中野区内の別の場所で、下のタイプは豊島、中野、練馬で見かけたことがあります。個人が設置したのではなく、おそらくは自治体が配布して設置されたものと思います。

それがいつのことなのか、標識がいつのものなのか、というのが気になるのですが、標識にある住所は現在のものと同じなのです(「番地」という表現があるのはとりあえず置いといて。また、現在の住所は、実際には上高田一丁目7番XX号なのですが、それもとりあえず置いといて)。

現在の住所と同じということは住居表示が実施されたあと、ということになります(中野区は全域で住居表示を実施済)。

中野区の住居表示は一部の先行地域を除いては、1966(昭和41)年に実施されました。いつも参考にするWikipediaの「中野区の町名」のページを見ると、現在の上高田一~五丁目になったのは1966年で、その前身は上高田一・二丁目と昭和通一~三丁目の一部となっています。

▼上高田一・二丁目と昭和通一~三丁目 (東京時層地図)

Img_3242_50pc


とすると、この標識は1966年以降設置されたことになりそうですが、それにしてはえらくレトロな感じがします。

他の地域では、下の様式と同じですが、住居表示が実施される前の住所が表示されているものもありました(中野区新井町、豊島区池袋東など)。

また、現行の住居番号表示板は、住居表示に関する法律(昭和37(1962)年5月10日施行)による「街区方式による住居表示の実施基準」(昭和38(1963)年7月20日自治省告示第117号)で定められており、住居表示の実施のあとに、それとは異なる様式の標識を設置するのも考えにくいです。

▼街区方式による住居表示の実施基準 別紙4 (官報 昭和38(1963)年7月30日)

19630730_p20

▽住居番号表示板(例)

Dsc_0050_50pc

###

そこで、現在の上高田一~五丁目の住居表示が実施された告示を見てみると…

▼自治省告示第93号 (官報 昭和41(1966)年5月27日)

19660527_xp2





わかりにくいのでテキストも。Wikipediaの記述とは異なり、住居表示前から上高田は一丁目から五丁目まで存在することになっています。

一 団 体 名 東京都中野区

二 実施期日 昭和四十一年二月一日

三 実施区域

                                           
 

町名

 
 

住居表示実施前の町名等

 
 

上高田一丁目

 
 

上高田一丁目の全域、昭和通一丁目の一部、昭和通二丁目の一部

 
 

上高田二丁目

 
 

上高田二丁目の全域、昭和通三丁目の一部

 
 

上高田三丁目

 
 

上高田三丁目の全域

 
 

上高田四丁目

 
 

上高田四丁目の全域

 
 

上高田五丁目

 
 

上高田五丁目の全域

 
 

新井一丁目

 
 

新井町一丁目の全域、昭和通三丁目の一部

 
 

新井二丁目

 
 

新井町二丁目の全域、野方町二丁目の一部

 
 

新井三丁目

 
 

新井町三丁目の一部、野方町二丁目の一部

 
 

新井四丁目

 
 

新井町三丁目の一部、新井町四丁目の一部

 
 

新井五丁目

 
 

新井町四丁目の一部

 

さらに、手許にある1964(昭和39)年の地図を見てみました。住居表示実施前ですが、上高田は一丁目から五丁目まであります。

Kamitakada1964

これで、この記事の最初に示した門標が、1966(昭和41)年以後のものではなく、それ以前にも存在しうることがわかりました。

では、上高田が一~二丁目から一~五丁目に変わったのはいつで、どうでしてなのか、というのが気になります。そこで、今度は官報検索サービスで、「中野区 上高田」だけをキーワードで検索、結果の一覧で上高田の三~五丁目を探してみます。

すると、こんな記事が見つかりました。住居表示実施の5年前に、すでに上高田三丁目が存在していたのです。

▼合併広告 (官報 昭和36(1961)年10月27日)

○会社その他の公告
合併公告
昭和三十六年十月二十日開催の下記会社株主総会に於て(甲)ホーム食品工業株式会社を(乙)黒田電工株式会社が吸収合併してその権利義務を承継し従つて(甲)ホーム食品工業株式会社は、解散する旨になつたことに決議したので右に対して異議のある債権者は、本公告掲載の日から二箇月以内にその旨を申し出られたい。
右商法の規定に従つて公告する。
昭和三十六年十月二十七日
東京都中野区上高田三の二九番地
(甲)ホーム食品工業株式会社
東京都中野区江古田一の二二九四番地
(乙)黒田電工株式会社

