水辺を歩く

2016年8月16日 (火)

えんが堀(南の半分)

先日facebookにアップしたえんが堀の写真の撮影地です。
青色の実線、点線がそれにあたります。緑色の線は千川上水の跡を示します(参考)。

Engaborimap

青色の点線の部分=西武池袋線に沿った部分は、もともとのえんが堀ではなく、西武池袋線が敷かれてから作られた流れと思われます。実際には線路をくぐって南の方に伸びていたようです。

さくら小学校は2002年に千川小学校と大成小学校が統合されたもので、元の大成小学校の場所にあります。大成小学校が開校したのは1952年ですので、1947年の航空写真にはまだありません。この当時はまだ農地がところどころに残っていたようです。

▼1963年の航空写真

Engabori1963

この写真の奥に見える建物は、「日本通運江古田流通センター」といいますが、1963年まで西武市場駅という貨物駅がありました。元は長江駅という名称で1945年に開業、都内の集められた屎尿がここに集められ、貨車で清瀬、狭山ヶ丘、高麗の各駅に送られ、肥料として利用されたとのことです。

西武池袋線は開業当時「西武農業鉄道」という会社が運営していましたが、この社名はこのことに由来します。1953年に屎尿の輸送は終了し、名称が西武市場駅と改められましたが、どのように使われていたのかよくわかりません。

▼1947年の航空写真

Engabori1947

ちなみに1963年の航空写真の左下隅に大きな建物が写っています。現在はクレディセゾン(旧・西武クレジット)の「ユビキタス東京」があるところです。以前、この建物の写真について「西武百貨店江原町店」のキャプションがついたものを見たことがあるのですが、これもさっぱりわかっていません。

2016年7月10日 (日)

川崎駅付近の水路

川崎駅付近の水路、といっても痕跡はありません。

▼明治期の地図。水路を青色の破線で、橋の位置を黄色の三角であたりをつけました。

Kawasaki1

▼戦後すぐの航空写真。すでに水路は見られません。

Kawasaki2


▼現在の地図。

Kawasaki4

2016年6月25日 (土)

淀橋の南側~西新宿5丁目

新宿村LIVE(新宿区北新宿2丁目)で観劇の前に時間が空いたので、淀橋の南側でプチ探索。予習なしでしたが、やはり整備前の神田川の名残がちらほら。

地図は、東京時層地図から借用。

▼最近の地理院地図

Nishishinjuku5map1

▼戦前。元の流れと整備した流れが入り交じっているか。

Nishishinjuku5map2

▼高度成長期。変電所の東側の支流は「神田上水助水堀」。玉川上水から分かれて神田川に注いでいたもの、と。

Nishishinjuku5map3

▼バブル期。神田上水如水堀は埋められて公園に。緑色の部分。

Nishishinjuku5map4


写真はfacebookにアップしました。
https://www.facebook.com/mochizuki.kazuo/posts/777779655692401

2014年9月28日 (日)

【杉並区の水路跡】桃園川につながる環七沿いの水路跡

9月21日に歩いた桃園川。あちこちに支流の後を見つけましたが、こんがらないで経路を思い出せたのは、ここだけ。環七通りを渡ってすぐのところに、環七に沿って北上する水路跡がありました。

20140920_koenjiminami5_m

地図の△1。手前の石畳風が桃園川の緑道。そこからすっと北のほうに伸びる細い道。

Dscf3147 

地図の△2。

Dscf3148

おそらくは、もとは短い橋の欄干だったもの。

Dscf3149

さらに北上。右側のフェンスは、おそらくは護岸がそのままになっているものかと。

Dscf3150

地面の下は、確かに下水道。

Dscf3151

パトロール中のにゃんことすれちがう。

Dscf3154

地図の△3。

Dscf3156

まだまだ行けそう。

Dscf3158

地図の△4。

Dscf3159

ここから先は、右側のマンションの敷地になっています。水路跡などの旧法定外公共物は国有地(実際には区道)ですが、隣接地の所有者が取得する権利があるので、おそらく。突き当たりには倉庫のようなものが…

Dscf3162

地図の△5地点から南方向を見たところ。

Dscf3165

△5地点から北は、幅を広げて自動車の通行ができるようにしてあります。

Dscf3166 Dscf3169

地図の△6地点。ここから北は左のビルの敷地に組み入れられている様子。

Dscf3173 Dscf3174

地図の△7地点から南東方向。中央の芝生の部分が水路の跡かと。

Dscf3181 Dscf3183

△7地点から西の方。環七通りをはさんで水路はつづいているのか…

Dscf3187

###

昔の航空写真を見ると、どうもつづいていて、痕跡もありそうです。こちらは1963年の航空写真。環七はこのあたりでもすでに供用されている模様。

20140920_koenjiminami5_p1963

こちらは、1947年の航空写真。環七はまだ着工前の更地の状態。ただ、水路の様子は、こちらの方がわかりやすいです。.

20140920_koenjiminami5_p1947

環七より西側は、またの機会に。

2014年9月25日 (木)

【杉並区の水路跡】桃園川

週1ぐらいのペースは守りたいな、と思って今度は杉並へ。

桃園川は神田川の支流で、現在は全体が暗渠になってます。新宿区、中野区の部分は以前歩いたので、残りの部分を。

神田川への合流点から新宿、中野を経て杉並区に入り、阿佐谷駅近くで中央線に突き当たるあたりまでは、緑道公園として整備されていますが、そこから先は道路や通路になっていますが、割とたどりやすそう。水源に近い荻窪駅の北口からスタートしました。

20140920_momozonogawa_1m 20140920_momozonogawa_1p

古い地図や航空写真でははっきりしない支流があちこちにあって、ずいぶん回り道をしました。

20140920_momozonogawa_2m 20140920_momozonogawa_2p

阿佐ヶ谷駅の北側は、かなり細かい水路の痕跡があり、改めて行ってみたいと思います。というか、ウロウロしているうちにこんがらがってしまったというのが実のところ。

20140920_momozonogawa_3m 20140920_momozonogawa_3p

###

スタートは、荻窪駅の北側。りそな銀行とJTBのあいだ。

Dscf2413 Dscf2415

こんな感じで細かい水路が分岐。そして最後は行き止まり。

Dscf2509 Dscf2539

###

その他の写真はこちら。Facebookの登録なしでも閲覧できます。

桃園川 (1-2)

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.498247906978912.1073741833.100003811201990&type=1&l=b561aa1275

桃園川 (2a)

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.498261133644256.1073741835.100003811201990&type=1&l=dae4271b10

桃園川 (2-3)

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.498258446977858.1073741834.100003811201990&type=1&l=554b396557

桃園川 (3a)

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.498286203641749.1073741838.100003811201990&type=1&l=78c41beccf

桃園川 (3-4)

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.498264633643906.1073741836.100003811201990&type=1&l=030acca79d

桃園川 (4a)

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.498911950245841.1073741842.100003811201990&type=1&l=2154339e03

桃園川 (4b)

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.499171796886523.1073741843.100003811201990&type=1&l=6f9b25bdbc

桃園川 (4-5)

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.498880450248991.1073741841.100003811201990&type=1&l=5218134e7a

桃園川 (5a)

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.499179513552418.1073741845.100003811201990&type=1&l=00dd2daa56

桃園川 (5-6)

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.499177583552611.1073741844.100003811201990&type=1&l=cf17019a8a

2014年9月23日 (火)

【板橋区の水路跡】前谷津川

衰えた脚力を取り戻すべく、久々に廃川巡りに板橋区へ。新河岸川の支川、前谷津川の跡をたどってきました。およそ8㎞ぐらい、か。
参考にした航空写真は1963年のもの。整然と並ぶ水面は、高島平団地ができる前の徳丸田んぼです。

20140913_maeyatsugawa_photo1

この部分は、前谷津川緑道公園として整備されています。歩きやすいですが、水辺の面影はまったくありません。

20140913_maeyatsugawa_map1

続きの部分。田んぼだった頃はもっと多くの支流があったはずなのですが、明確にたどれるのはこのぐらいでしょうか。

20140913_maeyatsugawa_photo2

緑道として整備されているのはA-B-H-Dぐらいで、それ以外は道路に転用されています。それでも、道が蛇行している様子で、かつては川であったことが感じられます。

20140913_maeyatsugawa_map2

###

そうはいっても、所々に痕跡が。六の橋交差点から少し南に進んだあたりに、かつての堤防がそのまま残っているところが。

Dscf2019

Dscf2021

地図ではかつては水路があったところと示されていても、道路に埋もれてそれとはわからない箇所もいくつか。行ったり来たりしながらたどります。

###

アルバムのリンク。Facebookの登録なしでもご覧いただけます。

▼前谷津川1-2
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.498195590317477.1073741828.100003811201990&type=1&l=b08b7945a7