19611027_p591_2

さらに、同じ検索結果の少し前に、こんな記事を見つけました。何らかの事情で自身が営んでいた旅行代理店をたたむことになったので、都に預けてある保証金を返してもらいますが・・・という、いまでもよく見かけるものですが、住所に続いて「(区画整理に依り番地変更)」との記述があります。おそらくこの時期に上高田では区画整理が行われ、このときに町名・地番の見直しがあったんでしょう。

▼旅行あつ旋業営業保証金取戻し公告 (官報 昭和36(1961)年8月10日)

旅行あつ旋業営業保証金取#し公告
旅行あつ旋業法第二十一条及び旅行あつ旋業者営業保証金規則第七条の規定により次のように公告します。
昭和三十六年八月十日
中野区上高田二の九(区画整理に依り番地変更) 武谷 良治
一、(一)登録番号 東京都知事登録邦人第五四号
(二)住所及氏名 東京都中野区上高田二の九武谷良治
(三)商号 交友旅行社
(四)主たる営業所の位置及名称 東京都中野区上高田二の九交友旅行社
二、(一)登録年月日 昭和二十八年一月十二日
(二)登録まつ消年月日 昭和三十六年五月十一日
三、営業保証金の額 金五万円也
四、前号の営業保証金につき旅行あつ旋業法第十七条第一項の権利を有する者は、本公告の日から六箇月以内にその債権の額及び債権発生の原因たる事実並びに住所及び氏名又は名称を記載した申出書二通を東京都オリンピツク準備局観光部に提出して下さい。
五、申出書の提出がないときは、営業保証金は取りもどされます。
19610810_p246

そこで、中野区役所のホームページで「上高田 区画整理」で検索すると、このような資料に行き当たりました。1961(昭和36)年6月20日に「上高田の新町名地番実施」とあります。

▼中野区のおいたち (部分)

Nakanokunooitachi19551964


中野区勢概要 平成27年度版(2015年度版)
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/102500/d010287.html
中野区のおいたち
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/102500/d010287_d/fil/06furoku.pdf

###

もう、これで決まり!でいいでしょう。この記事の先頭の門標は、1961(昭和36)年から1966(昭和41)年の間(おそらくはその最初の年)に設置されたもの、といっていいと思います。

これらの古い様式の表示板はたまに見かけるのですが、住居表示実施前のものだったり、あと(のように見える)ものだったりがあって、時期が特定できないでいました。これで、ほぼ確実に住居表示実施前のものだということがわかり、大いにすっきりしました。なんの役にも立たないけど・・・

 

 

2018年2月12日 (月)

新宿区下落合、中落合、中井

(2011/9)

これは以前に載せたことがあるかも。

淀橋区は東京市が拡大され35区制になったときに設置。1947年に四谷区、牛込区と合併して新宿区となるまでのあいだの標示、ということになります。

戦後すぐの地図を見ると、このあたりは空襲にあったようで、もしかしたら戦後すぐのものかもしれません。

2011070911100001

ちなみにこのあたりは、1972年の住居表示実施で、下落合から中落合に変わっています。

2011070911100000

新旧の標示が並ぶ門柱。かつての「目白文化村」の一角で、大きなお宅があったと思われますが、現在は、集合住宅になっているようです。

2011070911090000

落合の空襲については、詳しい記事を見つけました。

###

【2018/2/3 追記ここから】

上記は2011年の記事。件の表札は、おそらく東京35区の区名を初めて見かけたものだった、かと。そういう意味で、街中で昔の地名の痕跡を探すようになったきっかけになった表札。7年前ですが、この表札(門)いまでもあります。

▼落合の古い表札についてはほかにも記事があります。
http://egotadp.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-cd8d.html

記事のうち、「淀橋区西落合一丁目」の青い標識を掲げた家は、2年ぐらい前になくなってしまいました。

▼現在は新宿区中落合。下の方に「翠ヶ丘」とある標識。正式な町名(字)ではありませんが、宅地として開発された当時に住民に呼びなわされた地名と思われます。この地の店舗やマンションの名称にいまでも使われているようです。

この家は、塀も建物も新しいものですが、こだわりをもって掲げられたのだと思います。

Dsc_0012_50pc_2

▼こちらも、現在は新宿区中落合。標識は新しいもので、住民の方が自身で設置されたものでしょう。

中落合は1965年に住居表示が実施されたときにできた地名で、大部分は旧・下落合で、旧・西落合、旧・上落合の一部を含んでいます。西落合は1932(昭和7)年の淀橋区成立まで、上落合、下落合は廃藩置県から江戸時代までさかのぼることができることを思えば、中落合という町名に納得できない住民の方も多いのかもしれません。

Dsc_0013_50pc

▼下落合三丁目の町会員章。現在は、やはり新宿区中落合。建物自体も、おそらくは戦前のものと思われます。右の菱形の標識は、見えづらくなってはいますが、1949年に固定資産税が新設された直後の「家屋調査済証」で、その建物が戦前か戦後すぐに建てられたものであることの目安にしています。

Dsc_0016_50pc

▽同じ軒下で見つけた、電電公社の電話番号の標識。東京03の市内局番が3桁から現在の4桁に一斉に切り替わったのは1991年の元日のことですが、2桁から3桁への切替は1950年代後半から1961年にかけて、徐々に行われていったようです。

Dsc_0017_50pc

▽これも同じ軒下。右は「東京市水道局」「淀橋区」とあります。上水道の供給を受けていたという標識ですね。左の「普専」もおそらく上水道の標識で、右の標識より前のものではないかと思います。

現在は新宿中落合ですが、その前は新宿区西落合~淀橋区西落合。その前は豊多摩郡落合町字××。落合町に上水道を供給していたのは、1925(大正14)年に設立された荒玉水道町村組合でしたので、その頃のものではないか、と。同組合は1932(昭和7)年に東京市水道局に統合されました(淀橋区成立と同時期でしょう)。

Dsc_0018_50pc

▼こちらも、現在は新宿区中落合。

Dsc_0020_50pc

###

2011年以降、最近までに見つけた落合の古い地名の痕跡を、まとめてアップしました。

下落合の歴史や現状については、こちらのブログがとても詳しいです。

落合道人 Ochiai-Dojin
http://chinchiko.blog.so-net.ne.jp/

荒玉水道については、こちらの論文にお世話になりました。

大谷口配水塔の設計の過程と技術的特徴
https://www.jstage.jst.go.jp/article/journalhs2004/25/0/25_0_75/_pdf

###

【2018/2/4 追記】

▽「東京市水道局」「淀橋区」の標識。上の写真より明瞭。場所は少し離れた、新宿区中井。「中井」は、1965年の住居表示実施で、下落合五丁目の全域に、三、四丁目の一部、上落合二丁目の一部が改称されたもの。

Dsc_0124_50pc

▽付近にある中井出世不動尊。

Dsc_0121_50pc

Dsc_0122_50pc

▽関東大震災直前の地図。このあたりまで遡ると、「不動谷」「中井」といった地名が見えてきます。東京時層地図から拝借。

Img_3197_50pc

Img_3198_50pc

▽左の楕円の標識は東京電力で「シモオチ」ありますが、現在は同じく新宿区中井。右の電電公社の標識は、市内局番が2桁。古くからある商店の軒下です。

Dsc_0137_50pc_2

▽町名とは関係ありませんが、電柱に貼られた宣伝のステッカー。市内局番が3桁。「日経流通新聞」は、2001年4月に「日経MJ」に改題。

Dsc_0171_50pc

###

【2018/2/12追記】

▼毎朝、徒歩の通勤ルートを変えていますが、小さな神社を発見。その名も「厳島神社」。

Dsc_0224_25pc

Dsc_0225_25pc

池の鯉も寒そう。

Dsc_0228_25pc

▼このあたりも、現在は中落合ですが、かつては下落合。

Dsc_0230_25pc

▼東電の標識。これも現在は中落合。

Dsc_0106_25pc

▼こちらは、現在は中井。

Dsc_0116_25pc

▼上落合は、記事を分離しました。
http://egotadp.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-3816.html