▼前谷津川2-3
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.498229293647440.1073741829.100003811201990&type=1&l=8ec862cc26

▼前谷津川4-5
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.498234580313578.1073741830.100003811201990&type=1&l=7b61101202

▼前谷津川6-7
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.498238666979836.1073741831.100003811201990&type=1&l=1250a39227

▼前谷津川8-9
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.498240766979626.1073741832.100003811201990&type=1&l=f7b7882d7c

板橋区内には蓮根川など、いくつか回ってみたいところがあります。

2013年5月 7日 (火)

【錦糸町界隈】菊柳橋撤去工事

大横川は、江東橋あたりから北の部分は埋められ、親水公園となっていますが、首都高7号・錦糸町料金所あたりの竪川につながる部分から南は、普通に水路になっています。

江東橋は、橋の体裁は保たれているものの、橋の下には水の流れはありません。

Kotobashi_20130327_115651_017 Kotobashi_20130327_115712_019

その次(南)の撞木橋は、記念のモニュメントが残るのみ。

Midori_20130410_122043_014 Tatekawa_20130418_121233_002

その次の南辻橋からは、大横川にかかる本物の橋です。

Midori_20130410_122832_048 Midori_20130410_122730_041

###

そしてその次の菊柳橋は、掛け替えのため、現在撤去工事が実施されています。

Kotobashi5_20130408_123449_026 Kotobashi5_20130408_123457_027

Kotobashi5_20130408_123506_028 Tatekawa_20130418_124047_087

Tatekawa_20130418_124102_089 Tatekawa_20130418_124121_092_2

車は南辻橋または菊川橋に迂回しなければなりませんが、人と自転車は仮橋を渡ることができます。

Tatekawa_20130418_124054_088 Tatekawa_20130418_124210_095

大雨が想定される時期は工事を中断。新しい橋は平成28年完成の予定、と。

Tatekawa_20130418_124218_096_2 Tatekawa_20130418_124226_098

菊川橋からの遠景。

Kotobashi5_20130408_123035_012

2013年4月25日 (木)

東京都下水道局 三之橋ポンプ所

久々に水門の写真。三之橋ポンプ所を追加しました。

Midori_20130411_124705_193

東京都下水道局 三之橋ポンプ所
http://egotadp.la.coocan.jp/suimon/

2013年4月15日 (月)

【錦糸町界隈】新山名橋の跡

昨日の記事の、通路の反対側(大門通り側)。

Ncm_0165

同じく、資材置場の反対側。

Ncm_0166

やはり、路面が盛り上がっているのがわかります。

Ncm_0167

新山名橋のほうが山名橋より古いものだったためか、記念碑がありました。橋は平成元年まで残っていた、と。

Ncm_0168

この日の隣にあるのがこのお宅。碑と建物の間の、現在は駐車場として使われているあたりは、最後まで入堀が延びていた部分と思われます。

Ncm_0393

「富船」かと。しかとはわかりかねますが、船の修理などを生業とされていたように見受けられます。

Ncm_0394

つづく

2013年4月14日 (日)

【錦糸町界隈】菊柳橋と旧・柳原町

山名橋や新山名橋があるあたりは、現在は墨田区江東橋五丁目ですが、以前は柳原町と呼ばれていました。もともと、江戸の頃からあったこの地名ですが、震災復興の1930年から33年にかけて江東橋と柳原町に再編。1967年5月の住居表示実施で、消滅してしまいました。

ただ、30年余を経て、まだその名残を見つけることができます。これは東電の電柱の標識。

Ncm_0339

そして表札。

Ncm_0012 Ncm_0337

防犯連絡所の標識。「柳原町防犯本部」とあります。

Ncm_0386

防犯連絡所の標識は珍しくありませんが、連番が表示してあるのは初めて。かなり古いものかもしてないです。

###

大横川にかかる菊柳橋は、現在工事中。前の橋を取り壊して、新しい橋をかけ直すようです。

Ncm_0034

Ncm_0033

Ncm_0035

菊川橋からの遠景。

Ncm_0021

この項おわり

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

最近のツイート