###

【2018/2/24追記】

▼ペットのマナーを呼びかける標識。「下落合四丁目町会」とありますが、現在は中落合。落合親和町会の範囲です。落合地区の町会は、住居表示の実施の際、新しい町名や町域にあわせて、名称や範囲を変えた経緯がありました。下落合四丁目町会は現在もありますが、その範囲は現在の下落合四丁目で、ここからは少し離れた区域です。

こうした街の美化を訴えるキャンペーンが盛んに行われるようになったのは東京オリンピックが開催された1964(昭和39)年の前後で、これもおそらくその頃のもの。落合地区で住居表示が実施されたのは1965年ですので、標識が設置されたのはそれ以前であることからすると、これも符合します。

Dsc_0046_25pc

落合第一地区 (新宿区町会連合会 シンジュクイレブン)http://www.shinjuku11.jp/chokai/ochi01/syoukai.html

落合第二地区 (新宿区町会連合会 シンジュクイレブン)
http://www.shinjuku11.jp/chokai/ochi02/syoukai.html

###

【2018/3/3追記】通勤途中で見つけた表札の追加。

▼「淀橋区下落合四丁目」とあるもの。戦前のものか、戦後すぐのものか。現在は新宿区中井。大きなお屋敷の勝手口の表札です。

Dsc_0107_50pc_2

▼「新宿区中井町」で住居番号がない。上高田の記事で書いたような、住居表示実施の前に町名地番の変更があったか、と思い調べてみましたが、そういうことはなさそう。

住居表示実施前は下落合四丁目。実施直後、住居番号が決まるまでの間に表札を新調されたものと思います。

Dsc_0109_50pc

新宿区上落合

「下落合、中落合、中井」の記事から「上落合」を分離しました。ほかの町に比べて、昔の町の痕跡をなかなか見つけられないでいる「上落合」ですが、頑張って歩きます(^_^;)

###

▼新宿区上落合。この区域は昔も今も上落合ですが、番地の標記です。手書きで見にくくなってはいますが。上落合は下落合に比べて、古い地名の痕跡が少ないのです。

Dsc_0032_50pc

###

▼さびさびで、もうなんだかわからない標識。でも、私にはわかる!

Dsc_0083_25pc

▽この部分には郵便番号が。

Dsc_0086_25pc

▽この部分には「上落合二丁目」と。

Dsc_0084_25pc

▽この部分には「三越のマーク」と「新宿三越」の文字が。

Dsc_0085_25pc

・・・あるはず。というのも、よそで同じ標識をいくつか見たことがあるので。郵便番号の周知を目的としたもので、だとすると1967年頃の設置と思われます。

###

▼落合郵便局。前身は新宿北郵便局落合長崎分室で西落合にありました。いまの新宿下落合四郵便局です。

1995年にいまの郵便局ができるまでは、だだっ広い空き地に、プレハブの小屋が何棟も建つだけの場所でした。そして普段は人も車も出入りがなく・・・

Dsc_0207_25pc

・・・12月だけ、年賀状の仕分けに使われていたのです。このときだけ、郵便トラックやアルバイトの人たちで賑わっていたのを覚えています。いまから思うとあり得ないほどの贅沢な土地の使い方ですが、当時はそういう施設を維持しておく必要があったし、維持できていたんだな、と思います。

Dsc_0208_25pc

さすがに写真は見当たりませんでした。

###

【2018/2/24追記】

今週、上落合の番地表記の表札を相次いで発見。

Dsc_0009_25pc


Dsc_0013_25pc

さらには、「上落合(二丁目)西町会」の門標も発見。ここは、現在は上落合三丁目です。

Dsc_0018_25pc

上落合西町会は1959(昭和34)年に設立。1966(昭和41)年に住居表示が実施された際に上落合三丁目町会に改称、とのことです。この門標は、この期間のですね。

上落合三丁目町会 | 町会いんふぉ
http://www.chokai.info/kamiochiai3/001164.php

2018年2月 4日 (日)

東中野駅北側の古い町名たち(文園町)

文園町は1966年の住居表示で、現在の中野六丁目の大部分に。

Dsc_0018_50pc_2

Dsc_0019_50pc

町会や公共施設、集合住宅の名称には見られるものの、

Dsc_0340_50pc

Dsc_0343_50pc

Dsc_0344_50pc

Dsc_0326_50pc

当時の痕跡はなかなか見つからず、ほぼあきらめかけたところで発見。

Dsc_0046_50pc

このあたり、何年か前に谷戸川の跡をたどったときに通りかかったところですが、水路跡の一本北にある通り沿いにありました。この道は通ってなかったな…

谷戸川については、別のちょっとだけ書きます。

2018年1月21日 (日)

東中野駅北側の古い町名たち(昭和通)

承前
http://egotadp.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-f916.html
http://egotadp.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-791d.html

▼昭和通…現在は上高田一、二丁目、新井一丁目、東中野三丁目、中野五、六丁目のそれぞれの一部。

現在は、道路を境目として町域を設定するのが一般的ですが、中野区(旧・豊多摩郡中野町)では、幹線道路を挟んだ両側をひとつの町域とするのが一般的でした。通りの両側が商店街を形成していたとすると、その方が現実的であったような気がします。

・早稲田通りを挟んで、昭和通一~三丁目。

・大久保通りを挟んで、宮園通一~五丁目。

・青梅街道を挟んで、本町通一~六丁目。

・本郷通りを挟んで、本郷通一~三丁目。(文京区本郷をトオル本郷通りとは異なる)

・方南通りを挟んで、栄町通一~三丁目。

・新山通りを挟んで、新山通一~三丁目。

1963年以降、住居表示が実施されると、現代風の道路で区切る方式になったため、それまでひとつの街だったのが、南北、東西にぶつ切りにされてしまいました。昭和通もそのひとつで、1町3町域が、4町6町域に分割されてしまいました。

ただ、町会はそのまま残っている場合が多いようです。旧・昭和通一丁目も町会にその名をとどめています。

Dsc_0083_50pc

今回の散策で、一番興奮した発見。住民の異動によってふたをされ(そのために残存した)、そのふたが取られたために発見できたもの。

Dsc_0080_50pc

寛政12年(1800年)に建てられた供養塔。上高田一丁目にあります。

Dsc_0227_50pc

願主は「中野村打越」の人。打越は、中野駅北口の真ん前のあたりの区域を指します。

Dsc_0225_50pc

###

この付近で見かけたごみ処理ルールの標識。

Dsc_0200_50pc_2

広告にある大同信用金庫は、1992年に共栄信用金庫と合併して、現在は西京信用金庫。

http://www.shinkin.co.jp/saikyo/


### 2018/1/28追加

昭和通の地名が消滅して50年余り。その痕跡を見つけるのはなかなかに困難です。

Dsc_0316_50pc

Dsc_0317_50pc

牛乳販売店のバイク。

Dsc_0329_50pc

【2018/2/3 追加】

ほんっとに何も見つからないときに助かる、NTTの標識。

Dsc_0145_50pc

###

【2018/2/18追記】

東中野ギンザ通り商店街は、途中で旧・桜山町、旧・昭和通一丁目に区切られますが、商店街としてはひとつながりのようです。

▼そこで発見した軒下の標識。「昭和通一丁目文化会員」の標識が見えます(町会の名称はいまもこの名称)。確かに長くここでご商売なさっているように見受けられます。右の写真の菱形の標識は、シャウプ勧告で固定資産税が制定された直後の家屋調査済証で、「昭和26年度」とあります。左の写真の菱形は犬を飼育していることを示すシール。「昭和35年」とあります。

Dsc_0052_25pc

###

右の写真の円形の標識は、「東京市水道局/中野区」とあります。ということは、1943(昭和18)年以前の建物、ということになります。

別の記事で書きましたが、このあたりは、1945(昭和20)年5月25日の空襲(「山の手大空襲」)や、その少し前の4月の空襲で被災した地域です。「復刻版 コンサイス東京都35区区分地図帳」でも、このあたりは消失区域であることを示す赤色で塗られています。

Higashinakanokushu

桜山町の「桜」の字の左上がわずかに白くなっているように見えますが、もしかしたら幸運にも焼け残った建物なのかもしれません。

###

ちなみに、犬の首輪などに付けることが義務づけられている鑑札、注射済票は狂犬病予防法で義務づけられているものです。これとセットで交付される「犬」のシール(門標)は都道府県の条例で義務づけられているものです(東京都の場合「東京都動物の愛護及び管理に関する条例」第9条4項)。

狂犬病予防法施行規則http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=325M50000100052#83

犬の鑑札、注射済票について (厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/10.html

東京都動物の愛護及び管理に関する条例
http://www.reiki.metro.tokyo.jp/reiki_honbun/g1013637001.html

###

東中野駅北側の古い町名たち(桜山町)

承前
http://egotadp.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-f916.html

▼桜山町…現在は東中野三丁目、四丁目。

Dsc_0188_50pc

中野区の成立は1932年。桜山町はそれ以前から存在するものなので、この表札はその頃までさかのぼるもの、かな?

Dsc_0184_50pc

Dsc_0192_50pc

桜山町は、中央線の線路沿いにある桜並木を残すか否かで、ながらく中野区と対立しています。

Dsc_0190_50pc



Dsc_0189_50pc


Dsc_0191_50pc


Dsc_0194_50pc









東中野駅北側の古い町名たち(小滝町、住吉町)

現在は、東中野駅を取り囲むように東中野一丁目から五丁目となっていますが、それ以前はそれぞれに趣のある名前の街でした。一斉に切り替わったのは1966年のことです。いまから思えばもったいないことです。

Img029


▼小滝町…現在の東中野五丁目と四丁目の一部です。

Dsc_0168_50pc

Dsc_0166_50pc

Dsc_0160_50pc


▼住吉町…東中野四丁目の大部分です。

Dsc_0169_50pc

Dsc_0173_50pc

テープで隠されてはいますが、確かにここが住吉町だったあかし。

Dsc_0265_50pc

狭くてくねくねした路地にたくさんの飲食街があった「住吉小路」は、地上げ屋と住民が係争中。取り壊しがかなり進んでしまって、かつての風情は失われつつあります。

Dsc_0260_50pc_3


Dsc_0259_50pc_2

Dsc_0143_50pc

Dsc_0145_50pc

###

【2018/2/18追記】

▼小滝町の表札を発見。建物は新しいですが、塀は古くからのものを大切にしておられるお宅。もしやと思って見てみたら。2世代同居のようで、表札の標記も新旧併存で、なんだかいい感じです。

Dsc_0112_25pc

▼ついに住吉町が隠されていない表札を発見。通りから奥まったところのお宅ですが、たまたま街猫に導かれて。

Dsc_0113_25pc

▼見上げると、東電の古びた標識に「住吉」。電柱の標識自体は「東中」。

Dsc_0073_25pc

2018年1月 8日 (月)

【きょうの調べ物】三和信用金庫(東京)

都内の各地で時折見かける古い街区表示板。1960年代後半のものと推測しています。

002_nakanoku_chuo_36

http://egotadp.biz/region/ichiichi/114_nakanoku.htm

###

三和信用金庫(東京)は、1991年に東海銀行(当時)に合併されました。三和信金は債務超過の状態にあり、救済のために吸収合併されたものでした。バブルが崩壊し始めた時期で、中小金融機関は大手金融機関が救済する、という手法をとっていることでした。

組織再編対価の柔軟化と合併本質論 : 企業結合法理の再構築に関する試論
(井上能孝/九州法学会会報 2007)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kla/2007/0/2007_47/_article/-char/ja/

本店は新中野駅の近くにあったとのこと(現在は中野警察署の仮庁舎)。しばらくは東海銀行新中野支店として営業していましたが、東海銀行と三和銀行が合併してUFJ銀行ができた2002年までには消滅していたようです。UFJ銀行は、2006年に東京三菱銀行に救済合併され、三菱東京UFJ銀行となりました。

20180108_011109

(官報 平成3年6月28日)

###

三和信用金庫の店舗は、本店(新中野)、南中野、幡ヶ谷不動、中村橋、南長崎、徳丸、戸田、台東、日暮里、三ノ輪、品川、本蓮沼、中野弥生町にあったとのこと。

南長崎にも店舗があったとのことで検索してみたところ、このような記事が…

20180108_011542

全昌院
http://www.zenshoin.com/

週刊 「へぇーそ!五郎久保」 第 39号
http://www.zenshoin.com/category8/category16/blog39.pdf

###

以上。きょうの調べ物でした。

2016年8月18日 (木)

軒下が気になる(豊島区長崎、千早)

古いものが好きなので、町をぶらぶらしていても、やはり古い建物に目が行きます。
そして、軒下が気になります。

▼長崎。東京商工会議所の会員であることを示す標識(金属製)。現在は年度ごとのステッカーを貼るようになっています。いつ頃のものかは不明。「工」の字の縦棒を曲げてあるあたりに時代を感じます。

Dsc_0134

▼千早。古い建物ではありません。同じ集合住宅の表札で、上は「千早町3-XX」(3丁目XX番地)、下は「千早3丁目X-Y」(3丁目X番Y号)。豊島区内でも池袋駅の西に広がる一帯は、住居表示の実施が遅くて1989年。いまでも、地番表示の表札が多く見られます。

Dsc_0138_2

Dsc_0139_2

▼長崎。「関配」は関東配電株式会社の略で東京電力の前身。1942年に配電統制令(国家総合員法による配電事業の国家統制)で設立された会社。1951年まで存在。この建物が戦前からあるものかどうかは不明ですが、「関配」の標識は、この近辺でよく見かけます。左の丸いのは東京都水道局、右は家屋調査済証。

Dsc_0172

▼長崎。標識がずらり。上から、青色の楕円はNHKのテレビジョン契約の放送受信章。テレビ放送が開始された1953年から1962年までに交付されたもの。

銀色の菱形のものは、1950年にシャウプ勧告に基づき新設された固定資産税に基づく家屋調査済証の最初のもの。1949年から1950年にかけて交付されたもので、個人的にはこれがあると、戦前建物か、と推測する基準になっています。

物干し竿の後ろの菱形のものは不明、その下の銀色丸形のものも判読不能(わりとよく見かけるのですが)。その下1枚剥落した跡があるのですが、おそらく関配または東電のものが貼ってあったのではないか、と。

赤色の星印は東京ガス。その下の丸形は東京都水道局。

Dsc_0212

これだけずらりと貼ってあるのは、以前環七沿い(練馬区内)で遭遇した建物以来かも。

長崎は、一丁目は空襲に遭っていますが、それより西はあっておらず、長崎二丁目から六丁目、練馬区旭丘にかけては、戦前から、もしくは、戦後すぐの建物がかなり残っているように受けられます。



2016年7月 9日 (土)

池袋駅の北東~旧・西巣鴨

豊島区西巣鴨(1~4丁目)は現在も存在する地名ですが、1969年までの旧・西巣鴨(1~4丁目)は、現在の東池袋2~5丁目、北大塚2・3丁目、南大塚1丁目、巣鴨4・5丁目、上池袋1~4丁目、西巣鴨1~4丁目を含む広大なものだったようです。

昼公演の観劇の後、夜の予定まで時間が空いたので、池袋東口をぶらぶら。いつの間にか山手線の切り通しのあたりにたどり着きました。地名は池袋ですが、駅から少し離れると住宅密集地になります。

現在は上池袋一丁目に当たるところで、旧・西巣鴨二丁目の表札を発見。

Dsc_0037_15

ちなみにこのお宅、かつては謄写版の修正液やのり、製図用品などを製造していたところとのこと。

Dsc_0039_15


上池袋は、1969年までの(旧)池袋1・7・8丁目、堀之内町、(旧)西巣鴨2・3丁目を含んでいて、このうち堀之内町は町名としては消滅。山手線にかかる堀之内橋は、その名残です。

Dsc_0048_15

Dsc_0049_15

▼1960年代の地図。消滅した「堀之内町」が見える。線路とは無関係に(旧)池袋一丁目が広がり、それに接するように(旧)西巣鴨二丁目がある。地図の下の方に見える三角形は、巣鴨刑務所→スガモプリズンの敷地の一部。地図の当時は返還されて東京拘置所と称していた頃。

Img_3109

▼最近の地図。

Img_3110


より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

最近のツイート